コンテンツ目次


パターの振り方、ストロークの仕方

パッティング・ストロークパターの振り方、ストロークの仕方には様々なスタイルがあるが、自分に最適なものが何かを深く考えたことがあるだろうか。例えば、右図のように、パターの振り方には、それをストレートに引いて出す インライン・ストロークと カーブした軌道上をヘッドが動くように振る スクリーン・ドア・ストロークとがあるが、貴方は どのようにパターを振っている(つもり)だろうか。完全にストレートなストロークを出来る人は極めて少なく、そのカーブの程度が小さいか、大きいか、そして、その時のクラブフェースの開閉が どの程度あるかであるが、比べると 個人差はかなり大きい。しかし、ボールをターゲットに対して如何に正確に転がすことが出来るかが重要な訳で、クラブを真っ直ぐに引いて、真っ直ぐに出すこと自体は重要でなく、その練習をすることには あまり意味がないものだ。

一方、ストロークが大きく、ゆっくりしたテンポでパターを振る人、その逆の人も居る。さらに、ストロークの大きさについては、バック・スイングの大きさ と フォワード・スイング、特に、ボールをヒットした後のフォロースルーの大きさに分けて見てみると面白い発見がある。つまり、フォロースルーが相対的に大きな人も居れば、小さな人も居るが、それぞれの打ち方には異なるメリットとデメリットがある。そして、その観点から 自分に最適なスタイルを発見し、それに磨きをかけることには 大きな意義があると言えよう。

ストロークのパターンまずは、右の 4種のストローク・タイプを見て欲しい。(1) と (2) の差は ストロークの大きさであるが、通常は 距離が長いパットでは ストロークは大きくなる。しかし、(1) と (2) が 同じ距離のパットのこともあり得る。つまり、(1) は ゆっくり目に、そして、(2) は 早目にパターを加速するように振っていれば、同じ距離のパットになる。当然、その場合の (1) と (2) のテンポは異なってくるはずだ。 例えば、松山英樹選手などは ツアープロの中でも かなり ゆっくりしたテンポで 大きなストロークをする選手である。

次に、テイクバック (B) の大きさと フォロースルー (F) の大きさの比に 注目して欲しい。(1) と (2) は、どちらも ほぼ 2 : 3 である。ヘッドの動きが 加速モードの状態で ボールを打とうとすると このように フォロースルーの方が 大きくなるのが普通で、多くのゴルファーは このようなパターンで この比率が 2 : 3 とか 1 : 2 位のストロークをしている。一方、(3) のように ボールを打ったら ストロークを早目に止めて フォロースルーを取らない ポップ・ストロークと呼ばれるスタイルでボールを打つこともできる。その代表的な選手が ブラント・スネデカー (Brandt Snedeker) 選手であるが、こうしたパターの振り方もあり得る。さらに、(3) の ポップ・ストロークまでではないが、フォロースルーがやや小さめで、B : F = 1 : 1 のような打ち方をするパターの名手も数多く居る。

さて、そこで そうした観点から、どの打ち方が自分に適しているかを考えて欲しいのである。どの位のテンポとスピードでパターを振るべきか、そして、B : F の比率を どの位にするのがベストかと言うことだ。パッティングの大原則に (A) 手とクラブヘッドの動きの関係において、手がクラブヘッドと一緒に動くか、クラブヘッドをリードするように動くようにストロークをし、フェース面を安定させること、(B) 転がりの良いボールを打つという観点から クラブヘッドが 加速モードの時にボールを打つこと、という二点がある。自分にとって (A) が重要であれば (3) や (4) の打ち方、また、(B) を重視すべきであれば (1) や (2) の打ち方を研究してみる価値があるだろう。

フォロースルーを大きく取らないスタイルは 手首の動きを抑制しやすく、リスト・アクションを何とかして方向性の精度を改善したいと考えているのであれば、そうしたスタイルを研究する価値があるだろうが、フォロースルー側を小さくすると ストロークのテンポが 早目になる傾向があるので、そうした側面にも注意をして色々な組み合わせを試してみると良いだろう。

また、やや大き目のテイクバックで ゆっくり加速するストロークをするメリットもあるが、テイクバックを大きくすると クラブヘッドを加速モードでゆっくり、スムースに振れずに距離のコントロールが不安定になる可能性もあるから、様々な側面から 自分にとって最も良いと思われるストロークの大きさとテンポ、そのパターンなどは研究すべきである。

自分に最適なパターの振り方、ストロークの仕方が どのようなものかという考えが纏まったら、それを何度も練習し、そのメカニクスを 頭で考えなくとも 繰り返し行えるようにすることが重要だ。実戦では メカニクスではなく フィーリングに自分の神経を集中させることが出来なければ良いパットは打てないと考え、練習を重ねる必要があろう。


はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP