コンテンツ目次

クラブは最高 14本まで(ルール解説)

このページのコンテンツ
• はじめに
• 正規のラウンド
• 違反した時の罰則
• ラウンド中のクラブの追加、変更
• その他 特記事項
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


14本ご存知のように 15本以上のクラブをキャディバッグに入れて ラウンドしたら ルール違反になる。規定本数の 14本を超えるクラブを持って正規のラウンドを スタートしてはならず、プレーヤーが使用できるクラブは そのラウンドのためにスタート時に選んだクラブに限られると ゴルフ規則 4-4(クラブは最高 14本まで)に規定されている。

正規のラウンド


まず、当該ルールを正しく理解する上で重要な言葉に 正規のラウンド (stipulated round) というゴルフ用語がある。正規のラウンドは 競技委員会が別に承認した場合を除き コース内の複数ホールを正しい順番で 18ホール プレーすることから成ると定義されている。ただし、委員会によって例外的に 18ホール より少ないホール数のラウンドが 正規のラウンドに承認されることもある。


違反した時の処置と罰則


さて、14本を超えるクラブがバッグに入っていた時は後述するペナルティが科されるが、まずは それを発見した時点で 直ちに 競技委員、同伴競技者、マーカーに、また、マッチ・プレーでは対戦相手などに その事実を報告する義務があり、同時に それ以降使用しないクラブが何で 14本のクラブがどれかを宣言する必要がある。

当該規則に違反した時の罰則は ストローク・プレーであれば 1ホール目で発見した場合は 2打罰、、2ホール目か それ以降で発見した場合は 4打罰となり、ペナルティは 1ラウンドにつき 最高 4打までと定められている。

一方、マッチ・プレーの場合は 違反が発見されたホールを終えた時点でのマッチの状態を 違反があった各ホールについて 1ホールずつ差し引いて調整し、差し引くのは 1ラウンドにつき 最高 2ホールまでと定められている。例えば、3ホール目で 2ダウンしている選手に違反が見つかった場合 その選手は その時点で 4ダウンとなる。

なお、規定本数以上のクラブを発見した後に 使用しないと宣言したクラブを その後のプレーで 使用した場合は 競技失格となる。


ラウンド中のクラブの追加、変更


前述のように、14本を超えるクラブを持って正規のラウンドをスタートしてはならず、プレーヤーが使用できるクラブは そのラウンドのためにスタート時に選んだクラブに限られると定められているが、14本未満のクラブで正規のラウンドをスタートした場合はクラブを補充することが出来るという規定もある。ただし、その際にプレーを 不当に遅らせてはならないし(規則 6-7)、そのコース上でプレーしている他のプレーヤーが 自分のプレーのために選んだクラブを加えたり、借りてはならない と定めてもいる。例えば、9ホール終わった時点でパターを変える ことは出来ないが、クラブの本数が 14本未満であれば ラウンド中に 許される本数内のクラブを追加することが許される訳だから(プレーを 不当に遅らせない範囲で)もう一本パターを追加することは出来る。

また、ラウンド中に 普通にプレーした結果として クラブが損傷を受けて使用に適さないものになった場合は そのクラブの代わりとして 新たなクラブに変更することが出来る。ただし、クラブのライやロフトが変わってきているとか、クラブヘッドに掻き傷があるという理由だけでは そのクラブをプレーに適さないクラブだとして変えることは出来ない。また、ミス・ショットをした後にクラブを叩き付けるような行為によってクラブが損傷した場合なども 新たなクラブに変更することは出来ない。

他方、14本未満のクラブだからと言って、例えば、パターやサンド・ウェッジを前のホールに忘れたから 同伴競技者のクラブを借りてプレーをするという行為は、そのコース上でプレーしている他のプレーヤーが 自分のプレーのために選んだクラブを 加えたり、借りてはならないと規定されているので、ルール違反(2打罰)になる。ただし、フォーボールやフォーサムのようなチーム戦では 自分のパートナーのクラブを借りて 使用することが許される。


その他 特記事項


ところで、プレー開始前に 15本以上のクラブがバッグに入っているのに気が付いたので 使わないクラブを宣言してスタートしたという行為も ペナルティ(2打罰 もしくは 4打罰)の対象である。そもそも、14本を超えるクラブを持って正規のラウンドを スタートしてはならないと定めている。従って、14本を超える場合はスタート後に使用しないクラブがどれかを宣言しなければならない(スタート前に宣言するという選択肢はない)訳で、それが 1ホール目でなされれば 2打罰、それ以降であれば 4打罰となる。

また、少し特殊なケースだが、36ホールのマッチ・プレーの最初の 18ホールが終了した時点で クラブを変更する行為は(36ホールのマッチ・プレーは 二回の正規のラウンドから成るという考え方で)新たにプレーするセットが 14本以下で 規定に違反しないクラブであれば 本数に関係なく 許される。

最後に、同伴競技者が自分と同じメーカーで同じブランドの、もしくは、非常に似たクラブを使っている場合に起き易いルール違反について 触れておこう。つまり、誤って、同伴競技者のクラブを使用すれば、その理由の如何を問わず、2打罰が科されると言うこと。例えば、キャディーが誤って別の競技者のクラブを自分のバッグに入れたり、別の競技者のパターを手渡したとしても、もし、それに気付かずに そのクラブを使えば ルール違反になる。

競技やコンペでは スタート前に 自分のバッグに 15本以上のクラブが入っていないかを チェックすることは勿論のこと、同伴競技者がどのようなクラブを使っているかをチェックし、同じブランドのクラブ、または、同じようなクラブである場合は 十分 注意することを忘れないようにして欲しい。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意