コンテンツ目次


打ったボールの動きが変えられた時(ルール解説)

このページのコンテンツ
• はじめに
• 状況の整理
• ボールとボールが当たった時
• 障害物により方向が変えられた時
• 新・ゴルフルール (2019年 ~ )

はじめに


二つのゴルフボール
自分の打ったボールが 人や道具に当たって方向を変えたり、止まったりすることがある。そんな時、どう対処したら良いのか。案外、間違え易いルールになっているが、対応を誤れば 当然 ペナルティが科される。そのルールの詳細は規則 19「動いている球が方向を変えられたり止められた場合」に記載されているが、分かり難いので、ここでは その内容を分かり易く整理してみた。

状況の整理


当該ルールに関して まず 注意すべき点、覚えておくべきポイントは A) グリーン上からのプレーと B) グリーン以外の場所からのプレーで ルールの適用は 大きく異なると言うこと。そして、何によって 動いているボールが方向を変えられたり 止められたりしたのか によってもルールの適用が異なるので、その観点から 頭を整理する必要がある。対象物という意味では 下表の 1) ~ 7) の 7種類もの対象物があるが、当該ルールの要点を 分かり易く整理したのが 下表である。

状況 A) グリーン上から B) グリーン以外の場所から
1) 局外者
人や動物、風で飛んできた物など
人や動物、風で飛んできた物(例えば、小枝や紙袋など)によってボールの動きが変えられた場合は そのストロークを 無効とし リプレー。ただし、ミミズや昆虫などの場合は 救済なし。 ボールが止まった所から そのままプレー続行。誰にも罰はないが、人や動物が止まっているボールを 持ち去ったり 動かした場合は 元あったと思われる所にボールを プレースして プレーを続行。
2) 旗や旗竿、それにアテンドした人 2打罰で ボールが止まった所から プレー続行。 無罰で ボールが止まった所から プレー続行。ただし、ピンを抜く意思で 誰かが アテンドした場合は、2打罰で ボールが止まった所から プレー続行。
3) 自分の携帯品
道具やカート
ボールが自分か自分の携帯品により偶然に方向を変えられたり、止められた場合は 1打罰で そのボールが止まった所から プレーを続行。
同左(注 1)
4) 同伴競技者のボール 2打罰で ボールが止まった所から プレーを続行。 無罰で ボールが止まった所から プレー続行。同伴競技者は元あったと思われる場所にボールをプレース。
5) 同伴競技者とそのキャディー アテンドしたケース以外は、そのストロークを無効とし リプレー。 無罰で ボールが止まった所から プレーを続行。
6) マッチプレーの対戦相手、キャディーとその携帯品 偶然であれば、無罰で ボールが止まった所から プレーを続行するか、そのストロークを無効とし リプレーすることも出来る。(リプレーでは ボールをドロップ) 同左
(ただし、リプレーでは ボールをプレース)
7) 自分と自分のキャディー ボールが自分か自分のキャディーによって偶然に方向を変えられたり 止められた場合は 1打罰で そのボールが止まった所から プレーを続行。ただし、アテンドしたキャディーに当たった場合は 2打罰で ボールが止まった所から プレー続行。 ボールが自分か自分のキャディーによって偶然に方向を変えられたり 止められた場合は 1打罰で そのボールが止まった所から プレー続行。(以前は 2打罰だったが 最近のルール改定で 1打罰に変更された。)

(注 1)ただし、同伴競技者とカートを シェアーしている場合、同伴競技者、もしくは、ルール上の局外者が カートを動かした場合は ボールが そのカートや自分の道具に当たっても ペナルティは科されない。なお、携帯品の上や中にボールが止まった場合は 携帯品を どかして ボールがあった場所の真下に出来るだけ近い所にボールをドロップして、プレーを続行。当該ルールに関する解説は 裁定集 19/1 に以下の通り記されている。
共用のカートに当たって、打球の方向が変えられる: 定義16「携帯品」により、携帯品の中には動力付きであるかどうかにかかわらずゴルフカートも含まれる。プレーヤーが 2人以上で 1台のゴルフカートを共用している場合は、そのカートに載っているものを含めすべてはそのカートを共用するプレーヤーのうちの 1人の携帯品とみなす。ゴルフカートを共用しているプレーヤーの 1人 (あるいは共用しているプレーヤーの 1人のパートナー) によってカートが動かされていたときは、そのカートとそれに載っているすべてのものはそのプレーヤーの携帯品とみなされる。それ以外の場合、カートとそれに乗っているすべてのものは、カートを共用しているプレーヤーの球 (または そのプレーヤーのパートナーの球) が関連しているときはそのプレーヤーの携帯品とみなす。したがって、例えば 1人対 1人のシングル・マッチで、プレーヤー A とプレーヤー B が 1台のカートを共用していて、動いている A の球がそのカートによって方向を変えられたり止められた場合は、その事態が生じた際に B がカートを運転していたり引っぱっていたのでない限り A は 1打の罰を受ける (規則19-2)。B がカートを運転したり引っぱっているときは誰にも罰はなく、A は自分の選択で球の止まっている所からプレーするか、またはそのストロークを取り消して再プレーすることができる (規則19-3)。


ボールとボールが当たった時


上表の 4) は 静止しているボールに動いているボールが当たった時のことであるが、二つの動いているボールとボールの場合は 少し状況が異なる。グリーンの外からのプレーについては 4) の説明同様、ボールが止まった所から 無罰でプレーを続行することになるが、グリーン上で ほぼ同時にパットをしてしまった場合は 後から打つべき人は、ボールが当たる、当たらないに拘わらず 2打罰で、ボールが止まった所からプレーを続行しなければならない。一方、正しい順番でプレーをした人は 無罰であるが、ボールが当たらなければ、プレーをそのまま続行するが、ボールが当たった場合は その結果の如何を問わずそのストロークを取り消しとし リプレーとなる。

4) の静止しているボールに動いているボールが当たることは 比較的頻繁に起こるが そうした場合は 上述の通り 無罰で ボールが止まった所から プレー続行になる。ボールを当てられた同伴競技者は元あったと思われる場所にボールをプレース。以下は 止まっているボールにボールがぶつかって ホールインワンが出たシーンの動画である。2016年のマスターズで起きた珍しい出来事だ。


障害物により方向が変えられた時


基本的に、障害物によってボールの方向が変えられた場合は 局外者の場合同様 ラブオブザグリーンで 救済はないが、コースの上を通る電線などに関しては ローカル・ルールで リプレーの救済を設けているケースが一般的だ。因みに、ラブ オブ ザ グリーン (Rub of the green) とは「動いている球が 局外者により偶然に方向を変えられたり 止められた場合をいう」と 日本語のルールブックには解説されている。しかし、本来 rub には phisical hump(物理的なこぶ)とか obstarcle(障害)というような意味があり rub of the green と言った場合は グリーン上にある(小さくて気づかないような)出っ張りや窪みのようなものという意味で、この解説はルールブック上で使われている 極めて限定的な ラブ オブ ザ グリーンの翻訳である。本来は ボールを思わぬ方向に転がして 入ると思ったボールが外れてしまうような「運」というような意味で良く使われる慣用句である。不運という意味合いで ゴルフ以外のスポーツでも 良く使われるフレーズだが、幸運なケースに 使われることもある。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意