コンテンツ目次



ロブ・ショット(その打ち方と使い方)

このページのコンテンツ
• はじめに
• ロブ・ショットの打ち方
• ショットをする時の注意点
• ショットの打ち方を解説した動画
• ロブ・ショットの使い方
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


バンカー越えのアプローチなど 短い距離のショットで ボールを 高く、ふわっと上げて打ちたい時がある。そんな時に必要になるのが ロブ・ショット(フロップ・ショットとも言う)である。普通のアプローチ・ショットでは ピンの近くにボールを止めることが出来ない場合でも イメージ通りにロブ・ショットが打てれば ワンパット圏内に 寄せることが出来る訳だ。

ロブ・ショットが必要な時しかし、ロブ・ショットは イメージ通りに打てた時は 大きなメリットがある半面 デメリットもある。即ち、(1) 上手く打てない確率が高い、特に、距離を合わせるのが難しいこと、そして、(2) ミスした時のダメージが大きい と言うことだ。右のようなバンカー越えの状況で ロブ・ショットを 打ち、ショートしてしまったら どうだろう。最悪の場合は、1打以上のダメージを受けることもあるだろう。 本来は そうしたショットの必要性が 少なくなるようなコース・マネージメントをすべきであるが、マネジメント通りに行かないことがあるのが ゴルフだ。従って、ロブ・ショットが上手く使えるようになれば きっと 大きな武器になるはずで、その打ち方、使い方は 是非 マスターして欲しいものである。

ロブ・ショットの打ち方


セットアップのイメージまず、クラブフェースの上にワイングラスが置けるような状態にして構える。 サンド・ウェッジでは フェースを かなり開く必要が出てくるが、ロブ・ウェッジの場合は 少し開けば この状態になるだろう。

スタンスは 広く オープンに取って ボールは 体の中央に置く。そして このフェースの状態が スイングの間を通じて 保てるようにスイングするのがコツである。グリップはウィーク・グリップで軽く握り、主に上半身を使って V の字のスイングで 少しカット・ショット気味に打てば良いだろう。フォロースルーは 腰の高さで止めるような感覚で フェースが 空を指すように フィニッシュまで 手首を返さない(アンコックしない)のがコツだ。右手主導のスイングにすると この動作がやり易くなるだろう。距離の短いショットだから、どうしても バック・スイングが 小さくなり 腕に力が入りがちだが、バック・スイングは 大きめにし(ほぼ 9時まで)腕の力を抜いて ゆっくりと振るようにしよう。

フェアウェーのような短い芝では 前足に体重を乗せて(結果として、上半身の中心が少し前足の方にシフトするから 応分にボールを 前足の方に置いて)少しダウンブロー気味にスイングすべきである。一方、ラフからはボールの下をクラブヘッドが潜り抜けないように 前足にあまり体重を乗せないように レベルにクラブを振るように、そのボールの位置と打ち方を 少し変える必要がある。ただし、どちらの場合も ショットを通じてクラブ・フェースが空を指すように、また、手首が返らないように スイングして打つこと。

ショットをする時の注意点


なお、バウンス角の大きなサンド・ウェッジで フェースを開くとリーディングエッジが浮いてくるから タイト・ライからのロブ・ショットは大変難しいショットになるので、そうしたライでの応用は 避けた方が良いだろう。 また、比較的 深いラフでボールが浮いている時には、ボールにクラブフェースが当たらずに その下をクラブが抜けて行ってしまうこともあるから、そうしたライからのショットも 十分 気を付ける必要がある。

一方、40-50ヤード位の長めのロブ・ショットでは、クラブフェースのオープンの度合いを距離と打ちたいボールの高さに応じて、コントロールする(前述のショットほどフェースは開かない)必要がある。ボールの位置は スタンスのほぼ中央に置き、グリップは やはり ウィーク・グリップ。バック・スイングはほぼスリークォーターのスイングになる。そして、普通のショットのようにコックを入れ、確りとスイングをして フィニッシュすることを 忘れぬよう。

ロブ・ショットの打ち方を解説した動画(英語)



ロブ・ショットの使い方


ロブ・ショットは 前述もしたように 大きなメリットがあるものの デメリットもあるショットで、本来は そうしたショットが 少なくなるようなコース・マネージメントをすべきである。しかし、ロブ・ショットを使いたくなるような状況では ロブ・ショットを使うことのリスクとリターンの関係を十分に考慮し、必要であれば保険をかけるようなショットの打ち方も考えて、上手に使えば 大きな武器になるショットであることは間違いない。

ロブ・ショットを使いたくなるような状況とは、それを使うことによって そこから 2打でホールアウト出来る可能性が高くなるものの、そうでなければ 3打必要になる可能性が高くなると考えられる時だ。どんな場合でも 3打以下でホールアウト出来れば、迷わず 2打でホールアウト出来る可能性が高くなるようなショット・セレクションをすべきであるが、実際には ロブ・ショットのような選択をした場合は 失敗した時に 4打、もしくは、それ以上必要になってしまう可能性という リスクも高くなるのである。従って、そのリスクとリターンの関係を考慮する必要があると言うことだ。

そこで、常に考えるべきことは (1) ロブ・ショットを上手く打つことの出来る可能性、そして、(2) 失敗した時のダメージ の二点である。(1) については、その人の技術のレベルとライの状態に因って決まると言えるが、それが ある一定のレベル以上か以下かを まずは判断すべきである。

当然のことながら、7割、8割という高い確率でショットが決まれば、失敗した時のダメージが極めて大きくない限り、ロブ・ショットが有効と思えるのであれば そうした選択をすべきであろう。一方、2割とか 3割しか成功しない状況では ほとんどのケースで ロブ・ショットは使うべきでないということになる。一概には言えない面もあるが、大雑把なルールとしては 4割から 5割の成功率を目安に 失敗した時のダメージが 特に大きくない時は ロブ・ショットを使う判断すれば良いだろう。大きなダメージがなくとも ロブ・ショットで失敗した場合は みすみす一打の損をすることになる可能性が低くないからである。

逆に、失敗した時のダメージが大きい時は (a) その成功する確率が高くない限りロブ・ショットは避ける、(b) 失敗する可能性が少なくなるようなロブ・ショットの打ち方をする、のいずれかの選択をすべきである。失敗する可能性が少なくなるようなロブ・ショットの打ち方とは 例えば ショートした時のダメージが大きければ、少し大きめに打つ と言うような調整である。

いずれにしても、ロブ・ショットは 失敗することを意識することが失敗の原因になるという側面もあるから、その点についても 注意が必要である。また、距離がないのに こんなに強くクラブを振って大丈夫だろうかと言う気持ちが出ることで ショートしてしまう傾向の強いショットでもあるから、その点についても要注意だ。スイングのスピードとフェースの開き具合は 打ちたいショットに応じて調整する必要があるが、どのような距離でも クラブヘッドを加速させるように 緩まずに 打つことが基本である。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意