ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 >  海外でのゴルフと英語力 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

海外でのゴルフと英語力

大型連休を利用して 海外のゴルフコースで 一度は ゴルフをしてみたいと思う人も少なくないことだろう。最近では 日本からインターネットで 海外のゴルフ場の予約が出来るようになっているし、航空券も 安いものを 上手に利用すれば 比較的手頃な値段だから、海外でのゴルフは かなり 身近なものになったと言える。例えば、ラスベガスへのバケーションなどというのも(ゴルフ以外のエンターテインメントも豊富にあるから)面白いだろう。

Las Vegas TPC Summerlin

思わずハッとするようなコースレイアウト、そして、海や山の景色など、日本では経験できないコースでのプレーは 本当に 楽しいものだ。また、バミューダ芝や洋芝の深いラフからのプレーなど 日本のゴルフとは 一味違う ゴルフを経験すれば 米国ツアーを見る目も違ってくることだと思う。

一方、アメリカのコースでは、一人とか二人でも簡単にプレーができるが、他のプレーヤーと組まされてのラウンドとなることが多いので、英語でのコミュニケーションが少しでもできるのと、まったくできないのとでは、大きな違いになる。

英語は(?)と言う人でも、ちょっと勉強をすれば、ゴルフの話は ビジネスなどの会話に比べて 通じるものだ。もちろん、ゴルフの知識のない人には 当てはまらないが、あなたにゴルフの知識があるとすれば、ゴルフ用語の語彙は 既にかなりあるはずだから、和製英語など、注意すべきポイントを抑えておけば 上手くコミュニケーションが出来るはずだ。

例えば、ルールに関する表現で 2 ペナのことを英語では 2-stroke penalty と言うが、Stroke という言葉さえ出てくれば良いのだが、ちょっと勉強をしておかなければ、そうした言葉は 中々 出てこないものである。また、イディオム、やや下品な表現、スラングなどは、相手の喋っていることを理解する上で 必要になってくるので、良く使われるものについては 覚えておくと 理解力が大幅にアップするだろう。

加えて、行く先の国の習慣やシステムなどを知ることもコミュニケーション力をアップするためのポイントである。例えば、コースの予約の仕方、コースに着いたら何をするのか、などは どのゴルフ場へ行ってもほとんど同じだから、そうしたことを理解しておけば、ゴルフ場で相手が何を言おうとしているか想像できるし、聞き取りも上手に出来るはずだ。そして、良く使われる用語やゴルフ特有の表現などを覚えれば、後は思うより簡単に行くものである。

より詳細については、ゴルフ和製英語ゴルフ・スラング のページでも色々な言葉を紹介しているし、また、ゴルフ用語辞典の英語のセクションも役に立つはずなので、海外でのゴルフを考えている人は、一度、チェックしてみて下さい。



 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP