ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

リシャフト|可変スリーブ付きドライバー

Introduction

リシャフトする場合は 当然のことながら まず シャフトをヘッドから抜かなければならない。具体的には ソケットをヒーターで暖めて柔らかくし、柔らかくなったところで シャフトに傷をつけないようにソケットを切り取る。次に、ヘッドのホーゼル部分を暖めて接着剤を柔らかくして ヘッドを抜き易くしてから シャフト抜き機で こつこつ引っ張ってヘッドを抜く といった手順である。次に、取り外して綺麗にしたヘッドに新しいシャフトを取り付ける訳だが、ヘッドに(必要に応じて アダプターなどを取り付け)シャフトを差し込み接着剤でヘッドを固定する。そして、最後に グリップを取り付けることになる。高価なシャフトを購入すれば リシャフトの工賃無料という工房もあろうが、そうでなければ その工賃だけで 3000 ~ 4000円にもなり兼ねない。勿論、シャフトを接着剤で固定したら それがフィックスされる訳だから、気に入らなかったからと言って、簡単にやり直しが出来るものではない。リシャフトで良い結果が得られる確率とそのコストを考えると、かなりリスクが高い挑戦と言わざるを得ない。

シャフトとスリーブ

可変スリーブ一方、2009年頃からドライバーのシャフトの先端にスリーブが付いている、所謂、着脱式で調整機能が付いた可変式モデルが出回るようになり、近年は フェアウェイウッドでも可変スリーブの付いたモデルが売られるようになっている。そうしたクラブでは シャフトが簡単に着脱できるので リシャフトは容易である。ある意味、一眼レフのレンズを交換してカメラを使う感覚に近くなったのである。しかし、メーカーだけでなく、モデルによりスリーブの形が違うので 同じスリーブを使っているシャフトでないと装着できないというのが問題である。とは言え、リシャフトの手間は 大幅に軽減されるし、試打の出来るお店に 自分のクラブに合うスリーブのシャフトが何本かあれば それらを装着して 試打してからシャフトを購入すると言うことも可能になった訳だ。そうした状況にあって、当然、中古ショップでは スリーブ付きシャフトを買取販売するようになり、流通在庫も増え、比較的安価に自分でリシャフトができるようになっている。

スリーブのタイプ

各種スリーブ
しかし、一眼レフカメラのレンズがメーカーごとに違うように、ゴルフクラブのシャフトに取り付けられているスリーブも メーカーやモデルごとに違うために リシャフトできるのは 同じタイプのスリーブが付いたシャフトに限られるのが現状である。例えば、テイラーメイドの場合は 2019年の時点で 19種類ものスリーブが存在するそうだが、相互に全く互換性がない訳ではなく、右の写真の Mシリーズ用モデルのスリーブは 2016年以降の M1 〜 M6 までのドライバーに(そう保証するものではないが)装着可能のようだ。テイラーメイドのように何種類ものスリーブを出しているメーカーは 他にないが 他のメーカーも様々だ。例えば、キャロウェイは 4種類、また、タイトリストの場合は 全て互換性がある。ただし、VG3 と 91Xシリーズ(TS)は互換性はあるものの 調整角度が変わるので 要注意なようだ。つまり、必ずしも、同じメーカーのドライバーに付いていたシャフトだからといって 他のモデルのヘッドにも取り付けられるとは限らないので その点は要注意だ。とは言え、最近は中古市場で スリーブの付いたシャフトが売買されるようになったから そうしたものを購入すれば、極めて簡単で コストも抑えられるようになったのである。また、自分の欲しいシャフトを購入して、今 持っている(着脱式の)ドライバーにフィットするスリーブを付けてもらうことも出来る。

いずれにしても、スリーブ付きドライバーのリシャフトをするのであれば まずは スリーブの互換性を確認することが先決だ。同メーカーのシリーズ・モデルでも モデルチェンジでスリーブが変わることがある。まず、自分のクラブのメーカー、モデル名を正確に(出来れば、発売時期も)チェックすること。そして、シャフトの長さも 確認しよう。同じスリーブが付いていても クラブによって長さが違うことは珍しくない。最も 安心なリシャフトの方法は 中古ショップにヘッドを持って行き、実際に装着させてもらう(試打が出来れば 最高)ことであるが、以上のチェックをしておけば、ネット・ショッピングでも 失敗するリスクは 低くなるだろう。

“楽天カード”

リシャフトの利便性

いずれにしても、自分のドライバーのヘッドにフィットするスリーブの付いたシャフトを 弾道解析機のあるところで色々試打しながら ベストなシャフトを選んで購入するという 極めて リスクの低いシャフト購入も出来るようになったと言うことだ。また、使わなくなったシャフトは予備に取っておいても良いが、中古シャフトとして(比較的 高く)買取ってもらうことが 今まで以上に やり易くなった点も注目だ。要するに、新しいシャフトに変えるコストは(車を買い替える時のように)新しいシャフトの価格と中古シャフトの買い取り価格の差額になるとも言える。

今後、各メーカーのスリーブの標準化や互換性の向上が どの程度進むかは疑問も残るが、互換性があれば、ヘッドを 3つ、シャフトを 3本持てば、9種類の組み合わせが使えることになるし、それから さらに ヘッドか シャフトを新たに一つ購入すれば、組み合わせが 3種類増えるというような楽しみ方も出来る訳だ。クラブによって スイングを変える(変わる)ということは良くあることと思うが、練習場で前述のような組み合わせをテストしながら自分にとってベストなヘッド、シャフト、スイングの組み合わせを探すというようなことも 理論的には 出来るようになっている。

いずれにしても、新しいドライバー購入に際しては 以上のようなことを勘案し、着脱式スリーブの付いたシャフトのドライバー、さらに言えば、リシャフトの利便性の高いモデルのドライバーを購入する。それが賢い選択肢になっていると言えそうだ。

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP