コンテンツ目次




パターの構え方(スムースな動きの秘密)

このページのコンテンツ
• はじめに
• 一般的な テイクバック モーション
• グリップ プレッシャーの変化
• ソールを浮かせて構える方法
• ジャック・ニクラウスの場合
• ボールをパターの芯で 確り捉えろ
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


パットをする時には アドレスに入り パターヘッドをグリーン上に置くようにソールして、地面に付けた状態で セットアップをするのが一般的で、その後 テイクバックに入るモーションでは ソールを その状態から 直接 引いてストロークする方法と ソールを一度浮かせて 少し間を置いてから テイクバックに入る方法の二つのスタイルがある。

一般的な テイクバック モーション


ただ、多くの人は ソールを地面に付けた状態から 直接 テイクバックのモーションに入るスタイルでパットをしていることだと思う。クラブを宙に浮かせて静止した状態を保つのは力を要するし、パターヘッドが フラフラ動いて安定しないような状態になり兼ねないから、自然と ソールをした状態で 力を抜いて、パターを地面に置いて クラブを軽く握った状態から 直接テイクバックのモーションに入る方法を選択する人が多くなることは 良く理解できる。

グリップ プレッシャーの変化


ところが、ソールを地面に付けて 軽くグリップした状態から テイクバックに入る場合は クラブを動かし始める直前に グリップを強めて クラブを握るような動作が入るから、その動作の影響をストロークは受けることになる。また、個人差はあるだろうが、そうしたテイクバックでは 利き手の右手の関与が大きくなるし、グリップ・プレッシャーの変化も大きくなるはずだ。

パッティングでは、賛否両論があろうが、方向性を重視するのであれば、左手がリードする打ち方の方が安定するという考え方が一般的である。加えて、なるべく シンプルで安定度の高いパッティング・フォームを追及するのであれば、グリップ・プレッシャーの変化が最小になるような打ち方をすべきだと言う考え方が正論になるとも言える。

ソールを浮かせて構える方法


パターの構え方一方、ソールを浮かせて構えた場合は 手に力が入って、パターヘッドがフラフラ動いて安定しないと感じる人が多いと思うが、その点を考慮して ソールを地面に付けた状態からテイクバックに入るにしても、パターの重さの 100% を 地面にかけずに、その一部だけを支えとしてかける方法が考えられる。このソールを軽く地面に付けた状態からテイクバックに入るという打ち方は ソールを浮かせて構えた状態から動作に入るという方法に近いもので、そのアプローチの欠点を補いつつも、長所を生かすことの出来る打ち方と言えるものである。

ソールを浮かせると言うアプローチについては 個人差はあるようだが 当方が検証した限りでは ソールを浮かせる、もしくは、ほんの少し支える(触れる)程度に地面に付ける方法で打った方が より良い結果になるという事実が確認されている。

ところが、多くの人は そうしたことを考えたこともない というのが実態で、無意識の内にソールを地面に付けて構えて打っているのである。自分のパッティング・フォームを研究する上で ソールをどのように地面に付けるかということは 一度良く考えて見る価値のあるテーマのはずで、色々なパターンを これを機会に 是非 比べて研究して欲しい。

ジャック・ニクラウスの場合


因みに、ジャック・ニクラウスは 右上のイラストのようなスタイルで ソールを地面にまったく付けない構えからパットを打っていたが、彼はパターのシャフトがロープ または 細いガラスで出来ているつもりで 柔らかくパターをストロークしたそうだ。実際には、以下のように言っている。"I visualize the puttershaft as being extremely limber, almost as flexible as a length of rope, which means the only way I can get the clubhead to swing truly is to stroke putts very softly. If the rope image doesn't seem to be working, I'll replace it in my mind's eye with a delicate glass shaft that will shatter if I'm even a tiny bit harsh at the ball." そんな イメージの作り方もある。

ボールを パターの芯で 確り捉えろ


パターの浮かせ方さて、これから打とうとしているパットのラインとタッチ(ボールを打つ強さ)が決まり、パットの構えに入ったら 次にすべきことは 余計なことを考えずに ストロークをすることだが、ボールを打つ瞬間が イメージ通りの結果になるか 否かは どれだけ そのストロークに集中できたかに 大きく依存する。しかし、無心になって その瞬間に集中するということは 案外 難しいことだ。そこで、ストロークをする時に考えて欲しいことが パターの芯でボールを 確り 捉えることである。そのために大切なことに パターと芝との距離、即ち、ストローク時のパターの浮かせ方がある。ストロークをするにあたっては このパターの浮かせ方に注意して(右図参照)パターヘッドが 芝すれすれを スムースに動くように集中することが重要だ。

ダフってしまうことを心配するあまりに ヘッドを浮かせ過ぎてしまう人、また、アッパーブローで 順回転のボールを打とうと考えてストロークする人も パターとボールの当たるスポットが ヘッドの下の方になって スウィート・スポットを外す結果になる傾向があるから、そうならないように配慮して、ストロークをして欲しいのだ。パターヘッドの芯でボールを打つことは パットの成功率を上げるための必須条件だとも言えるから 極めて 重要なことである。パターヘッドを浮かせて構えるにせよ、少しグリーンに付けて構えるにせよ、ストローク時には パターヘッドが 芝すれすれを スムースに動くように集中して ボールをパターの芯で 確り 捉えることに配慮する。そんな意識を持って パットをしてみよう。パターの構え方の工夫と共に 研究して欲しいアイテムである。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意