コンテンツ目次

チップ ショットの基本と応用

このページのコンテンツ
• はじめに
 1) ボールの位置
 2) 手と腕の使い方
 3) クラブの落とし方
• 自分なりのチェック・ポイント
• 距離のコントロール
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


上手な人が 簡単に寄せて ワンパットで入れてしまうような チップ ショットが寄らずに 無駄なストロークを重ねている人も少なくないと思うが、そうした人の多くは 1) ボールの位置、2) 手と腕の使い方、3) クラブの落とし方、という三つの基本の何れかで 間違いを犯している 可能性が高い。

1) ボールの位置


ボールの位置まず 第一に ボールの位置だ。右図のようにオープンに構えたスタンスの両足のつま先中央(赤のボールの位置)に ボールを置く人が多いようだが それでは 背骨のラインより左(前)にボールを置くことになる。ボールは オープンに構える前の両足の中央から右足のかかとの間(グリーンの範囲内)に置くのが正しいポジションだ。ボールを左に置き過ぎると 無理な調整をしない限り(ダウン ブロー気味にスイング軌道で)クリーンにボールを打つことは難しくなるから要注意。低いチップ ショットで転がしたければ ボールを右側に、また、ボールを少し上げて打ちたければ その度合いに応じてボールを左に置けば良いことになる。ただし、繰り返しになるが、図のグリーンの範囲内にボールを置くことが原則である。

2) 手と腕の使い方


チップ ショット次は 常に クラブヘッドより先に(もしくは、一緒に)手が出るイメージで 体と腕を使って クラブを振ることである。イメージとしては、水の入ったバケツを両手で持って振る感じだ。その水をこぼさないように 腕を振ること(特に 左腕)が出来れば クラブヘッドは 手の少し後に出るような形になり、ボールをクリーンに打ってコントロール出来るはず。フォロースルーは バックスイングと同じくらいの大きさにし コックが リリースしないような形で フィニッシュすることだ。また、左右の手や腕の一方だけに(特に 右手に)力が入らないように気を付けよう。両腕に 50/50 のイメージでバランス良く力が入れば より高い確率でボールをクリーンに捕らえることが出来るが、右手に力が入り過ぎれば 通常 ダフってしまうし、左手に力が入れば トップになり易い。 手と腕の力を抜いて 右肩と左肩を均等に使う肩の回転を意識するようにすると良いだろう。例えば、左脚下がりや左脚上がりのライでは 知らぬ間に 利き手である右手主導で打つことになり易く、結果として 案外 ダフることが多くなるものである。従って、そうしたライでは 右手主導にならぬように気を付ける といった知識が 役立つはずだ。

3) クラブの落とし方


アプローチ最後は クラブを落とすポイントとクラブの落とし方である。ショットの時にクラブヘッドがアドレスした時の位置に戻り クラブのリーディングエッジがボールの真下の芝(地面)にコンタクトするというイメージ、即ち、右図(1)のようにクラブを落としていく人が多いと思うが、そのイメージではミスが多くなるはずだ。少しでも手前にクラブが入れば それでは ダフってしまうことになる。そうではなく、右図(2)のように、ちょうどボール一個分くらいボールの先の芝(地面)にクラブのソールの底が軽くぶつかるようにクラブを落とすのが正しいチップショットの打ち方のイメージである。この時に、クラブのリーディングエッジが芝に当たるようにするのではなく、ソールの底で芝をブラッシングするようにクラブを落としてやれば クラブの抜けが良くなり、ショットのリズムも良くなるだろう。 ここでも 水の入ったバケツを両手で持って振るイメージは役立つはずだ。

自分なりのチェック・ポイント


チップ ショットを学ぶ上で重要なことは、まず、何をコントロールすれば良いのかを理解することであるが、以上の三つの基本に注目してショットの打ち方のファンダメンタルを確りと身に付ける練習をすることが第一である。

色々と練習で試して、自分でこれだと思うフィーリングで打てるようになったら、繰り返してその打ち方が出来るように、自分なりのチェック・ポイントを作って(場合によっては メモに残しておく)覚えるようにすると良いだろう。一度、覚えたつもりでいても また分からなくなってしまうのが ゴルフの難しいところだから。

距離のコントロール


以上のことが出来るようになったら、その次のステップとして、距離感とタッチを出すための感覚を養う練習である。5m、10m、15m といった距離をサンド・ウェッジと ピッチング・ウェッジで打って、そのイメージとフィーリングを覚えることから始めると良いだろう。ボールの上がり方、転がり方などを良く観察して見よう。アップヒル、ダウンヒル、そして、サイドヒルなど色々なライからのショットにも実戦では出くわす訳だから、そうしたことを考えた練習も、機会があればしておこう。特に、左上がりや左下がりのライでは 前述 2 のポイント(右手主導にならぬよう)に注意しよう。加えて、8番や 7番アイアンを使った時の感覚についてもチェックして欲しい。

一通り 前述のチェックと練習が終わったら、自分で最も自信を持って打てる打ち方を 2-3通り選び、それを自分の得意なショットとして、さらに磨きをかけるようにすれば良いだろう。また、それらのショットを 実戦で どのように応用したら良いのかについて学ぶことも、次のステップとしては 重要なことである。 » チップ ショットの練習法

以上のような練習と学習をすることで、グリーンを外しても 簡単に寄せて ワンパットで入れるというようなことが出来るケースは 断然多くなるはずだから、色々と研究して見て下さい。


はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP