コンテンツ目次


ピート・ダイ (Pete Dye)

ピート・ダイピート ダイ (Paul "Pete" Dye) は 世界的に 知名度の高い ゴルフコース設計家の一人であるが 実は 日本のゴルフコースの設計を数多く手掛けている。彼が 最初に 日本で設計を手掛けたコースは 栃木県の日光市にある ピート ダイ G.C. ロイヤル コースで 1988年に開場している。その後、彼か 彼の会社 (ダイ デザイン社) が設計に関与した ゴルフ場が 日本各地に 以下のとおり 次々と オープンした。ただ その一つで 茨城県にあった ヴィレッジ クラブ 大子 ゴルフコース は 素晴らしいコースだったが 残念ながら 2014年に閉鎖してしまった。それでも 彼が設計に関与した 計 21 の ゴルフコースが 日本のゴルファ-を 今も 楽しませている。

ピート・ダイ(ダイ・デザイン社)が設計した日本のコース・一覧

ゴルフ コース 名 所在地 開場
ピートダイ G.C. ロイヤルコース 栃木 1988
セントレイクス G.C. 三重 1989
かんなみスプリングス C.C. (注 5) 静岡 1989
エーデルワイス G.C. (注 4) 埼玉 1989
ピートダイ G.C. VIPコース 栃木 1990
オリムピック C.C. 山梨 1990
成田ヒルズ C.C.(旧 ザ カントリークラブ グレンモア) 千葉 1991
きみさらず ゴルフリンクス 千葉 1992
中京 G.C. 石野コース (注 1) 愛知 1993
JGM G.C. 笠間コース(旧 いわせロイヤル G.C. いわせコース) 茨城 1993
ウェストワンズ C.C. (注 4) 兵庫 1993
ヴィレッジクラブ 大子ゴルフコース (注 5) 2014年 閉鎖 茨城 1993
小萱 OGM チェリークリーク C.C. (注 5) 岐阜 1993
オリムピック・スタッフ C.C. 都賀コース (注 5) 栃木 1993
ゴールデンレイクス C.C. (注 5) 栃木 1993
ミッションヒルズ C.C. 埼玉 1994
メイプルポイント G.C. 山梨 1994
アルペン G.C. 美唄コース (注 3) 北海道 1995
札幌ベイ G.C. (注 3) 北海道 1995
ザ・サードプレース C.C. 雲出川コース (注 4) 三重 1995
埼玉ロイヤル G.C おごせコース (注 4) 埼玉 1996
和気愛愛 ゴルフ・ファーム倶楽部(旧 C.C. 桃太郎) (注 2) 岡山 1999
注 1) w/山田為志; 注 2) w/第一商会建設部; 注 3) w/ペリー・ダイ; 注 4) ペリー・ダイ; 注 5) ダイ・デザイン社

ピート ダイが 設計をして 最初に名門と呼ばれるコースになったのは 1964年に デザインに着手した クルックド スティック (Crooked Stick G.C.) である。後に、ジョン ディリーが優勝した 1991年 全米プロゴルフ選手権で 脚光を浴びたコースだ。他にも PGA / LPGA の大会で知られるコースで 彼の代表作とも言えるものに TPC ソーグラス (TPC Sawgrass) ハーバー タウン (Harbour Town Golf Links) キアワ アイランド オーシャン・コース (Ocean Course at Kiawah Island) ウィスリング ストレイツ (Whistling Straits) ブラックウルフ ラン (Blackwolf Run) などがあるが 2019年末までに 彼が設計したコースで 29 回のメジャー大会が行われる計算だ。

井上誠一
毎年、プレーヤーズ チャンピョンシップが行われる TPC ソーグラスのアイランド グリーン (#17) は 最も 恐怖心を覚えさせる ピッチング ウェッジ ショット ホールだと言われているが 多分 このホールは 世界中のゴルファーに 最も良く知られたホールの一つだと言っても 過言ではなかろう。オーガスタ ナショナルのアーメン・コーナーや フィニッシング ホールなどと比べても ゴルファーの記憶に残るホールという観点からは 遜色のないものだろう。そんな 素晴らしい ゴルフ遺産を残した男 それが ピート ダイなのである。

彼は 1925年 12月 29日に 米国 オハイオ州の アーバナ (Urbana) という町に生まれたが 小さな頃から 父が自分の土地に造った 9ホールの ゴルフコースで仕事をしたり プレーをして 育ったそうだ。そうして、若い頃から ゴルフコースのメンテナンスの仕事に携わり 一方では オハイオ州の高校 ゴルフ チャンピョンになる活躍をするなど ゴルフと深く関わる環境で育った。ただ、高校卒業後は 戦時中だったので 軍人のキャリアを模索したこともあったが 戦後すぐの頃は ノースカロライナ州 (Fort Bragg) の軍の基地内にあった ゴルフコースのグリーン キーパーとして働いた。それが 名匠 ドナルド ロス (Donald Ross) の設計したコースだったこと、そして、その近くにあった 同じく ロスが設計した名コースのパインハースト (Pinehurst No. 2) を 当時は何度もプレーをしたという巡り合わせもあり ダイのコース設計には ドナルド・ロスの影響も 少なからずある。

その後、退役して 大学に行ったが そこで 後に 妻となる アリス (Alice) と出会い 1950年に 彼女と結婚。二人の息子 (ペリーと P.B.) に恵まれた。そして、妻のホームタウンであるインディアナポリスに移り住み 保険のセールスマンとして 生計を立てるようになった。そうした中、1958年には インディアナ州のアマチュア ゴルフ チャンピョンになっている。因みに、1957年には 全米オープンに出場したが その時の成績は ジャック ニクラウスや アーノルド パーマーなどより 良かったそうで ゴルフの腕前は プロ並みだった。

ピート ダイが ゴルフコースの設計家になる決断をしたのは そうしたことで 意外に遅く 彼が 36歳の時である。その時、妻のアリスと二人で ダイ・デザイン社をスタートさせた訳だが、そのファミリー・ビジネスが 現在まで 続いているのだ。当初は ロバート トレント ジョーンズ (Robert Trent Jones) や アリスター マッケンジー (Alister MacKenzie) のスタイルを 積極的に 設計に取り入れていたが 1963年に スコットランドに出向き クラシックな ゴルフコース設計の知識、所謂、ポット・バンカー、枕木のような木の使い方、小さなグリーンなどを取り入れた設計手法を学んだ後は 彼のトレードマークでもある アイランド グリーンや枕木を使ったバンカーなどのスタイルを 多く取り入れるようになった。

下は アメリカで 最も人気のあるテレビ ニュース ショーの一つである 60 Minutes が ピート ダイのストーリーを番組にした時の動画 (英語) である。


はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP