ボビー・ジョーンズの名言に学べ

Introduction

かつて 球聖 ボビー・ジョーンズ (Bobby Jones) は Golf is a game that is played on a five-inch course - the distance between your ears. と言った。耳と耳の間 つまり 頭で考えたことが 良きにつけ 悪しきにつけ プレーに出るゲームで それが コントロールできなければ 良いプレーは出来ないと言ったのだろうが 考えが至らずに と言うよりも 考え過ぎて失敗することが多いのが ゴルフだということに関して 異論を唱える人は 居ないだろう。

ジョーンズの名言の解釈

Bobby Jonesジョーンズは You swing your best when you have the fewest things to think about. とも言っている。これは 解釈が微妙だが 無心の時に 一番良いスイングが出来る と解釈すれば良いだろうか。それとも、nothing ではなく fewest things と言っているのだから 無心で打てではなく 一つのことだけを考えて打て とでも解釈すれば良いだろうか。或いは、無心になれなければ 一つのこと、それも無理であれば、最小限のことを考えろ という意味にも取れるだろう。いずれにしても、色々考えながらスイングしては ダメで ショットに集中しろと言うことだろう。

ただ、無心になれとか 集中しろと言われても 実際に どんな意識で 何をすれば良いのかは 今一分からないと感じる人は 少なくないだろう。毎回 毎回 一生懸命になって、無我夢中でクラブを振ることなど 出来ようはずがないから。ジョーンズは 他にも 同じようなことを言っている。 Many shots are spoiled at the last instant by efforts to add a few more yards. つまり、最後に もう少し飛ばしてやろうという試みは ショットを台無しにしてしまうことが多いとも言っている。

スイング時の思考パターン

ところで、自分がスイングする時の思考パターンについて ジックリ 考えたことがあるだろうか。誰もが 良く考えているのは 殆どの場合 (1) ミス ショットのこと、(2) 体の動かし方、(3) 距離や弾道のコントロール などと言ったことだろう。ミス ショットのこととは ダフったり トップをしたりしないだろうかとか、池や OB だけには 打たないようにしよう など してはいけないことを考えてしまうことである。また、体の動かし方とは 頭や軸を動かさないようにとか、肩を 確り回そうとか、クラブの引き方や スイング プレーンのことなどを考えながらスイングすることだ。そして、距離や弾道のコントロールは ショートゲームで 考えざるを得ないことなどだが、例えば、50ヤードのショットのバックスイングの大きさを考えながら ショットをすることなどである。

このように、我々は スイングをする時に もの凄く 多種多様なことを考える傾向にある訳だが そのことを 認識すらしていないのが 普通で、ましてや、毎回 無心でボールを打つなど 不可能なのは言うまでもない。とは言え、どうしたら the fewest things と言うことを実行できるか 考え、それを トライ してみることは 有意義なことのはずだ。やはり、無心というのは無理があるように思えるから 一つのことだけを考えるようにするというのが 最も 実行可能なように思えるし、有効なことだと言えそうだ。そして、何か一つのことを考えるのであれば ショットの成功率を 最も高くすると思われること を考えるべきであろう。人それぞれ 何が有効かは 異なるだろうが 体の動かし方について 何か一つだけ決めて 常に それだけを考えるようにする というスタイルをプレーに取り入れるのは 有効だと言えよう。

カーリー・ウェブ (Karrie Web) やマイク・ウィアー (Mike Wier) が 大きなワッグルと言うか、テイクバックのリハーサルとでも言えるようなアクションを プリショット・ルーティーン( 詳細)に取り入れているが、テイクバックの時にクラブヘッドが通るべき一点のようなものを決め、その点をクラブヘッドが通過することだけを考えるというような手法がある。そうしたスイングの仕方は、そうすることの意味よりも、他のことを考えないようにすることが出来るという意味で重要な役割を果たすという考え方に基づくものだと言えるだろう。サム・スニード (Sam Snead) が こんなことを言っている。Of all the hazards, fear is the worst. 恐怖感を持つこと、即ち、失敗のことを考えると 最悪の結果を招く と言うことだ。そうした思考パターンに陥る傾向のある人は、失敗のイメージを忘れることが出来るようなことを考えながら、ひたすら そのことだけを考えることに集中して ショットが出来るように努力してみると良いだろう。失敗や良くないことなど、何かを しないように的な発想は ゴルフでは 絶対にすべきではないのだ。

もう一つ 名言を ご紹介しよう。They say golf is like life, but don't believe them. Golf is more complicated than that. つまり、ゴルフは 人生のようなものだ と言われるが そんなことを 信じるな。ゴルフは もっと複雑(難解)なもの と言うことだ。テニス、サッカー、バスケなどといった他の球技は 相手のアクションに対して 即座に リアクションする必要のあるスポーツであるが、そうしたスポーツの方が メンタルな面では 単純だと言えるかも知れない。ゴルフはボールを打つというアクションを取る前に十分な時間のあるゲームだから 逆に そこに難解さが生まれるのである。マスターズ チャンピオンに 二度輝いた ベン・クレンショー (Ben Crenshaw) が 上述のボビー・ジョーンズの名言を 引用して I'm about five inches from being an outstanding golfer. That's the distance my left ear is from my right. と コメントしているように 考え過ぎずにプレーが出来れば ゴルフは もっと簡単だということ そして そんな単純なことを 誰もが知っているのに 出来ないのが ゴルフということでもある。

ボビー・ジョーンズのスイング

ここで ボビー・ジョーンズの ゴルフ スイングを見てみよう。1930 年に 16mm で作成されたフィルムのようだが これを見ると スタック&ティルト打法的な動きもあるように感じられるが 如何だろうか。

はてなブックマークに追加
Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP