コンテンツ目次






テイクバックの重要性

このページのコンテンツ
• はじめに
• 腕と クラブの引き方
• 流れるような リズムとテンポ
• 体重移動
• 実戦に有効な思考法
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


テイクバックどんな動作も スタートが悪ければ 残りの動きに悪影響が出るものだ。ゴルフ・スイングでも プア―なテイクバックをしていたのでは スムースな バック・スイングから 好ましい リズムとバランスでクラブが振れなくなるもの。正確な定義はないと思うが アドレスの構えから クラブ・ヘッドを 後ろに引いて 手が腰の高さに来るくらいまでの動きが テイクバック(テイクアウェイとも言う)で、それを どのようにすれば 良い結果が導き出せるのかを考えることが重要である。

腕と クラブの引き方


腕とクラブの引き方まずは 腕と クラブを どのように 引くのかについて見てみよう。クラブヘッドは ボールから 1m くらいの所 即ち 右図の (1) までは 飛球線上を動くべきである。その時点で 既に 肩が 少し回り始めているから 腕は インサイドに動き易いが (takeaway と言うくらいで) グリップは 体から少し離れて行くように動かす必要があるから 腕をインサイドに 引く感じではなく 飛球線と ほぼ平行に グリップを引いて行く感じで良いだろう。一方、(1) の段階では まだ コックを入れていないが そこから (2) に行く段階で コックを入れ始め クラブヘッドを 引き上げて行くが (2) では シャフトが 飛球線と平行になるイメージで腕とクラブを動かすのが 正しいテイクバックの仕方だと言えよう。そこから (3) (4) では 図のように クラブを立てるようにして トップの形を作って行くのが 好ましいバック・スイングのあり方である。

クラブの上げ方コックを入れるタイミングは 個人差があって良いが 早めに コックを入れるのなら (3) くらいの段階で シャフトが地面に対して ほぼ直角になるイメージだ。そして、アイアン・ショットであれば トップは (5) くらいになり そこから 切り返して フォワード・スイングになる手順である。

一方、テイクバックでは 肩と腕が 一体化して動く傾向にあるが 両者が 一体化して動けば 腕は(前傾姿勢が 小さければ 小さいほど)インサイドに 引かれる訳だが そうならないよう 必要に応じて 二つを 切り離して動かす感覚でテイクバックをすることが望まれる。肩は テイクバックの段階から背骨に対して なるべく 直角に プロペラのように 回転することが望ましいが、同時に、左腕は 左肩の付け根を中心に 比較的 アップライトなプレーン上を 振り子のように動くことが好ましい訳だから、この二つを 切り離すことが必要になると言う理屈だ。トップでの手の位置をイメージして、そのターゲットに向かって 腕を振り子のように動かす気持ちでテイクバックに入れば 肩を前述のように動かしても 肩と腕が 一体化して動くような状況は 比較的 容易に避けられるだろう。

飛球線とプレーンの関係また、テイクバックで バランスの取れたオン・プレーン・スイングが 無理なく出来るスタートを切ることが重要だ。特に、肩、腕、手首とクラブが そのために どうのように動くべきかについては 十分に研究すべきである。そこで、まず 最初に考えて欲しいことが バック・スイングで 前述の (2) (3) (4) とクラブヘッドが通るスイング・プレーンと フォワード・スイングのプレーンとが異なると言う認識を持つことである。前傾姿勢が 45°前後と大きな 所謂 1 プレーン・スイングの場合は その限りではないが バック・スイングのプレーンは 普通 フォワード・スイングのプレーンより かなり立っているべきである。そして (2) では クラブヘッドが 図の (Y) 即ち 飛球線上にあるように 腕とクラブを引くことがポイントだ。(N) の方に引かないように注意しよう。

流れるような リズムと テンポ


体、特に 腕やグリップの力が適度に抜けた テンポの良い スイングが グッド・ショットをする上で大きな役割を果たすことは 周知の通りだが それが出来るかどうかは どんなテイクバックをするかによって決まるといっても過言ではない。そうした意味では テイクバックの前の ちょっとした 動作の工夫についても研究したいものだ。例えば、テイクバックの前のフォワード・プレス(» 詳細)そして、手や足の指など 小さな筋肉を小刻みに動かすテクニック(» 詳細)などについても 研究してみる価値があるだろう。

テイクバックは バック・スイングの終点である トップのポジションに移行するまでの一連の動きの初期動作であり、そのために必要なモメンタムを 供給するステージであるが、ゴルフ・スイングは 全てが回転運動の組み合わせであると言う意識を持って 力を入れ過ぎずに スムースな回転運動の始動を心掛けることがポイントだ。流れるような リズムと テンポで スイングすることが 好ましいことは言うまでもなく、そのスタートのテイクバックでは その点に 注意する必要がある。

体重移動


体重移動さて、ここまで 上半身とクラブヘッドの動きについてばかり述べてきたが 忘れて欲しくないのが 体全体の安定性確保とテイクバックの関係だ。テイクバックから バック スイングでは 体重を 右足側、即ち、フォワード スイングで蹴る動作をする足の方に移動させるのが普通である。その時に 必要以上に その体重移動をすることで スウェイする人が少なくなく、そうしたスウェイが テイクバックの動作に起因していることが多いという事実である。どのように 蹴り足の方に体重を乗せるのが良いのかを(右のイラストも参考にして)考え、それに相応しい テイクバックのあり方を 研究すべきであろう。近年は左足重心と言うようなスイング理論も出ているが、蹴り足の方に どれだけ体重を残せば良いか という考え方も出来るくらい 体重移動は(多くのアマチュア・ゴルファーの理解に反して)大きくする必要のないものである。いずれにしても、大切なことは 左右への重心のブレを 最小限にすることで、その鍵が テイクバックの仕方にあると言うことだが、それを念頭に 以下の動画を見て欲しい。

Gary Woodland のドライバー・ショット

実戦で役に立つ思考法


最後に、参考になると思われる思考法について少し述べて終わりにしよう。体の各部位の動きを 個別に どうすべきかを 練習時には考える必要があるものの、実戦のスイング時に そうしたことを考えれば 十中八九 スイングのバランスやリズムが悪くなるという問題が生じるはずだ。そこで、練習時から 体の各部位を 個々にどう動かすかを考えると同時に 肩の動きに腕の動きを どう調和させ、体全体のバランスを どう確保するかという 「調和」 の概念に基づいて スイングのイメージ作りをし、そのイメージ通りに スイングが出来るよう練習することが 効果的だと考えられる。そして、実戦時には イメージ通りにスイングをすれば(体の各部位の動きを考えなくとも)良いようにしておくことで 練習の成果が 実戦で発揮される可能性は 圧倒的に高くなるだろう。

テイクバックと言うテーマについては あまり考えたことのない人も多いだろうが、テイクバックが悪ければ スムースなバック・スイングから 好ましい リズムとバランスで クラブを振って グッド・ショットにつなげる可能性は低くなってしまうものだ。その重要性は 多くの人が認識している以上に 高いということを お忘れなく。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意