コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

体重移動と 重心移動

このページのコンテンツ
• はじめに
• スイングの基本は 回転運動
• 一般的な体重と重心の移動
• 最小限の重心移動
• 下半身と上半身のバランス
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


Harry Vardonスウェイや リバース ピボット(明治の大砲とも言う)をする人は 少なくないが そうした問題は 体の重心が左右に 明らかに間違った動きをすることによって生じるものである。しかし、それらの問題が顕著に見られない人でも 体重移動と 重心移動が 上手く行えていないことは 珍しくない。

実は 体重移動と 重心移動の関係 そして それが自分のゴルフ スイングに どのような影響を もたらすか という観点から ゴルフ スイングを研究することで ショットの安定性が格段に良くなる可能性が高いのである。特に、ドライバー ショットが安定しない人は この問題について 様々な試行錯誤を 試みる価値があるはずだ。

スイングの基本は 回転運動


理想的な ゴルフ スイングを考える時に まず始めに着目すべきことは ゴルフ スイングの基本が 回転運動であると言うことだ。もちろん、実際のゴルフ スイングには 横や 縦の 所謂 直線運動も含まれる訳だが、追求すべき理想のゴルフ スイングが リピータブルなスイングだとすれば、なるべく単純な回転運動の組み合わせで ゴルフ スイングを構成させることが正しいはずだ という考え方になる。そして、安定した回転運動をするには 回転体の重心を 常時 回転軸の上に置けば良いと言う考え方になり、それが出来れば、体(主に 上半身)を バランス良く しかも 早く回転させることが容易になるから 正確で 力強いボールが打てると言う理屈だ。

しかし、ゴルフの回転運動は コマのように左右対称で一本足で回転する物体の回転運動とは 異なるから 様々なことを考慮する必要がある。当然、回転運動をする以上、重心の位置が重要になってくる訳だが 同時に 腕とクラブを振ってボールを打つ という行為をするのだから そうしたものの回転を考える上で 重心の位置が どうのように コントロールされるべきかを考える必要がある。そして、その時に必要なことが 腕とクラブの振りに合わせて 下半身をどのように動かすべきか、特に、体重移動についての考察である。

一般的な体重と重心の移動


体重を バック スイングで(右利きの場合)右足に乗せ、フォワード(ダウン)スイングで それを左に移すと考えている人が多いと思うが、そうすることで 普通は 体の重心が 同様に左右に動くことになる。クラブを 右に引いて 上半身を捻り、腕を振り上げる訳だから 上半身の重心はバック スイングで右側に さらに シフトするはずだ。そこから、フォワード スイングでは 右足で蹴る動作と腕を振る動作を行うから 上半身の重心は左に大きくシフトするのが 一般的だ。

(A)
移動 スイング バック フォワード
上半身(重心)
下半身(体重)
つまり、重心が左右に大きく動くのだが、その関係を テーブルに纏めると右のテーブル (A) の通りで、バック スイングで 右足に体重を乗せ、腕を振り上げることで上半身の重心は右へ大きく移動し、それがボールを打つ動作の時に左側に移動する訳だ。

この上半身の重心の左右への大きな移動がある限り、前述の安定した回転運動をすることは不可能になるから、上半身の重心移動が ミニマムになるような工夫が必要になる。そして、その時に着目して欲しいのが、上半身の重心移動だけでなく、上半身と下半身のバランスである。

最小限の重心移動


この上半身の重心の左右への大きな移動がある限り、前述の安定した回転運動をすることは不可能になるから、上半身の重心移動が ミニマムになるような工夫が必要になる。そして、その時に着目して欲しいのが、上半身の重心移動だけでなく、上半身と下半身のバランスである。


(B)
移動 スイング バック フォワード
上半身(重心) 不動(左) 不動(右)
下半身(体重)
上半身の重心の動きを 最小限にするには下半身が右に動くとすれば 上半身を それとは相対的に 反対方向に動かせば良い理屈になる。つまり、バック スイングで 右足に体重を移動して乗せるのなら 上半身の重心を左に動かせばバランスが取れるという発想が生まれ、右のテーブル (B) のようなスイングをする人も多く居る。

