コンテンツ目次

腕の振りと体重移動

ゴルフクラブは 腕と手を使って振る訳だが その時の体の回転 所謂 ボディーターンと体重移動が 重要な役割を果たしているのは ご承知の通りである。クラブヘッドのスピード、そして、その動きの安定性は 腕の振りに大きく左右されるが、腕の振りに 直接影響を与える 適切な体の回転運動と それを支える体全体のバランスを保つために必要な体重移動を上手く行うことが 効率の良いゴルフ・スイングをするためには不可欠になる。そして、その体重移動と体のバランスの維持が上手く出来なければ スイングの安定性とヘッド・スピードのアップを確保をすることは難しい。

腕の振りと体重移動正しいゴルフ・スイングのメカニズムは 回転運動がベースだが まずは その回転軸を安定させることが重要で 体重移動は その回転軸がフラフラしないよう 行うことが基本だ。そして、肩を 回転軸、即ち、背骨に対して出来るだけ 直角に回転させ、左肩の付け根を基点に 左腕をプロペラの羽のように振ることでパワーと安定性が確保される訳だ。腕だけでクラブを振り上げて肩が十分に回転しなければ 腕を前述のように振ることが出来なくなるから 安定した効率の良いスイングは 出来なくなる。つまり、スイングを通じて 背骨が 左右に あまり動かないように 体を十分回転させ 肩が背骨に対して直角な位置関係を保つイメージで 遠心力を上手く利用して 腕を振ることがポイントである。

体重移動と言うと左右に体を移動させること と考える人も居ると思うが 正しいゴルフの体重移動は 力強い体の回転運動を行うために必要なもので 水平方向への頭(即ち、肩の回転の中心となる首の付け根)の動きは 最小限に押さえるべきである。

正しい体重移動の概念を理解するために この場で簡単に出来る実験をしてみよう。まず、アドレスの姿勢で左右の脚に 50/50 のイメージで体重を 乗せてみよう。そこから 左右への体の動きが 最小限になるようにして 右脚の方に 70% もしくは 80% くらいの比率で体重をかけるように体重移動を行ってみよう。また、逆に、70% ~ 80% の比率で 左脚にかかる体重が大きくなるように体重移動も行ってみよう。

そこで 気が付くことは 体を大きく左右に大きく動かさなくとも 体重移動は 簡単に出来るという発見(もしくは 再確認)のはずだ。ただし、実際に 右足の下に体重計を置いて 体重移動の量を計測してみると 60% くらいの体重を右脚側に乗せた時の感覚は 個人差は 多少あろうが 70% 程度に感じるもののようではある。

また、上述の左右への体重移動の実験の時に 頭の位置が左右に動かないようにして 腰を左右に移動させてみよう。体重移動が起こらないように 腰を左右に動かしてみたり 腰を左に動かしておいて 体重を左右に移動させてみたりもしてみよう。今まで 考えたこともない 自分でも驚くような発見をする人も居るはずだ。

体重移動さて、上述の実験の後に、もう一度、冒頭でお見せしたゴルフ・スイングのイラストを見てみよう。トップで体重は 右脚に どの位移動しているのか? また、ボールを打った直後では どのようになっていれば良いのか?

そこで、重要な概念が STAY BEHIND THE BALL(頭を残す)ということである。脚で支える体重は トップでは 右脚が中心になり ボールを打った直後では 左脚という左右への体重移動と言うべき現象(ピンクとブルーの矢印)が 起きているとも考えられるが 体の重心という観点から体重移動を見ると ほとんど移動が起きていない(黄色の矢印)という状態を作ることが望ましいという考え方になるはずだ。ただ単に 体重を移動させれば良いという考え方を漠然とイメージしている人は 少し 考え方を変える必要がある。

左肩を 左から右、右から左へと回転させ、同時に 左肩の付け根を 基点に 左腕をプロペラの羽のように振る場合、その動作の反作用として体を押す力が生じるから それに対して 下半身の踏ん張りが必要になる。フォワード・スイング時の 右から左への下半身の体重移動とでも言うべき動きは そのカウンター・フォースとして 全体のバランスを取ってくれる という効果もある。そして、体重移動を そうした観点から行って見ると スイング全体のバランスが より良くなるだろう。

ゴルフ・スイングでは 回転運動を支える下半身を安定させることが 極めて重要だが、下半身の安定は 右足を 確り踏ん張ること、そして 力強い 体の回転運動をするためには 左の腰を引く動きや右足を蹴るような動作が 必要になる。また、個人差もあろうが 体重移動に 併せて 重心を ほんの少し 左右に移動させることが 良い結果をもたらすことも考えられるだろう。ただし、そうした右足の蹴りや重心の多少の平行移動は あくまでも 体のスムースで力強い回転運動をサポートするために必要な動作と位置付けられるべきでものである。

他方、重心の平行移動が ある程度以上になった場合は 回転軸が左右に大きくブレる訳だから 正確性の面でも スピードの面でも 効率の悪いスイングになってしまうことは明白である。良いゴルフ・スイングに必要なものは 正確さとスピードであり重心の平行移動は それらに 基本的には 悪影響を与えるものだから そうした点を 良く考えて 行うべきである。

少し分かり難い説明になったかも知れないが、体重移動と重心の平行移動という概念については 間違った理解をしている人も少なくないと思うので 前述の点を踏まえて 間違いのないよう もう一度 頭の中を良く整理して欲しい。(» 詳細)そして、その上で 肩の回転と腕の振り、さらには 回転体の重心 及び 体重移動の関係について 十分 研究して欲しいものである。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP