ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > チップ・ショットの練習法 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

チップ・ショットの練習法


ツアープロは パーオン出来ない時でも グリーン周りのボールを高い確率でピンに寄せて ワンパットで入れることが出来るので、セーブしているケースが多い。チップ・ショットによるリカバリーショットにおいて プロとアマチュアの大きな差は思ったとおりにボールを転がす能力と どのようなショットを選択するか という判断能力にある。


どんな時でも、幾つかの選択肢の中から最も成功率が高いと思われるアプローチを選択することがポイントだが、加えて、ボールの転がり方を間違えなく読む能力も大切だ。特に、どのようにすれば必要な距離を高い確率で正確に出すことが出来るかという読みと判断がポイントになる。つまり、グリーンのスピード、硬さ、アンジュレーションなどを見て、どこに、どのようなボールを落としてボールを転がしてやれば、読み通りにボールが転がってピンの近くに止まる確率が高くなるのかを判断する能力で、その点において、プロとアマの能力の差は大きい。

平均的ゴルファーの場合、サンド・ウェッジ、ピッチング・ウェッジ、8番アイアンなどのチップショットの打ち方をある程度マスターしたら、その使い方を覚えることが、プロのセーブ率に近づくための第一歩だ。それぞれのクラブで打ったチップショットのボールの上がり方と転がり方を良く理解することが重要である。グリーンの状態やショットを打つライによってボールの上がり方や転がり方が異なってくるので、その点についても十分な知識を持つことが必要だ。例えば、前上がりのライからショットを打てば、ボールは平らなライから打った時よりも高く上がるので距離が短くなるし、硬いグリーンでは ボールが落ちた時に減速せずに転がるので ピンをオーバーしやすくなるといったような現象に関する知識である。

異なったクラブによるチップショットのボールがどのように転がるかを一通り理解できるようになったら、その使い方を覚えることが次のステップである。チップショットは、ボールの転がりが予想しやすい 平らなところにボールを落とすことがポイントであり、また、他の条件が同じであれば、ボールをなるべく転がした方が距離を合わせ易くミスショットのダメージも小さくなる訳だから、サンド・ウェッジよりピッチング・ウェッジや 8番アイアンなどで転がして寄せることが出来るのであれば、そうしたアプローチを選択することが基本である。

一方、サンド・ウェッジやロブ・ウェッジのチップショットは、バックスピンの影響やボールの跳ね具合などを正確に予測してコントロールすることが難しくなるから、必要のない時は使いたくないショットであるが、ボールを高く、柔らかく上げて打たなければピンの近くにボールを止めることが出来ない 速いグリーンでの距離の短いチップショットや深いラフからのショットなどでは、必要になってくるショットであるから、そうしたショットの打ち方も良く練習し、必要に応じて使えるようにしておくことが望ましいのは言うまでもない。

いずれにせよ、チップショットの練習は、ただボールを打つだけの練習に留まらず、打つ状況によってどのようにボールが転がるのかを良く理解できるような練習をしておくことも必要で、基本となるクラブ(例えば、サンド・ウェッジ、ピッチング・ウェッジ、8番アイアン)を色々なライから打ってみる練習やボールの位置を変えて打つ練習などもしながら、実戦で正しいショットの選択が出来る能力を身に付けることが大切であろう。 » チップ・ショットの基本と応用

商品リンク(ウェッジ)

トップに戻る

• タイトリスト (Vokey) ウェッジセール実施状況 • テーラーメイド ウェッジセール実施状況
• クリーブランド ウェッジセール実施状況 • ミズノ (MIZUNO) ウェッジセール実施状況
• キャロウェイ ウェッジセール実施状況 • ピン (PING) ウェッジセール実施状況
• フォーティーン ウェッジセール実施状況 • ブリヂストン ウェッジセール実施状況
• ナイキ (NIKE) ウェッジセール実施状況 • キャスコ (KASCO) ウェッジセール実施状況


 
 
GDO 週間売れ筋トップ20
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP