コンテンツ目次





夢のゴルフスコア

このページのコンテンツ
• はじめに
• 米国男子 PGA の記録
• 米国女子 LPGA の記録(動画も)
• ギネス記録
• 日本ツアーの記録
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


100、90、80、70を切るというようなパーソナルベストの達成が夢という人も居ようが 「究極の夢のスコア」 は やはり 60切り。そんな凄いスコアが プロの試合で最初に出たのは 1977年のことである。プロのトーナメントが行われるような難しいコースで そうした記録を出すのは 至難の業のはずだが、どの世界にも ギネス記録的な偉業をやってのける人は居るものだ。

米国 PGA の記録


そんな夢のゴルフスコア (59) を PGA ツアーで 最初に記録したのは アル・ガイバーガー選手 (Al Geiberger) で 1977/6/10 に行われた Danny Thomas Memphis Classic (今の Stanford St. Jude Championship) というトーナメントでの出来事であった。テネシー州 コルドバの Colonial Country Club の 9番ホール(最終ホール)で 彼は 最終ホールで 3m 弱 (正確には 8-10 foot) のパットを沈め、13 アンダー の 59 という PGA 史上初の 60 を切るスコアを出した。1977年のことだが、そのゲームは 当時 テレビの全国放送がなされておらず、かつ、地方のテレビ局にあったフィルムが火事で焼けてしまったということで、現在 ビデオで その様子を見ることは出来ないそうだ。なお、彼は この大会を 72, 59, 72, 70 というスコアで回り 優勝したが、60台のスコアが一度もなく優勝した唯一の PGA プレーヤーという記録も同時に達成し、その記録は 今でも破られていない。

なお、59 と言うスコアは アル・ガイバーガー選手の記録達成以降 以下の 5人が、それを達成しているが、Par 72 のコースで -13 の 59 を出した選手は、最初の 3人だけである。また、59 のスコアを出して優勝したのは 名前の後に (*) の付いた 3名だけである。因みに、欧州 PGA ツアーの最小スコア記録は 60 で、詳細は後述するが、日本ツアーでは 58 (-12) という記録がある。

59 を出した選手 - PGA の記録
選手 大会 / コース (Par)
アル・ガイバーガー
(Al Geiberger) *
1977 Danny Thomas Memphis Classic (2nd round)
Colonial Country Club (Par 72)
チップ・ベック
(Chip Beck)
1991 Las Vegas Invitational (3rd round)
Sunrise Golf Club (Par 72)
デービット・デュバル
(David Duval) *
1999 Bob Hope Crysler Classic (Final round)
PGA West - Palmer Course (Par 72)
ポール・ゴイド
(Paul Goydos)
2010 John Deere Classic (2nd round)
TPC Deere Run (Par 71)
スチュアート・アップルビー
(Stuart Appleby) *
2010 Greenbrier Classic (Final round)
The Old White Course (Par 70)
ジム・ヒューリック
(Jim Furyk)
2013 BMW Championship (2nd round)
Conway Farms Golf Club (Par-71)

しかし、皮肉なことに チップ・ベックは 1997年から 1998年にかけて 46試合連続の予選落ちで ツアーのシード権をなくしてしまったし(ただし、2006年にシニアで復活)、デービット・デュバルも 2001年の全英オープンの優勝後にスランプに落ち込み、2007年にはシード権をなくしてしまった。そうした意味では 59 の不気味さのようなものを感じざるを得ない。

一方、丸山茂樹選手が 2000年の全米オープンの予選で 58(29-29)という記録を出している。内容は Woodmont Country Club 南コース (6,539 yards) の パー 71 というコースで 11 バーディー、1 イーグルの 13 アンダーというものだ。しかし、残念ながら、予選のゲームであったことから PGA の公式戦の記録にはなっていない。(» 詳細)因みに、栃木県にある丸山選手のコース、ファイブ エイト (58) ゴルフクラブは このスコアにちなんで命名されたものである。 » ファイブ エイト ゴルフクラブ

また、フィル・ミケルソン選手 (Phil MIckelson) が 2004年の PGA Grand Slam of Golf というメージャー優勝者を招待して行うゲームで 59 を出したという記録もあるが、これもエキジビション・ゲームという位置付けで PGA の公式戦の記録にはなっていない。因みに、数々の記録を打ち立てているタイガー・ウッズでさえ PGA ツアーでの公式ベストスコアは 61 である。他にも ナイキ・ツアー(現在の Web.com Tour)で 1998年に Notah Begay III と Doug Dunakey という 2選手が 59 を出したと言う記録がある。


米国女子 LPGA の記録


実は、女子でも 59 を出した選手が居る。2001年の米国 LPGA ツアーの Standard Register Ping(於 Moon Valley CC)というトーナメントで アニカ・ソレンスタム選手 (Annika Sorenstam) が 59 を達成している。内容は 6,459 yard のコースで 全てのホールをパーオンし、ボギーなしの 13 バーディー (25 パット) だったが、パー・パットは 最も長いものでも 75 センチと言う素晴らしいラウンドだったそうだ。


ギネス記録


ロー・スコアのギネス記録は 2012年 5月 12日に 米国 オクラホマ州・オクラホマ・シティー郊外の Edmond にある River Oaks Golf Club(6698 yards - Par 71)で出た 55 (26/29 - 2 イーグル、12 バーディーの 16 アンダー) というスコアである。ミニ・ツアー(Golfweek National Pro Tour)で プレーをしている ライン・ギブソン(Rhein Gibson)が出した記録で、それまでの 57 のギネス記録を書き換えた。それ以前の記録は 米国 サウス・カロライナ州の Powdersville にある Southern Oaks G. C. で 57 というスコアをクラブ・プロのウェイン・マイヤー(Wayne Meyers)という人が出した記録で ツアー公式戦以外の記録だったが 最も低いスコアのギネス記録になっていた。

日本ツアーの記録

石川遼
さて、日本では 2010年 5月 2日の男子 ゴルフツアー、名古屋 G.C. 和合コース(6,545 yards / Par 70)で行われた中日クラウンズの最終日に 石川遼選手が 58(28, 30)の 12 アンダーを出して、首位に 6打差の 18位T からのスタートだったが、最終的に 2位に 5打の大差をつけて優勝した。この 58 というスコアは 世界の主要ツアー最小スコア記録として ギネス記録にもなった。その時のコースとホール・バイ・ホールのスコアは以下のとおりだが、12 バーディー、ノー・ボギーという内容である。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Out 10 11 12 13 14 15 16 17 18 In Total
370 523 449 170 426 370 181 398 374 3261 366 337 360 200 444 591 376 175 435 3284 6545
4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 4 3 4 5 4 3 4 35 70
3 4 4 2 3 3 3 3 3 28 3 3 4 3 3 4 3 3 4 30 58

それ以前の日本男子ゴルフツアーの最小スコア記録は 2003年のアコム・インターナショナルのファースト・ラウンドで 倉本昌弘選手が出した 59 (-12) であった。どちらも -12 で、そうした意味では 同等の記録だが、パー 5 が 一つ少ないコースで出た石川選手の -12 の方が 若干 難易度が高いという見方もある。

前述のように、米国 PGA ツアー公式記録は 59 (-13)、欧州 PGA ツアーの最小スコア記録は 60、アンダーの数で見れば 石川遼選手の記録は 米国 PGA の記録に 1打及ばない訳だが、パー 5 の少ないコースでは それだけ バーディーのチャンスが 少なくなるし、スコア的には 逆に 58 が 1打上回っていることになり、甲乙付け難い記録だと言えよう。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意