コンテンツ目次

パットを外さないための秘訣

このページのコンテンツ
• はじめに
• パットが外れる理由
• 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す
• スピードの調整
• 一定のスピードで パターを振る
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


何故パットを外すのか(?)という理由を 深く考えたことがあるだろうか。どうも、その理由をあまり深く考えたことがない人が殆んどのようだが パットが外れる理由が分からなければ その改善方法も考え付かない訳だから パットを外さないための秘訣は そこに 隠されているとも言える。

パットが外れる理由


パッティングパットが外れる理由は 大きく 二つある。つまり、1) 狙った方向にボールを転がせないこと、2) 意図したスピードどおりにボールを転がせないこと である。勿論、グリーンの読み方が間違っていたら 思うように打っても入らない訳だが とにかく 1) と 2) の点で どうしたら狙い通りに ボールを転がすことが出来るか ということを考えるべきだ。もう少し 掘り下げて考えると 真っ直ぐなラインのパットを打った時に ボールが狙った方向に転がらない理由は 二つある。つまり、1-a) パターの軌道、1-b) フェースの向き。また、思ったようなスピードでボールを転がせない理由も二つ、即ち、2-a) ストロークのスピード(強さ)、2-b) クラブフェースのどこ(芯)でボールを捕らえているかと言うことである。

真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す


以上のことが上手く出来れば グリーンの読み方が間違っていない限り ボールは 狙い通りに転がるはずだ。ただし、別途「パットの理論」でも説明したように 前述の 4つの原因の一つである 1-a) パターの軌道は 最も重要性の低いもので 多少 真っ直ぐに動いていなくとも フェースの向きがスクウェアーになっていれば ボールは ターゲットから外れることは 殆んどない。しかし、意識している いないに係わらず、パターを真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出すことに注意を払っている人は 多い。(詳細は パットの理論 1 を 参照

スピードの調整


一方、ゴルフをある程度やった人の多くは パットをする時のボールのスピード、距離感の重要性について 十分認識しているから パットの途中で ストロークの強さや スピードを 多くの場合 無意識に行っていることが多いが 合わせようとする傾向がある。つまり、インパクトの瞬間のボールを打つ強さを意識しながら ストロークの強さを調整して パットをする人が多いと言うことだ。そうした意識で パットをすれば フェースの向きが インパクトの瞬間に スクウェアにならない確率は 間違いなく 高くなる。

一定のスピードで パターを振る


しかし、以上に説明したような思考パターンが パットを外す原因になっているとは 思ったこともない人が多い。パットを外す最大の理由は 多くの場合が クラブフェースの向きをおかしくさせてしまうからで パット 特に 入れたいと感じる距離のパットを外さないためには 前述の思考パターンの下に ストロークをしないことだ。 何故なら、クラブを真っ直ぐに引いて 真っ直ぐ出そうと考えて ストロークを調整したり、ボールを打つ強さを インパクトの瞬間を意識して 調整しようとする行為が クラブフェースの向きをおかしくさせる最大の原因だからである。

意識の持ち方
そこで試して欲しいのが パターヘッドの軌道は 無視して パットのインパクト前後の 30cm とか 40cm 位の振り幅のストロークが 一定のスピードになるよう パターを振ることである。その振り幅では パターを加速も 減速も させないと言う意識で ストロークするのである。実は 何も考えずに パットをするのは 難しいことで 何かを考えてしまうのが 人間である。であれば クラブフェースの向きをおかしくさせ難いことを考えるようにしようと言うのが この一定のスピードで パターを振ると言うアイデアである。一度 パットのストロークの大きさと スピードを決めたら それで 一定の振り幅では パターを加速も 減速も させないと言う意識で 単純に ストロークするだけである。

どの位の強さ(スピード)で打ったら良いのかは アドレスに入る前に 確り 確認する必要があるが 一度 その強さ(スピード)のイメージを作ったら そのイメージ通りに 一定のスピードで クラブを振ることだけを考える。パターのヘッドが ボールに当たる瞬間を意識することなく「スピード一定」に集中する。ボールを打つ瞬間を意識した 思考は ミスの原因だから 繰り返しになるが 一度 アドレスに入ったら ストロークのメカニズムについては 一切忘れ 一定のスピードで パターを振ると言うことだけに集中する。そして、インパクトの瞬間を意識せずに ストロークを 出来る限り シンプルにする。それが より多くのパットを入れる秘訣なのだ。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意