コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

ボールの位置と クラブヘッドの置き方

このページのコンテンツ
• はじめに
• 正しいボールの位置
• 体重のかけ方と重心の位置
• クラブヘッドの置き方
• インパクト時のフェース面の向き
• ボールを曲げたい時
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


アドレスした時のボールの位置、スタンスの取り方、左右の脚への体重の乗せ方と重心の位置 そして クラブの握り方(グリップ)とクラブ ヘッドの置き方など、セットアップの仕方についての理解を深めることは ゴルフ上達の上で 大変重要なことであるが 案外 軽視されていることが多いようだ。ここでは そんなボールの位置とクラブヘッドの置き方というテーマについて 少し掘り下げて考察してみたい。

正しいボールの位置


正しいボールの位置まず、ボールの位置については 従来 二つの考え方がある。即ち、(1) 右利きの人がドライバーを打つ時は、ボールが左足かかとの内側の前に来るようにスタンスを取り、ショート・アイアンでは スタンスの中央、また、他のクラブは スタンスの広さに応じて 相対的に中央よりやや左側に置くというもの、そして、(2) ボールは、どんなクラブでも左足かかとの内側の前に置くようにし、スタンスの広さを 長いクラブでは広く、そして、短いクラブでは狭くする(ベン・ホーガン流)というものである。ただ、最近では (1)のように教えるのが一般的で、加えて、ドライバーでも 体重移動をミニマムにするのであれば ボールを 左足かかとの内側より 少し内側に置くという理論もある。

また、スタンスの幅や向き(オープン、スクウェアー、クローズドなど)については 大きなクラブではスタンス幅を広くし、短いクラブでは狭くするのが一般的で、ベン・ホーガンなどは、大きなクラブでは クローズドに、そして、小さなクラブではオープンにスタンスを取って セットアップするのが良いとも言っている。

体重のかけ方と重心の位置


しかし、良く考えて見ると、ゴルフのアドレス、つまり、セットアップの仕方を考える上で考慮すべきことは ボールの位置とスタンスの取り方の他にも色々とある訳で、それらの条件を変えることによって、例えば、ボールの位置の考え方も変わるべきである。

例えば、左足に より体重を乗せるようにして体の重心(おへその少し下にある)の位置を少し左寄りに置いた場合は、ボールの位置も、重心の真下くらい(真ん中より左)に来るようにすれば良い訳である。 基本的に アイアン・ショットの場合は スイングのほぼ最下点か それよりも少し右にボールが来るようにスタンスを取って構えれば良いことになる。つまり、ベン・ホーガンは ショート・アイアンは より左足体重で打つべきで ボールの位置は応分に左足寄りにすべきだという考え方である。

一方、前述もしたように 最近では ドライバーでも 体重移動をミニマム(フォワード・スイングで 腰を大きくスライドさせないスタイル)にするのであれば、ボールを 左足かかとの内側より 少し内側に置くという理論になるのは むしろ 自然なことだと言えよう。上述の (1) と (2) という二つの理論が良く知られて入るものの、それ以外にも 異なる考え方が存在するのは、そうしたことを理解すれば 不思議なことではないのである。

クラブヘッドの置き方


ところで、同じように クラブを握っても 手と腕を何処に どのように置くかによって クラブ・フェースの向き、そして、ソールの据わりは 変わってくるものだ。手の位置を 前後左右に、また、腕を 少しロールさせたりすることで クラブ・フェースの向きは大きく変わるが、フェースが スクウェアーで ヒールや トーなど ソールの一方が浮かずに 確り 地面に接地するように クラブを置くのが 基本である。正しくクラブが置けなければ、クラブを正しいスイング・プレーンに乗せるように引くことは 必然的に 難しくなる。

フェース面の向きに関しては、アドレス時の見た目の問題だけでなく、インパクトで クラブ・フェースが スクウェアになるようにセットアップするという観点から理解を深める必要がある。つまり、同じクラブの握り方をしても、手と腕の位置一つでクラブ・フェースは、オープンにもクローズドにも見える訳だから、本当に スクウェアな構え方というものが何なのかを良く考えてみる必要があると言うことだ。

インパクト時のフェース面の向き


写真で (1)が スクウェアだと考える人が多いと思うが、必ずしも そうではないのである。つまり、ボールを打つ時、即ち、インパクトで シャフトがどの程度ハンド・ファーストになるのかを考える必要があるからだ。ハンド・ファーストのインパクトになるとすれば (1) のようなアドレスで クラブと腕をセットすれば、インパクトで クラブ・フェースは (2) のようにオープンになるのが 自然と考えるべきである。従って、インパクトでスクウェアにしたいのであれば(インパクトでハンド・ファーストの形が出来るか否かの疑問は残るが)アドレスでは (3) のようにセットアップするか、(4) のようにする必要があるという考え方になる。(写真のハンド・ファーストの度合いは分かり易くするために強調しているので、ご了承下さい。)

セットアップの仕方

スライス・ボールが出る理由は 基本的に アウトサイド・インのスイング軌道が原因であるが、(1) のようにセットアップをしている人は 正しいスイング軌道をしても 幾分スライスになるという理屈である。スライスに悩んでいる人の中には、こうしたクラブの握り方やセットアップの仕方に問題がある人も居る訳だ。自分のスイングのインパクト時の手とボールの位置関係を考えて、アドレスで手と腕を何処に置き、フェースをどのような向きで置くのが良いのかを考えるべきである。

例えば、バンカー・ショットでは (5) のようにセットアップすれば、クラブ・フェースはインパクトの時に よりオープンになって、ソールを上手く使ったショットが出来るのである。バンカー・ショットではハンド・レートに構える。その理由は、以上のような手の位置とフェースの向きの関係があるからである。

アドレス時のフェースの見た目については、さらに 考えて欲しいことがある。例えば、(4) のようなセットアップをする人は、常に、自分は 幾分 フェースをクローズドにしていると思っているのが普通で、それで真っ直ぐにボールが打てると考えている訳だが、実は、フェースは ほぼ スクウェアなのである。しかし、自分は フェースをクローズドにして構えているという意識があれば、色々な意味で方向感覚を狂わせる原因になるだろう。従って、そうした見た目と思い込みの問題を解決できるよう、色々な工夫が必要になる。少し ハンド・ファーストなセットアップに変えるか、ワッグルなど、テイクバック前の動きの中に視覚的によりスクウェアなイメージが湧くようなモーションを入れる工夫をすることを オススメしたい。

ボールを曲げたい時


さらに応用問題になるが、インテンショナルなフックやスライスを打ちたい時は、以上の理屈を利用してよりフェースが意図した方向を向くようにすると良いだろう。つまり、フック・ボールを打ちたいのであればハンド・ファーストに構えるべきだし、スライス・ボールならハンド・レートに構えれば良い訳だ。

このようにセットアップの仕方に関与する要素は多いが、重要なことは、1)体の重心とボールの正しい位置関係を確保すること、2) スイングを通してクラブ・フェースがボールとターゲットに対してスクウェアーな関係を維持できるようなクラブの握り方(グリップ)と構え方(特に、クラブヘッドの置き方)、そして、スイングが出来るように工夫することである。

スイングを通じて体の回転の中心がどこにあるのか、そして、クラブ・フェースの位置と向きがどのようになっているのかということが 正しく感じられるようになれば、良いショットが出来る訳だから、それが出来るようなセットアップの仕方ということを考える意義は大きいはずだ。

中・上級者の人には、前述もしたインテンショナルにフックやスライスを打つ時のクラブの握り方、グリップの仕方についても、以上の考え方を応用して 意図したショットに適したセットアップの仕方が どうあるべきかということも 研究して欲しい。

最後に、スライスに悩んでいる人へのアドバイスであるが、そうした悩みのある人は、クラブの握り方(グリップ)とクラブヘッドの置き方について良く見直して欲しい。右手の V が右肩を指すように握っていても、実は ウィーク・グリップの構えになっている可能性が高いから、クラブを握る時にクラブのグリップを左腰の前に置いて(シャフトが左に傾くようにして)グリップをするようにすれば ストロング・グリップでクローズド気味にクラブを握りやすくなるから 良い結果が期待できる可能性が高くなろう。逆に、インテンショナルにスライスを打ちたい時は 右腰の前で(シャフトが右に傾くようにして)グリップするようにすれば ウィーク・グリップでフェースをオープンにしてクラブを握りやすくなるという理屈である。

いずれにしても、重要なことは、バック・スイング、そして、フォワード・スイングを通じて クラブ・フェースがスクウェアに(ボールを曲げたい時はそのように)なるイメージでクラブが振れるようなセットアップが出来るようにするこで、それが何時も上手く出来るプリショット・ルーティーンを確立することも研究して欲しい。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP