ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > スコアに差が出る心理学のお話 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場
ガイド(予約 )



 
 
ゴルフ読書室

スコアに差が出る心理学のお話


ステレオタイプ (stereotype)、即ち、個人が信じている社会通念的な固定概念に縛られた紋切型の意見や考え方、もしくは、それに基づいた行動のことを意味する言葉であるが、今回は そのステレオタイプをはじめ、ゴルフの心理現象に係わる お話をしよう。

女子生徒の算数テスト小学生の男女から成るクラスで 算数の試験の前に 「女子生徒は一般的に算数の成績が男子生徒より悪い」 ということを 先生が生徒に告げてからテストを行うと面白いことが起きる。そうしたことを 何も言わなかった場合に比べ、女子の算数のテストの点数が悪くなると言うのだ。女子生徒の多くは先生のような信頼できる人が言ったことを鵜呑みにし、自分は女子だから算数は不得意なのだと ネガティブなステレオタイプによる信じ込みをする結果、テストの成績に影響が出てしまう。そうしたものの考え方と態度がパフォーマンスに悪影響を与える現象を 心理学の専門用語では ステレオタイプの脅威 (stereotype threats) と言う。

何故そうしたことが起きるかの明確な説明は出来ないようだが、そうしたことが起きるという事実は その世界の学識者の間では良く認識されていることだ。人により、また、環境や状況により その影響は異なるようだが、多くの場合、信じ込みが自信を壊失させたり、集中力を低下させるなどの影響を及ぼすからだと言われてれる。

さて、そのステレオタイプの脅威と呼ばれる現象は、実はゴルフの世界で良く見られるのである。ご存知のように、ゴルフのハンデは ゴルファーの技量を示すものだが、それが一種のステレオタイプの脅威を生む原因になる。例えば、ハンデ 15 の人の多くは、そのレベルの人達からなる 一種の社会グループ (social group) への帰属意識を持つことになる。そして、勝手に そうしたゴルファーのイメージを作り上げ、例えば、よっぽどのことがない限り 70台は出ないはずだと ネガティブなステレオタイプによる信じ込みをしていることが多い。そのハンデで 長年プレーをしていれば居るほど その信じ込みは強くなる傾向があるようだが、その結果、調子の良い日に そんなスコアが出そうになっても、それまでのペースでプレーを終了すること、即ち、良いスコアが出ることを信じられずに 自分のパフォーマンスを 台無しにしてしまうのである。

自分に当てはまると思った人は 少なくないだろうが、そうした人の多くは、このステレオタイプの脅威のパターンに はまり込んでいる可能性が高い。誰でも 調子の良い日は 良いスコアは出るものだ という事実を信じることさえ出来れば 良いスコアが出る可能性は高くなるのだが、それが出来ないのだ。何時もより良いスコアのペースで プレーが進行している時に そう思えるか否かに 結果は左右されるのである。自分の経験は このパターンに該当するかも と思った人は、ネガティブ・ステレオタイプに陥らないために何をすべきかを考えてみて欲しい。

また、スコアのことを考えれば自然とプレーに対する集中力は低下する傾向にあるから その点にも気をつけるべきだ。それが出来れば苦労はしないと思う人も居るだろうが、まずは、そのために スイングをする前に深呼吸をして、自分の打ちたいショットを 確りイメージするということを 忘れずに実行し、そのイメージ通りのプレーをすることに集中する癖をつけることだ。ボールを打つ前に、色々余計なことはしないこと。スコアのことを考えないこともそうだが、してはいけないことを 一通り考えるようなことは、百害あって一利なし。ボールの前で、素振りを何度もしたり、色々考えるために時間を使っている人は そのルーティンを(イメージ通りのプレーをすることに集中するために)もっとシンプルなものにする工夫をして欲しい。

以上のようなケース以外にも、ネガティブ・ステレオタイピングによるパフォーマンスへの影響は、様々な所で見られる。例えば、ある程度以上の距離のパットは 然程距離がなくとも 自分の実力では運が良くなければ入るはずがないと考えたり、グリーンまでの距離がちょっと長くなれば グリーンには乗らないだろう といった態度で プレーをしたりするような 癖のある人は居ないだろうか。そのような思考パターンと態度では 必然的に 集中力が低下するから パフォーマンスも期待できない。そんな時こそ、10% でも 20% でも起きる可能性のあるポジティブな結果のことを考え プレーに集中すべきなのである。

しかし、集中することと 色々なことやシナリオを 過度に考えたり、分析したりすることは 違うと言うことも覚えておこう。結果のこと、特に、失敗した時のことを考えることがプレーに悪影響を及ぼすことは良く知られていることである。俗に言う(大事な場面で)ビビってしまうからだ。ビビるという言葉は おじけづく という意味で古く平安時代から使われている言葉だそうだ。英語では ビビる ことを choke と言い、緊張や気後れから萎縮することは 洋の東西を問わず 大事な場面ではもちろんのこと、然程 重要な場面でなくとも、不安が過ぎった時には良く見られる現象である。特に、ゴルフでは そのレベルに関係なく、OB のあるホールや ショート・パットを打つ時などに良くあることだ。

グレッグ・ノーマン覚えている方も少なくないと思うが、1996年のマスターズで 三日目まで好調で 当時世界ランキング 1位だった グレッグ・ノーマン (Greg Norman) が 最終日に ビビッて優勝を逃してしまった。つまり、Greg Norman choked on the final day of the 1996 Masters. というお話だ。初日に 63 というスコアを出し その後 リードを 更に広げて、最終日に 2位のニック・ファルドー (Nick Faldo) に 6打差をつけていたにも拘らず、ビビッて 78 というスコアを出し、ファルドーに優勝を さらわれてしまったのだ。

シカゴ大学の心理学者 シアン・ベイロック (Sian Beilock) によれば、ノーマンの 1996年マスターズような結果は 俗に言う paralysis by analysis(分析による麻痺)によるものだそうだ。彼女によれば、ある程度以上に熟練したゴルファーの場合、分析してその通りにコントロールしようと言う意識があまり強く働くとパフォーマンスに悪影響を及ぼすということだ。そして、その分析しようとする意識をなくすための工夫(例えば、口笛を吹くなど)をすることで(ショート・パットのような 比較的 単純で繰り返し行う動作を要するタスクでは 特に)そのパフォーマンスが改善されることも明らかになっている。

ベイロックは、目をつぶって心を落ち着かせること、即ち、瞑想 (meditation) の効果に関する面白い実験結果も発表している。その実験では、大切な試験の前に 10分間の瞑想をしたグループと そうでないグループのテスト結果を比較したのだが、両者は同等の学力を有するグループであるにも拘らず、前者は 100点満点で 87点、後者が 82点という 大きな差が確認されたと言うのである。

以上、ステレオタイプの脅威 (stereotype threats) や分析による麻痺 (paralysis by analysis) といったようなことが ミスを誘発することがあるという事実、そして、それに対する様々な対策(意識の変革、口笛、瞑想など)が 効果を発揮するという お話でした。


 
クリアランスセール
 
読書室 トップ トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意