コンテンツ目次




ショートゲームの基礎知識

このページのコンテンツ
• はじめに
• チップ・ショット
• ピッチ・ショット
• バンカー・ショット
• パット
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ショートゲームとは グリーン周りや グリーンに近い場所からの 比較的 距離の短い 概ね 50 ヤード以下のショットの技術の総称で(下のイラスト参照)チップ・ショット、ピッチ・ショット、バンカー・ショットと パットの 4つの技術が その代表的なものである。ただし、50ヤード以上でも 概ね 100ヤード以下のショットで ピンにボールを近付ける意識を強く持ってプレーするような ショットも ショートゲームの範疇に入る。いずれにしても、ボールを遠くに飛ばすショットをするための技術の総称である ロングゲーム と対比されるものである。

ショートゲーム

チップ・ショットは グリーン周りから ボールを転がして カップの傍に 近付けよる目的で打つ ショットで ボールの落下地点までの距離より その後 ボールが転がる距離の方が長いようなショットである。クラブは 各種ウェッジや 7番、8番アイアンなどのショート・アイアンを使うのが一般的である。ピッチ・ショットは その逆に ボールを上げて打つショットで 落下地点までの距離の方がボールの転がる距離より長いショットで ボールを高く上げ易い 各種ウェッジで 打つショットだ。また、バンカー・ショットは 直接ボールを打たない 砂のエクスプロージョンを利用する ショットだし、パットは 様々なスタイルがあり 最も 個性が出るショットである。

チップ・ショット


チッピングチップ・ショットは ボールを転がすショットだから 距離の長いパットを打つのと ある意味 大きく変わらないものである。しかし、ウェッジやショート・アイアンを使って スタンスを ややオープン気味にして ボールを 右足寄りに置くなど、パットの打ち方とは 明らかに異なる点もある。肩の動きを上手く使ってクラブを 柔らかく振ることや ボールを転がす意識で打つことなどは パターを打つ時の考え方と大きく変わらないが、クラブを 多少 ダウンブローに振って ボールを 少し宙に浮かせるように打ち出す必要があり、ボールの手前に クラブが当たったり ボールの頭を叩かないように打つ技術が要求される。なお、クラブの振り方は バック・スイングと フィニッシュの高さが ほぼ同じ高さになるように 腕を振るイメージで フィニッシュでは クラブ・フェースと左手の甲がターゲットを向いて止まるように打つショットである。 » 詳細

ピッチ・ショット


ピッチ・ショットは 柔らかくボールを上げて グリーンに落とし その後 少しボールが転がってカップに寄るようなショットだ。軽くクラブを振って クリーンにボールを打ち 10 ~ 30 ヤードくらいの 比較的 短い距離ボールを飛ばすショットで チップ・ショットとも ピッチ・ショットとも言えるような 中間的なショットもある。クラブヘッドをボールに綺麗に当てること、そして、距離の調整を上手く出来るかがポイントになるが、ボールを高く上げ易い ウェッジを使って打つショットである。腕の振り幅とスイングのスピードを調整して ボールの飛ぶ距離と転がりをコントローする訳だが 距離と弾道をコントロールするための色々なテクニックを覚える必要があり 技術的には 奥の深いものである。 » 詳細

バンカー・ショット


バンカー・ショットは ボールの下にある砂を飛ばすことによって ボールを飛ばす(直接ボールを打たない)ショットである。そのために クラブヘッドを ボールの 5 ~ 10センチ後ろの砂に落とすように打つショットだ。テクニックとしては 広めのスタンスで オープン気味に構え、クラブ・フェースをオープンにして クラブをアウトサイド・インに振って ボールの下の適量の砂を飛ばし その砂でボールを上手く飛ばすのが コツだなどと言われ、他のゴルフのショットとは かなり異なるものである。このショットを苦手とするアマチュア・ゴルファーは多いが コツを覚えれば 然程 難しいものではないとされている。 » 詳細

パット


パッティングパット(パッティングとも言う)は 主に グリーン上にあるボールを パット専用のクラブであるパターを使って 柔らかく転がし カップに入れるために打つショットで、打ったボールの方向とスピード(距離)の調整を 正確にすることで成否が決まるものだ。その打ち方には 非常に多くのスタイルがあるが 自己流で初心者が打っても ある程度 上手く行く可能性のあるものである。ただ、一方で ゴルフのスコアに 最も 影響の大きなショットだとも言え、その技を磨く必要性の高いものである。 » 詳細







www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意