ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

アンカリング - 禁止行為|ルール解説

Introduction

パットをする時のアンカリング (anchoring) を禁止するゴルフルールは 2016年に始まったが、そこで言うところのアンカリングとは クラブ または クラブを握る手を体に付けて ストロークの基点を作ってパットをすることである。長尺や中尺パターを使う場合は 違反にならない工夫が必要になるが、一般的な長さのパターでも ルール違反を犯す可能性はあるので 何が違反になるのかは よく理解しておく必要がある。このルール違反は ストロークプレーでは 2打罰、マッチプレーなら そのホールの負けになる。

ルール違反のアンカリングの例

2016年以降のゴルフルールでは 以下のようなパターの使い方を 所謂 アンカリング(ストロークの基点を作る方法)と定め、禁止のパッティングスタイルとして その対象に挙げている。

違反となるパッティングスタイル
禁止例

このルール変更の原文は "prohibit strokes made (1) with the club or a hand gripping the club held directly against the player's body, or (2) with a forearm held against the body to establish an anchor point that indirectly anchors the club." となっている。つまり、(1) クラブ または クラブを握る手を 体に直接固定する、もしくは、(2) 前腕を体に付けて間接的な基点 (anchor point) を作る という方法を用いたストロークを禁止し、当該ルールに違反した場合は ストロークプレーで 2打罰、マッチプレーでは そのホールの負けのペナルティーを課すものである。(写真は R&A ウェブサイトより 抜粋 - スマホでご覧の方は 画面を横にして確認を)

違反は パターの長さではない

アンカーリング
このルール変更で 中尺・長尺パターが使えなくなると思った人が 少なくないようだが、実は そうではない。長尺パターでも 写真 (6) のように 腕とグリップエンドのどちらも 体から離れていれば 2016年以降のルールでも 違反に該当しないのである。 一方、短いパターでも (5) のように グリップを 腿、即ち、体に押し付けるようにして固定させ、それを基点にストロークをする形になれば 当該ルールに違反するスタイルになると言うことだ。

ルール違反でないスタイルの例

勿論 下の (7) のような標準的なパッティングスタイルは 左右どちらの手が上であろうが問題のないスタイルである。また、(8) (9) のように パターを腕に固定しても その腕が体に密着するようにして固定されなければ(腕に固定するような形でも)問題ないし (10) のようにグリップエンドを基点にするような 所謂 クローグリップも そのグリップエンドを握っている腕が体に密着し固定されなければ 問題ない。

違反にならないパッティングスタイル(参考例)
禁止例

以上が 2016年以降 禁止されるようになったパッティングスタイルに関する要点の説明である。これにより 長尺や中尺のパターを使う人は 少なくなったが、ルールに違反しない 長尺・中尺パターの振り方を考え出すゴルファーは 少なくなく 昨今のプロの試合でも そうした選手を見ることは 然程 珍しいことではない。いずれにせよ、このルール変更の経緯についての詳細に 興味のある方は R&A/USGA 2013年 5月 21日発表の日本語版に 詳しく記載されているので 該当ページの説明を ご覧下さい。» 詳細

商品リンクパター
Copyright © 2004-2019 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP