コンテンツ目次






正しい 右腕の使い方

このページのコンテンツ
• はじめに
• トップで 右肘は
• 右腕の使い方を学べる ドリル
• 好ましい 左腕の旋回
• パワー全開のゴルフ・スイング
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


フル・スイングの時に 腕を どこまで どのように振り上げて 所謂 トップの形を作れば良いのかについて明確なアイデアを持っている人は 極めて少ない。肩を 90° くらい回し それに合わせて 腕を何となく振り上げている人が多いと思うが その考え方を整理する上で鍵になるのが 正しい 右腕の使い方だ。

トップで 右肘は


右肘のポジション右のイラストは トップでの 望ましい腕の形 特に 左右の肘のポジションについて 説明したものである。一人ひとりの体のつくり、柔軟性、関節の可動域などは異なるから これがベストという トップの形がある訳ではないが ベン・ホーガンが強調したように 右肘はなるべく地面を指し トップでは 左右の肘が近くなるよう 腕を動かすことがポイントだと言われている。つまり、右の前腕がなるべく垂直に近い形になって 右イラストの赤と青の点が近くなれば良いのだが その形が トップで出来ている アマチュア・ゴルファーは 少ない。

この形が出来れば 肩、腕、クラブヘッドの動きのベクトルを 一致させつつも クラブヘッドを望ましいアングルからインパクト ゾーンに入れ 絶妙なタイミングで クラブを リリースさせることが出来るのである。つまり、右肩、右腕、クラブヘッドが 全てインサイドから ヒッティング・ゾーンに入るから ボディーターンのパワーを無駄なく利用できる訳だ。加えて、右肘が脇腹について インサイドから入ることによって 右腕の力を有効に利用出来るだけでなく リスト・ターンを遅らせて タメが利いたスイングをすると同時に クラブヘッドが 腕と手の動きに対して遅れて インパクト ゾーンに入ってくるから ボールを よりクリーンに打つことの出来る アングルでクラブヘッドをボールとコンタクトさせることができるなど 様々な効用がある。

右腕の使い方を学べる ドリル


右の動画は その好ましい右腕の使い方を習得するために効果がある ドリルを紹介するものだ。右手だけでクラブを握り、左手の甲を 右腕の肘の直ぐ上に 当てて構える。そのまま 肩を 90°回転させ 右腕をたたんで トップの形を作る。動画は トップでの右腕の構えを学ぶためだけの ドリルになっているが この後に フォワード・スイングを始動する 下半身の動きと 右肘を脇腹に落とす動作の ドリルも 併せて 行ってみると良いだろう。そして そのドリルで 学んで欲しいのは フォワード・スイングをスタートさせる時に 腕でクラブを振ろうとするのではなく 右肘を脇腹に落とすと同時に 右足を蹴って 体重を左足に移動させること そして その左足への体重移動が 腕の動きをリードする 即ち 上半身の回転のスタートを少し遅らせることで タメを作るスイングのコツである。

好ましい 左腕の旋回


腕の旋回一方、好ましい ゴルフ・スイングを学ぶ上で 理解を深める必要があるものに「左腕の旋回」という概念がある。前述の ドリルの要領で バック・スイングの時に 右腕を上げて その時に 左腕でクラブを握っているとすれば 左腕は 右腕が折りたたまれる時に 右図の青線のタイミングで プロネート(回外)することになる。つまり、左腕が ドアのノブを時計回りに回すような動きをするのだ。そして、その形のトップから 正しいタイミングで 右肘を脇腹に落として ある意味 タメを作って 腕とクラブが振れれば 左腕は 右図の赤線のタイミングで スーピネート(回内)する。このスーピネートするタイミングが インパクトのタイミングに ピッタリ 合えば クラブヘッドは 最適なアングル 且つ ほぼ最速のスピードで ボールとコンタクトすることが出来るという理屈である。

ここで 注意して欲しいのは プロネートは バック・スイングの後半に そして スーピネートは フォワード・スイングの後半にするのが ポイントと言うことだ。プロネートを早くし過ぎれば クラブヘッドが 好ましいスイング・プレーンに乗ることはなく 切り返しの時に 所謂 シャロー・アウトを上手くすることの出来ないスイングになってしまうだろう。

パワー全開のゴルフ・スイング


以上のポイントを念頭において 右肘が下を向く形が容易に作れるポジションまで 肩を回転させ 左腕をプロネートさせながら 腕をゆっくり振り上げ(大きく 振り上げる必要はない)止まる所がフル スイングのトップになるという考え方で 自分なりの あるべき トップの形を作ることを研究して欲しい。そのトップの形が作れる所まで スムースに ワン・ピースのバック・スイングをすることが出来れば フォワード・スイングでは 極めて スムースに また 効率良く 右肩と右腕のパワーが使え 力強いボールが 無理なく 打てるようになるはずだ。右腕は トップで クラブを下から支えられるように たたむ、そして、フォワード・スイング後半から インパクトでは 右肘が右横腹の前をすり抜ける形で 右腕を伸ばす(押し出す)ようにしながらスーピネートさせ そのタイミングで クラブを リリースする。それが 正しい右腕の使い方で パワーを全開にすることが出来るスイングの仕方である。






www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意