ゴルフ スイング (A)ただし、その場合、頭の位置は動かず、上半身の左右への重心移動は最小限になるだろうが、バック スイングでは腰が右に動き、左肩が多少下がって、右のイラストのような トップの形になるだろう。ここから、フォワード スイングでは腰が左にシフトするが、同時に 頭を残せば 背骨は大きく傾いて、肩の回転面も 大きく変わるスイングになり、ショットの安定性を高めるという観点からは疑問が生じるものになる。つまり、上半身の重心移動は少なく出来るが、究極の目的である スイングの安定性を高めることは難しくなる。

下半身と上半身のバランス


(C)
移動 スイング バック フォワード
上半身(重心) 不動 不動
下半身(体重) なし なし
一方、下半身の体重移動をなくせば 上半身の重心移動を ミニマムにすることは 容易になるという考えで 下半身の使い方を工夫するという発想が生まれる。しかし、ゴルフ スイングでは腕を振る訳だから、体の全ての部分で重心移動を最小限にするということは出来ない訳で その調整を どうするかという問題がある。

そこで、その問題に対処するために バック スイングで上半身の重心を 少し左サイドに動かして対応するという発想が生まれる。バック スイングで 少し体重を左に乗せるようにすれば 腕の動きによる重心の移動に対応できると言う考え方だ。

(D)
移動 スイング バック フォワード
上半身(重心) 不動(右) 不動(左)
下半身(体重)
つまり、右のテーブル (D) のように バック スイングで 左足に体重を乗せ、フォワード スイングで それを 右に動かすと言う組み合わせであるが、クラブを右に引いて 上半身を捻り、腕を振り上げれば上半身の重心はバック スイングで右にシフトするから、それを下半身の動きで相殺するという発想だ。

二つのゴルフ スイングの比較このようなスイングは (B) の発想とは下半身の体重移動と言う観点からは真逆になるものである。バック スイングで下半身の重心を左に移動させると言うことは 腰を少し左にシフトさせて左足の方に体重を乗せるイメージであるが、それを腕の振りと同時に行うことで トップまで上半身の重心を ほぼ不動にすることが出来るという理屈で、トップでは 右のイラスト (D) の形が出来上がる。ここでは (B) と (D) の形の違いを 良く確認して欲しい。

(D) のトップの形が出来れば、フォワード スイングでは 右足で蹴って下半身の体重を さらに 左にシフトさせるような動きをするが、左足はその力を確り受け止めて踏ん張る形になるから、腰の左へのシフトは 小さく抑えられるはずだ。従って、(B) で問題になった腰が左に大きくシフトし 頭を残すから 背骨が大きく傾いて 肩の回転面も 大きく変わるスイングになると言う問題点は大幅に改善されよう。

いずれにしても、下半身と上半身の動きを どのように バランスさせるかという観点から下半身の体重移動、そして、上半身の動かし方というものを カウンター・バランスの発想を持って研究して欲しいのだ。無意識にボールを打とうとすれば、普通は バック スイングで どちらの重心も右に移動するもので (B) のようなトップになるが、どのように (D) の動きを取り入れたら右への上半身の重心移動をミニマムにすることが出来るかを 考えて見よう。また、フォワード スイングでは(頭を 残すようにすることが有効と言われるが)上半身の重心が 重要な回転運動中に左へ移動しないような工夫も 併せて 研究して欲しい。

バック スイングを 始動する時には腕とクラブを(右利きの場合)右に動かす訳だから、上半身の重心は一緒に右に移動しようとするものだ。多くのゴルファーは、無意識の内に、左右への動きを抑えようとするから上半身は反対方向に動くような形になって 頭が少し左に動き、左肩が下がるようになるものである。さらに、右足に体重を乗せるようにすれば 腰が右にシフトする形になるから、場合によっては イラスト (B) 以上に腰が右に動いている人も居るだろう。そうした傾向はシャフトが最も長く、遠くに飛ばそうという意識が強く働く ドライバー ショットの時に最も顕著に見られるものである。特に、ドライバー ショットの練習では (B) と (D) の違いを思い出して 体重移動と重心移動という概念に配慮して 色々な研究をしてみよう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加





www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP