ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ライダーカップ (Ryder Cup) のお話 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
ゴルフ読書室

ライダーカップ(Ryder Cup)のお話


ライダーカップライダーカップは ゴルフの米・欧チーム対抗戦で、2年に 1度行われるが、アメリカ、ヨーロッパでの盛り上がりは メージャー大会のそれを上回るものである。各チームは それぞれ 12人の代表選手とキャプテン、副キャプテンなどからなり、3日間にわたって以下のようなスケジュールでマッチ・プレーのゲームを行い、総合得点で勝敗を競うものだ。代表選手の世界ランキングはアメリカ選手の方が上位の選手の数が多い大会が多かったが(2014年の大会はそれが完全に逆転しているが)過去 10回の戦績を見ると ヨーロッパが アメリカに 7勝 3敗と勝ち越し、完全に水を空ける形になっている。因みに、2012年の大会は ヨーロッパが最終日に大逆転をし 14.5 vs 13.5 と 1 ポイント差で勝利している。(» 最終日の様子)そんな状況下、2014年の大会は ヨーロッパ・チーム優勢と見られているが、その大会が 9/26-28 に スコットランドの グレンイーグルス (Gleneagles) で開催される

1日目 2日目 3日目 総合
得点
午前 午後 午前 午後 午前 午後
4 Foursomes 4 Fourballs 4 Foursomes 4 Fourballs 12 Singles 28 point
(注)1日、2日目の午前・午後のゲームの種類が逆になることもある。

ダブルスのマッチ・プレーに馴染みのない人のために簡単に説明すると フォーサム (Foursome) はオルタネート・ショット・フォーマットとも呼ばれ 2人の選手が 1つのボールを交互に打つ形式で プレーするもので、4人でもボールはコース上に 2つしかないゲーム形式である。通常のゲームの約半分しかボールを打たないので、一般には あまりやられることがないゲーム形式だが、ライダーカップでは チーム戦の半分が その形式で行われる。一方、フォーボール (Fourball) は それぞれのチームのベスト・ボールを選んでマッチ・プレーを行うゲーム形式である。» 参考

ゲーム形式に関係なく、18ホールのマッチ・プレーの戦いで 勝ったチームが 1ポイントを獲得し、タイの場合は 0.5ポイントを分け合う。最終日に 個人戦 12試合 (12 ポイント) が行われ、三日間で 合計 28ポイントを取り合うことになるから、14.5ポイント以上を取ったチームが勝つルールである。(ただし、同点の場合は 前回の勝者がカップを キープし、勝者となる。)

このライダーカップの代表はツアーの成績をベースにしたポイント制で 9人の選手が選ばれ、加えて、キャプテンが 別途 3人の選手を任意に選出し、12人のチームが構成される。(かつては、10人 + 2人だった。)ライダーカップの代表に選ばれることを目標にプレーをしているプロも少なくないくらい この代表に選ばれることは ゴルファーにとって 大変名誉なことである。

かつては アメリカ対イギリスの対戦で、アメリカが圧倒的な強さを見せていたが、1979年以降、アメリカ対ヨーロッパという形式になり、力が均衡したばかりでなく、最近では 前述のように ヨーロッパの勝率が勝るようになっている。アメリカが 最近 勝ったのは 2008年 アメリカのバルハラ G.C. で行われた大会だが、その前となるとボストンのブルックラインにある The Country Club で行われた 1999年のライダーカップまで遡る。その時は 10-6 で ヨーロッパがリードをして迎えた最終日に アメリカが 8.5 対 3.5 というスコアで奇跡的とも思われる大逆転をした。しかし、ジャスティン・レナードのロングパットが決まって アメリカの勝ちが決定した時に、アメリカ選手の多くが騒ぎ過ぎて顰蹙をかったというエピソードもあった。

2014年の大会(本戦)は 9/26-28 に スコットランドの グレンイーグルス G.C. (Gleneagles) で開催されるが、その出場選手は右のとおりである。カッコ内の数字は 2013-2014年シーズン終了時の各選手の世界ランキング。

欧州チームでは、Luke Donald (32)、Miguel Jimenez (35) が、また、米国チームでは Tiger Woods (14)、Dustin Johnson (16)、Billy Horschel (23)、 Steve Stricker (25)、Jason Dufner (30)、Bill Haas (31) などが 世界ランキング上位の選手が、ライダーカップの選手選定システム、また、健康状態など、様々な理由で出場しない。
 
2014年 ライダーカップ 出場選手
欧州チーム 米国チーム
Paul McGinley Tom Watson
Rory McIlroy (1)
Sergio Garcia (3)
Henrik Stenson (4)
Justin Rose (5)
Martin Kaymer (12)
Graeme McDowell (17)
Victor Dubuisson (22)
Jamie Donaldson (27)
Thomas Bjorn (29)
Stephen Gallacher (34)
Ian Poulter (37)
Lee Westwood (40)
Bubba Watson (6)
Jim Furyk (7)
Matt Kuchar (9)
Phil Mickelson (10)
Rickie Fowler (11)
Jordan Spieth (13)
Zach Johnson (15)
Jimmy Walker (18)
Hunter Mahan (20)
Keegan Bradley (26)
Patrick Reed (28)
Webb Simpson (33)


はてなブックマークに追加
 
はてなブックマークに追加
 
ゴルフ・カフェ
2012 Ryder Cup
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP