コンテンツ目次

ピンまでの正確な距離

このページのコンテンツ
• はじめに
• グリーンまでの距離
• 様々なタイプのピン・シート
• ターゲットを設定する時の注意点
• 距離測定器
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフ・コースには 通常 グリーン・センターまでの距離を示すヤード杭があり、加えて、ピン・シートに グリーンの大きさや その日のピン・ポジションのデータが記載されているから、その二つの情報から ピンまでの距離を計算することが出来る。一方、競技での距離計の使用は禁止されていることが少なくないが、レーザー式距離計を携帯し 利用すれば ピンまでの正確な距離は 勿論のこと、それを ピン・シートの情報と併せて使用することで 各種の有意義な距離情報を得ることが出来る。

グリーンまでの距離


ヤード杭まず、グリーンまでの距離は そのセンターまでの距離を知らせるためのヤード杭が 各ホールのフェアウェイ左右のラフに 100ヤード、150ヤード、200ヤードが分かるように(2本 1セットで)あるのが 一般的だが、ゴルフ場によっては それがグリーンのフロント・エッジまでの距離のこともあるので、その点を まずは 最初に確認する必要がある。

一方、ツー・グリーンのコースでは 左右にそれぞれ違ったグリーンまでのヤード杭があるのが普通で、右(左)のグリーンまでの距離は 右(左)サイドのヤード杭が その役目を果たすのが普通である。そうしたコースでは、左右にセットでヤード杭がないので、ドッグ・レッグのホールでは 正確な距離が極めて分かり難くなるという問題がある。そうした場合、グリーンまでの距離は、時間の許す限り、片側のヤーデージ・マーカーと対になる仮想のヤーデージ・マーカーの位置をフェアウェイの反対側に想定し、その二つを結ぶ線を基準に自分のボールからグリーン中央までの距離を換算して行くことになる。ただし、そのような工夫をしても、残念ながら 残りの距離を正確に知ることが出来ないケースは どうしても 多くなるだろう。


様々なタイプのピン・シート


ピン・シートピン・シートのスタイルは 色々あるが、最も基本的なものは ホールの番号(右の例では 1 で 1番ホールという表示)、グリーンの長さ/奥行き(右の例では 36)、フロント・エッジからピンまでの距離(右の例では 21)、そして、グリーンの左、または、右のエッジから ピンまでの距離(右の例では 10)が ヤード単位で記載されているものである。右の例で説明すると、グリーン・センターからフロント・エッジまでの距離はグリーンの長さ (36) の半分 (18) だから、ピンはグリーン・センターより 3ヤード 奥にあると言う計算になる訳だ。また、グリーンの形状とピンの位置が 記載されていて グリーン・センターから 10ヤード単位で線が引かれているもので 数字ではなく、図でピンの大まかな位置を示すようなものもある。

ピン・シートの例さらに、グリーンを 右の例のように A、B、C、D などと 幾つかのセクションに分けて、今日のピンの位置はA であるなどといったスタイルで表示するものもある。そのようなピン・シートでは、大まかなピンまでの距離しか知ることが出来ないが、例えば、A に ピンがあって、グリーンの長さが 36 ヤードであれば、ピンまでの距離は、グリーン・センターより 9 ヤードほど奥にあるという計算でプレーをすることになるだろう。いずれにしても、グリーンの長さ/奥行きの情報は ピンまでの正確な距離を知る上で 重要な情報ということになる。グリーンの奥行きが 50ヤードのグリーンであれば、ピンはグリーン・センターより 20ヤード以上も奥にあることもあり得るからである。なお、詳細な ピン・シートではなく、大まかなピン・ポジションの表示(例えば、ピンの旗の色で 赤は手前、白は中央、青は奥などの表示)しかないゴルフ場が少なくないのも現状だ。


ターゲットを設定する時の注意点


以上のように ピン・シートの情報とグリーン・センターまでの情報が分かれば、基本的には、グリーンのフロント・エッジ、バック・エッジまでの距離も計算できることになる。ピンまでの情報と一緒に どんな情報に気を配ってプレーすべきか、この機会に 頭の中を一度整理しておくと良いだろう。例えば、通常は グリーンのどこにボールが落ちるようにプレーするのか。(1) ピン、(2) ピンの手前 5ヤード、(3) グリーン・センター、(4) グリーン・センターとフロント・エッジの中央 といった具合だが、自分のボールの性質などを考慮し、基本方針のようなものを作っておくと良いだろう。

加えて、打ち上げ、打ち下ろしの距離調整に係わる自分なりの法則のようなものを纏めておく必要もあるだろう。また、グリーンの硬さ、風の影響などに応じたターゲット設定についても 頭を整理しておくべきでしょう。どんな状況下で ボールは グリーン上で止まり易い(難い)のか。そして、ボールが止まり易い(難い)時には どのようなターゲット設定をすべきか。そんな知識も身に付けて下さい。


距離測定器


最近では 小型で高機能な GPS 式の機器が急速に普及してきたので、ピンまでの距離だけでなく、グリーンの大きさやグリーン・エッジまでの距離、さらには、フェアウェイ・バンカーやウォーター・ハザードまでの距離などが分かるタイプのものもあり レーザー・タイプの距離測定器にはない機能も利用出来ると言うメリットがある。しかし、ピンまでの正確な距離という面では レーザー・タイプの距離測定器の信頼性が高く、どちらのタイプの測定器が良いかについては、一概に言えない面があろう。なお、レーザー・タイプの距離測定器の中には、打ち上げ、打ち下ろしの高低差も測定し、平地での距離に換算した数値の表示をしてくれるようなタイプのものもある。 ただし、練習ラウンドで使用するには 利用価値が高いものだが、そうしたモデルを競技で使用すれば(ローカル・ルールで距離測定器の使用が認められていても)ルール違反なので 気を付ける必要がある。

距離測定機器が普及したので、そうしたものに頼ってプレーをしている人も少なくないと思うが、やはり、ヤード杭と ピン・シートの情報は 利用価値の高いものだし、距離計の競技での使用は許されないことも多いから、その使い方については 確り マスターしておくべきだろう。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意