ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > フィアー・マネジメント サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
ゴルフ読書室
フィアー・マネジメント(不安を克服しろ)

フィアー (fear) を 日本語に訳せば 恐怖 だが、恐怖とまでは言えないまでも、プレー中に不安が過ぎることは 良くあることだ。そして、そんな心理状態でプレーをした時に 酷い結果になったという経験は誰にでもあるだろう。恐怖や不安は人の心が作り出すものである。結果のことを考えたり、予感した時に本人の意思とは無関係に湧き出てくるもので、それを抑えようとしても、なかなか出来るものではない。そして、恐怖や不安から逃げようとすればするほど、目と脳と身体の連携プレーに乱れが生じ、その悪影響が顕著になるという性質がある。このページでは、その影響を最小限にする方法、即ち、フィアー・マネジメントについて解説する。

まず始めに、恐怖や不安がどのように発生するかについて考えて見よう。ゴルフでは通常 ここで ミスしたら 酷いことになると感じた時に、不安は過ぎるのである。それは、視覚(目)から来ることもあれば、思考(脳)から来ることもある。例えば、ウォーター・ハザードが目の前にあるとダフってしまう人や 100が切れそうだ などと考えたとたんに大叩きをする人など。しかし、そんな時に どのように考えて どう行動すべきかを学ぶことによって、不安の克服はかなり出来るものだ。 その鍵になるのが人間の思考パターンである。

不安を感じるショット

同じもの(例えば、ウォーター・ハザード)を見たり、同じこと(例えば、スコアのこと)を考えているにも拘らず、それを どう捉えるかは人によって様々である。しかし、プレッシャーに弱い人は 何に対しても すぐに ネガティブなことを考える。そのマイナス思考が(目と)脳と身体の連携プレーに大きな影響を及ぼすのである。つまり、そんなマイナス思考をしないこと、もしくは、マイナス思考をプラス思考に変えることで脳と身体の連携プレー、即ち、パフォーマンスに大きな違いが生まれるのである。

マイナス思考
プラス思考
 

例えば、目の前のハードルを越えられない 「ミス」 と 「その結果」 と言うマイナス思考ではなく、目の前のハードルを越えたら 「目標に一歩近付く」 というプラス思考をすることだ。越えるハードルの数が多ければ 多いほど 満足感、充実感、喜びは大きくなるのだから、ハードルよ もっと来い くらいの気持ちになれるのが理想である。

不安を感じたら 「チャンス」 と考え、それにチャレンジする自分を想像して下さい。そんな状況に果敢にチャレンジしてこそ、達成感や充実感が得られるという思考パターン。恐怖や不安は(達成感や充実感という)大きな成果を生む源泉だと考えれば良いのである。

加えて、仮に、そこで失敗しても、そこから次のステップに行くための学びが得られる。失敗には次の成功の喜びを大きくしてくれるという効果もあるのだから、それは必ずしも悪いことではないと考えるべきだ。"Failure is the condiment that gives success its flavor." 失敗は成功に風味を添える薬味である と言う有名な英語の諺があるように、失敗にはプラス面があることにも着目すべきである。

また、フィアー・マネジメントに有効なアプローチに、得意なショットの習得と そのショットを上手く使うことがある。普通の理屈では、こうあるべきだという状況でも、不安を感じたら、そのショットを避けて、別の自信の持てるショットで対応する。例えば、ドライバーを打つのが危険だと思ったらスプーンやユーティリティでティーショットをしても良い訳だ。そうすることで 不安が小さくなるのであれば、それは有効なフェアー・マネジメントの選択肢の一つである。

ドライバーでは 飛距離を伸ばすことを考えて練習している人も多いことと思うが、ミート率や方向性の重要性が高いのだから、まずはそれらに着目した練習を沢山すべきである。また、スプーンでのティーショットの練習に時間を割いてみるのも スコア・アップのポイントになるだろう。アイアンの練習では ミート率のアップ、特に、ダフりを減らすための練習をして欲しい。ボールに確りミートするショットが出来るか どうかを考えているようでは 不安の種を常に抱えてプレーすることになるからだ。

一方、コースでは(様々な理由で)ピンを狙うのが危険だと思ったらグリーンのセンターを狙うなど、コース・マネージメント力のアップが必要なことは言うまでもない。そうすることで、スコアに大きく影響するはずだ。ゴルフは パーフェクトなショットをしても、さほどスコアに影響しないが、ミスをしたら それが大きくスコアに響くゲームだと言うことを 常に 考えて練習をし、コースではショット・セレクションをして欲しい。

つまり、フィアー・マネジメントとは、自分の心の持ち方(プラス思考)と得意なショットの使い方などを含めた戦略的なショット・セレクションという二つの要素に着目し、自分を コントロールして行くこと。そして、フィアーから逃げようとするのではなく、それをマネージすることである。適度なフィアーは 適度な緊張感をもたらしてくれて プラスに働くこともある。そんな考え方と態度が出来るようになれば、貴方のゴルフは大きく変わるだろう。


 

 
読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意