ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

バンドンデューンズ ゴルフリゾート

Introduction

アメリカ西海岸、オレゴン州の太平洋岸にある小さな町 バンドン (Bandon) の北に 1999年にオープンした高級ゴルフリゾートが知る人ぞ知る Bandon Dunes Golf Resort である。プロのトーナメントなどが開催されないので日本のゴルファーの間では あまり知られていない存在だが 世界中のリッチなゴルファーが 近年 好んで訪れる高級ゴルフリゾートの一つだ。知名度の高いペブルビーチとは 色々な意味で 違うが 海外のゴルフリゾートに興味のある人なら ここがどんな所かをチェックしておく価値があるはすだ。

ゴルフリゾート 概要

このゴルフリゾートには 現在 5 コース、85 ホールがあるが 最初に作られたコースは Bandon Dunes の 18 ホール(下のテーブル参照)。次いで、Pacific Dunes の 18ホールが 2001年にオープン。そして、その後 Bandon Trails、Old Macdonald と 次々に素晴らしいコースをオープンさせた。2012年、最後にオープンした Bandon Preserve は 13 ホールの パー 3 から成る ショート コースである。

コース名 開場 距離/Rating-Slope (Par) 設計
Bandon Dunes 1999 6,732 yards/74.1-143 (72) David McLay Kidd
Pacific Dunes 2001 6,633 yards/73.0-142 (71) Tom Doak
Bandon Trails 2005 6,765 yards/73.7-133 (71) B. Coore, B. Crenshaw
Old Macdonald 2010 6,978 yards/74.1-133 (71) Tom Doak, Jim Urbina
Bandon Pres. 2012 1,468 yards (39) B. Coore, B. Crenshaw

コースの評価の観点からは 上の 4つのコースの中では Pacific Dunes のランクが 最も高く 世界のベスト 20 (GOLF MAGAZINE) にも入るコースである。ただし、ここのコースは 全てのコースが 詳細を後述するが 極めて高い評価を受けていることが特筆すべき点である。例えば、GolfWeek誌は 2005年に このコースをアメリカ 1 位のリゾートコースにランクしている。その評価がどのような基準によるものかは 定かではないが それは このゴルフ雑誌が Pebble Beach、Whistling Straits、Pine Hurst #2 といった メジャートーナメントをホストするような 名門コースよりも 上位に Pacific Dunes を評価したと言うことである。

バンドンデューンズ (Bandon Dunes)

David McLay Kidd の設計で 1999年に このリゾートがオープンした時に造られた最初のコースである。その成功により、この後、次々に素晴らしいコースがここに造らられるキッカケになった。海岸線に造られたこのコースは Pacific Dunes と共にこのリゾートの看板コースだ。

パシフィックデューンズ (Pacific Dunes)

名匠 Tom Doak がデザインしたこのコースは 2001年に バンドンデューンズ ゴルフリゾートの2番目のコースとしてオープンしたが 海岸線沿いに造られた2つのコースの内の一つで 最も高い評価を得ているこのリゾートの 当に フラッグシップ・コースである。

バンドントレイルズ (Bandon Trails)

2005年に このリゾートの3番目のコースとしてオープンしており 海岸線から少し離れた所に造られている2つのコースの内の一つ。リゾートの4コースの中では 僅差だが最も評価の低いコースだ。ただ、ゴルフマガジン誌の Top 100 Courses You Can Play 2019 で全米 12位と評価は高い。

ゴルフリゾートの魅力

Top 100 Courses You Can Play (2019)
# コース
2 Pacific Dunes
8 Bandon Dunes
11 Old Macdonald
12 Bandon Trails
このゴルフリゾートの魅力は 何と言っても その 5 コース全てが 他には 滅多にプレーすることができない これぞ リンクスコースという 最上級のゴルフコースであることだ。ゴルフマガジン誌 2019年 貴方がプレー出来る 米国トップ 100 コース(Top 100 Courses You Can Play)でも Pacific Dunes は 全米 No.2 のコースになっているが 他のコースも右表のような最大級の評価を受けている。全米にある 10,000 近いパブリック / リゾートコースのトップ 100 に入ることでさえ 実は 想像以上に凄いことなのだが そのベスト 12 に 4 コース全てがランクインしているというのは驚異的だ。因みに、ぺブルビーチリゾートの Pebble Beach は 1 位、そして、Spygrass が 15位、Spanish Bay になると 47位という状況だ。

地図
まず、Pacific Dunes と Bandon Dunes は 共に海岸線を眺めながらプレーするホールが多数あるコースで その海岸線の見えるホールを存分に味わえるのは 魅力である。一方、後から造られた Bandon Trails と Old Macdonald は 海岸線から少し離れた所に造られたコースだが グリーンのコンディションなどは むしろ 前者の 2 コースよりも 海風の影響が少ない分 良い位である。コースのヤーデージは 近年のコースにしては 短いと思う人も居ようが ここは ほとんど何時も強い風が吹いている所なので コースの距離に対する印象は 全く違ったものになる。初めてここを訪れる人は 風が強い時のプレーの難しさを痛感して 帰ることになるだろう。ピークシーズン(5月から 10月末まで)のグリーンフィーだが 13 ホールしかない ショートコースの Bandon Preserve が $100 というのは ちょっと法外な気がするが、本格的な 18 ホールのコースの 7月 〜 9月の 2020年 ピークシーズンのレートは どのコースも $345 / $295(宿泊客は 割引料金)で キャディーフィーは $100/bag(チップ込み)推奨となっている。(6月は $295 / $260 更に リプレーは ほぼ半額)グリーンフィーも キャディーフィーも Pebble Beach や Whstling Straits のようなトップランクのコースに比べれば リーズナブルである。但し、3年前の料金より 10% 以上値上がりしている。ポスト・コロナにどのような価格になるかは、不透明だが、コロナの影響で 2020年は営業ができない状況だ。いずれにしても、宿泊料金も 一部屋 $300 以下からと そのクオリティを考えれば とても割安だ。そして、そうしたコースが 4つもあるのは 他に類を見ない。二泊三日や 三泊四日で 全てのコースをプレーすることも出来る。こんな田舎にある ゴルフコースだから成し得る 料金設定なのかも知れない。なお、プレーは 障害のない人は歩きのみで キャディーを付ける必要はないが その場合は 手押しカートか担ぎで歩く必要がある。最初にプレーする時は コースレイアウトが良く分からないこともあるから キャディーを使うことをオススメしたい。

もう一つ特筆したいのが このリゾートに造られている練習施設である。下のスライドショーの写真のように 広大な敷地に 打ちっぱなしの他、練習グリーンとアプローチの練習エリアが幾つも造られており、宿泊客は 無料でその施設を利用することができる。但し、この練習施設は それぞれのコースからは少し離れた所にある。練習グリーンは 別途 個々のコースの1番ホールの近くにある訳だが リゾート内の宿泊施設、各コース、この練習施設の間の移動は 無料のシャトルバスを利用して行うことが出来る。

ところで、このリゾートへのアクセスは 日本からの直行便のあるポートランドかサンフランシスコ経由 長時間の運転になるが 車で移動するか飛行機を乗り継いで 車で 2 〜 3時間で行ける距離にある町 (Eugene, OR や Eureka, CA) まで飛行機で移動するか、また、よりゴルフ場に近い バンドンや クーズ ベイ (Coos Bay) の空港まで コミュータープレーン(小型飛行機)で飛ぶかという方法にならざるえ得ないから アクセスはいずれにしても良くない。しかし、プライベートジェットで このリゾートを訪れる人も多いそうで そうした人達にとっては むしろ そんな人里はなれた所が便利なのかも知れない。


Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP