ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

マスターズの記録

79回大会となった 2015年のマスターズは 初日に 64 (-8) というスコアを出し 飛び出した ジョーダン・スピース (Jordan Spieth) が そのリードを四日間保ち Wire-to-wire の優勝を果たした。1997年にタイガー・ウッズが出した -18 を破るかと思われたが、最終ホールをボギーとしてしまった。ここでは スピースが 2015年大会で打ち立てた多くの記録を中心に 他のマスターズの記録を以下の通り纏めてみた。

マスターズ・レコード 記録 選手 備考
キャリア・最多優勝回数 6 ジャック・ニクラウス (注 1)
キャリア・最多イーグル 24 ジャック・ニクラウス (注 2)
キャリア・最多バーディー 506 ジャック・ニクラウス -
ベスト・72ホール
(トータル・スコア)
-20 ダスティン・ジョンソン(注 3) 1997
2020
Wire-to-Wire 優勝 -
ジョーダン・スピース 他 5名
(注 4)
ベスト・54ホール -16
ジョーダン・スピース
2015
ベスト・36ホール -14
ジョーダン・スピース
2015
ベスト・18ホール
(コース・レコード)
63 ニック・プライス
グレッグ・ノーマン
1986/3
1996/1
ベスト・アウト 30 5名 (注 5)
ベスト・イン 29 2名 (注 6)
アルバトロス 4人 ジーン・サラゼン (#15) 234-4W
ブルース・デブリン (#8) 248-4W
ジェフ・マガート (#13) 222-3I
ルイ・ウーストハイゼン (#2) 253-4I
1935/4
1967/1
1994/4
2012/4
連続バーディー 7 スティーブ・ペイト
タイガー・ウッズ
1999/3
2005/3
最多バーディー・72ホール 28
ジョーダン・スピース(注 7)
2015
最多バーディー・18ホール 11 アンソニー・キム 2009/2
最年長優勝 46 + 82日 ジャック・ニクラウス 1986
最年少優勝 21 + 104日 タイガー・ウッズ 1997
2位との差 12 タイガー・ウッズ 1997
最多予選通過 37 ジャック・ニクラウス -
最多連続予選通過 23 ゲーリー・プレーヤー -
最年少出場 14 + 168日 グァン・ティンラン 2013
注 1) ニクラウスの 6回の記録に次ぐのは、アーノルド・パーマーとタイガー・ウッズの 4回という記録がある。
注 2) 次ぐ記録として、レイ・フロイドの 22回の記録がある。
注 3)次ぐ記録として、タイガー・ウッズとジョーダン・スピースの -18 (1997/2015) という記録がある。
注 4) Craig Wood (1941), Arnold Palmer (1960), Jack Nicklaus (1972), Raymond Floyd (1976), Jordan Spieth (2015)
注 5) Johnny Miller (1975/3), Greg Norman (1988/2), K.J. Choi (2004/2), Phil Mickelson (2009/4), Gary Woodland (2014/3)
注 6) Mark Calcavecchia (1992/4), David Toms (1998/4)
注 7) 次ぐ記録として、フィル・ミケルソンの 25 (2001) という記録がある。
関連ページ|リンク
マスターズのお話 ホールインワンの記録
コースを空から見てみよう アーメン・コーナーのお話
球聖 ボビー・ジョーンズ マスターズ・公式サイト
Rakuten|楽天市場|ゴルフ用品
Copyright © 2004-2022 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP