コンテンツ目次





アリソン・バンカーのお話

このページのコンテンツ
• はじめに
• チャールズ・アリソンの生い立ち
• Colt, Alison & Morrison Ltd.
• アリソンとパイン・バレー G.C.
• アリソンが 日本に残したもの
• 参考資料
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


廣野 ゴルフクラブや川奈・富士コースなど、超名門コースの設計家として日本では良く知られている チャールズ・アリソン (Charles Hugh Alison) だが、世界的に 彼の知名度は 意外に高くない。そんなアリソンが 日本に残したものの一つに 彼が設計したゴルフコースに点在する 深くて 顎が高い バンカー、所謂、アリソン・バンカーがある。

チャールズ・アリソンの生い立ち


アリソン(ニックネーム "ヒュー")は 1883年 3月 英国に生まれで オックスフォード大学に進み 神学を学ぶと同時に ゴルフ と クリケットの選手として活躍したが 学校は 中退。一方、彼のキャリアは 1906年、23歳の時に ハリー・コルト (Harry Shapland Colt) と アリスター・マッケンジー (Alister MacKenzie) が その前年に パートナーシップで スタートさせた ゴルフコース設計会社に 入社することで 始まった。コース設計の仕事を 14歳年上で コース設計のベテラン、コルトのアシスタント的なポジションでスタートしたが 数年の内には コルトの右腕的な手腕を身に付けるに至り コルトと 共同経営者の関係になるまでになった。その後、コルトを中心とする アリソン、マッケンジーのグループに モリソン (John Morrison) が 加わり 四人のエリート・デザイナー集団となるが このグループは 世界中のゴルフ場建設、改造プロジェクトを 300以上も手掛け、素晴らしい ゴルフコースを造っていった。

Colt, Alison & Morrison Ltd.


実は、現在、世界ランキング・トップ 3 のゴルフコース、即ち、1. パイン・バレー (Pine Valley Golf Club)、2. サイプレス・ポイント (Cypress Point Club)、3. オーガスタ・ナショナル (Augusta National Golf Club) は 全て このグループ(Colt, Alison & Morrison Ltd.)が ゴルフコース設計の専門家として深く関与したコースである。

そのコルトに ゴルフコースの設計を依頼したのが 当時 東京の駒沢から 埼玉県の朝霞に移転を計画していた 東京 ゴルフクラブだった。その時 60歳を過ぎており 海外の仕事を引き受けていなかったコルトは 高齢を理由に 自分の代わりに 共同経営者で その時 47歳と 脂の乗り切っていた アリソンを 1930年の 12月に 日本に送り込んだのである。そして、アリソンは 来日し わずか 3カ月の滞在で 東京 ゴルフクラブの朝霞コース(現在はない)の設計を手掛けただけでなく 廣野 ゴルフ倶楽部など 計 3コースを設計し、加えて、霞が関 カンツリークラブ・東コース 他、改造計画を 4コースで行った。ただし、アリソンと一緒に来日した グリーン・キーパーで 工事現場監督の役を担った ジョージ・ペングレース (George Penglace) は アリソンが去った後も 日本に残り 工事遂行の指揮をとった。



アリソンとパイン・バレー G.C.


アリソンが 日本に来る 10年以上前のことになるが 第一次大戦 (1914-1918) 前のアリソンは 英国で コルトのデザイン・ワークをアシストしていた。戦争が始まると 彼は 暗号解読のスペシャリストとして従軍。そして、終戦した 1918年以降の暫くの間を アメリカに その活動拠点を移すことになった。当時、パイン・バレーのコースが コルトのアドバイスを受けながら 14ホールまで ほぼ完成していた時期であったが、そのクラブの創始者で 設計者でもある ジョージ・クランプ (George Arthur Crump) に 当時 35歳のアリソンは 会い、残りのコース(現在の #12, #13, #14, #15)設計業務の話を アドバイザーとしてし始めた。だが、その直後、クランプが 突然 死去したため このコースの建造作業は 一時頓挫したが、最終的には アリソンが 残りの設計業務の取り纏め役を引き受けることで 1922年に コースは 完成した。

パイン・バレーの設計における最終的なアリソンの貢献度が どの程度であったかは 諸説あり 定かでないが、アリソンは その最終ステージの設計業務で 中心的な役割を演じ、貴重な経験を積んだ。パイン・バレーの設計の精神は ジョージ・クランプ、設計のフレームワークは コルトだと言われ、アリソンの役割に対するクレジットは微妙なものであるが、この世界一のゴルフコースの設計に深く関与した経験が その後のアリソンの仕事に 大きな影響をもたらしたことは 疑う余地のないものだった。

ご存知ないかも知れないが パイン・バレーは バンカーだらけのコースである。例えば "Hell's half acre" と呼ばれる 7番ホールのバンカーは 砂浜のシーサイド・コースにあるバンカーを除けば ハーフ・エーカー (1800m²) という大きさで 世界最大のものだし、10番ホールのバンカー "The devil's asshole" は 脱出不可能とも思える深さのポット・バンカーである。そんなコースの設計業務に 1918年から 1922年の完成まで アリソンは 関与していた訳だから バンカーに対する造詣を深くしたのは言うまでもない。いずれにしても、この間を含め、アリソンは アメリカに 9年間滞在し 20コースの設計と多くの改造計画に携わった。彼の設計は コルト以上に バンカーの配置を中心に コースの難易度を高くするスタイルであったが それは パイン・バレーの経験に因るのではないかとも言われている。» パイン・バレー G.C. 写真集

Devils's Asshole



アリソンが 日本に残したもの


アリソン・バンカーそんな経験を積んだアリソンが来日したのは パイン・バレーのコースが完成して 8年後の 1930年、世界大恐慌の最中のことだったが、そのタイミングは 彼が コース設計家として 十分な経験を積んでいたと言うだけでなく、気力、体力ともに充実した ピーク時だったとも言えよう。そのアリソンが設計した日本のコースに 他のコースでは見られないような多種多様なバンカーが多数、巧みに配置されたのは むしろ 当然のことだが、中には 深くて 顎が高いバンカーが 強烈な印象を与えるスタイルで配置されたホールも造られた訳だ。そんなバンカーを 日本人は 何時しか アリソン・バンカーと呼ぶようになったのである。

アリソンは 日本を去った後、クワラルンプールの Royal Selangor の改造計画を行い、さらに、モロッコ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどのプロジェクトを手掛けた。その後、第二次世界大戦に 再び 暗号解読のスペシャリストとして従軍するが、終戦後は 南アフリカのヨハネスブルグに移住し、1952年、70歳で亡くなるまでの余生も 設計の仕事を続けたそうだが、その後 再び 日本を訪れることはなかったと言う。

実は 彼の名前が設計者としてクレジットされるコースで最も評価の高いコースは日本の廣野 ゴルフクラブ(世界 35位)である。彼は このコースが超一流の作品になるポテンシャルがあることを この土地を見た時に すぐに見抜いており、彼の直感は 現実のものになったのだ。また、わずか 3カ月の滞在中に手掛けた もう一つのコースである 川奈ホテル・富士コースも 世界の トップ 100 に名を連ねている。加えて 霞が関 カンツリークラブ・東コースの改造工事で出会った 井上誠一に多大な影響を与えたことで その後の日本のゴルフコースの設計に 彼の設計思想とテクニックが脈々と引き継がれていったことを知ったら 彼は 一体 何を思うのだろうか。アリソン・バンカーという ゴルフ用語まで生んだ 彼の功績は 日本のゴルフ史に 燦然と輝き続けることになったのだから。

参考資料


• The Colt Association - Charles Hugh Alison Biographies
• The Pioneer: Hugh Alison, the sadistic sidekick (Golf Course Architecture)
• George Arthur Crump: Portrait of a Legend - by Thomas MacWood
• アリソンの来日とその設計コース (JSGCA)

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP