ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ゴルフのキャリブレーション サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

ゴルフのキャリブレーション(距離の精度を上げろ)


自分のゴルフクラブの飛距離について理解を深めることは ゴルフの上達という観点からは極めて重要なことである。例えば、池越えのホールのショットで 池の反対岸までが 100ヤード、グリーンまで 110ヤード、ピンまで 120ヤードという状況で 貴方は何を考え、どんなショット・セレクションをするだろうか。ピッチング・ウェッジで フル・ショット、それとも、9番アイアンで 軽くスイング? いずれにしても、必要なことは それぞれのクラブで どんな打ち方をしたら ボールが どれだけ(キャリーで)飛ぶかというデータが まずは 必要になる。

ところで、キャリブレーション (calibration) とは速度計や重量計など、測定機器の精度を確認し、それを 正しく使用するために必要な調整をする という意味で良く使われる言葉だが、一般的には、新たに購入した機器を使用する前に行ったり、定期的に 機器の精度を確認し、調整する目的で行われるものだ。そして、ゴルフクラブを上手に使用するためにも 同様に キャリブレーションを 必要に応じて 行なう必要がある。自分の飛距離を良く確認してみたら、自分の思っていたものとは かなり違っていたということは良くある話。新しいゴルフクラブを買った時には 必ず 行って欲しいものだが、スイング(打ち方)は知らぬ間にも変わるものだし、年齢と共に体力が落ちるということもあるから、定期的に行うことを オススメしたい。

そこで、まず 始めにすることは フル・スイングで 芯を食ったショットが どれだけキャリーで飛ぶか というデータの整理だ。例えば、以下のようなようなものである。理解を深めるために、自分のクラブのスペックも 出来れば 一緒にデータを整理しておくと良いだろう。

番手(アイアン)

2

3

4

5

6

7

8

9

PW

SW

シャフトの長さ

39.5"

39.0"

38.5"

38.0"

37.5"

37.0"

36.5"

36.0"

35.5"

35.5"

ロフト

18°

21°

24°

27°

31°

35°

39°

43°

48°

56°

ウッド/ユーティリティ

5W/3U

7W/4U

9W/5U

11W/6U

-

-

-

-

-

-

飛距離 (ヤード) 200 190 180 170 160 150 140 125 110 85
ゴルフクラブのキャリブレーション(通常のフル・スイング)

つまり、このライトグリーンとライトブルーのコラムに自分のデータを入れ、表を完成させるイメージである。昨今は、ロング・アイアンは持たない人も多いと思うが、そんな人は 2I ではなく 5W/ or 3U、また、3I は 7W or 4U、4I なら 9W/5U などとし、表を完成させれば良いだろう。メーカーやモデルによって、同じ 番手のクラブでも スペックは かなり違うので、そうした意味でも、このプロセスで自分のクラブとスイングに対する理解を深めることは 有用なことだ。

次に、こうしたクラブのキャリブレーションを終えたら、もう一つやっておいて欲しいことがある。それは、さらに詳しい 自分の飛距離に関するデータを チェックし、まとめておくことだ。具体的には打ち方を変えると この飛距離が どうなるのかを より正確に把握することで、打ち方(スイング)のキャリブレーションとも言えるものである。

意識する しないに係わらず、ラウンド中には 少し抑え気味に打つとか、軽めに打つなどといったことで飛距離を調整するのが一般的であるが、クラブを短く持って、または、スイングを小さくしたらどのような結果になるのかというデータを マネジメント・ツールとして使えるようにデータ化するのである。基本的には、自分が使うことの出来る飛距離調整のテクニックをチェックし、以下のようなイメージで整理しておくことだ。

使用テクニック 飛距離(カット) 特徴
クラブを短く持つ 微調整(5センチで 5ヤード前後) 最もシンプルな方法
フェース面を開く 5 - 10 ヤードのコントロール 方向性に多少難あり
スイングを小さく 3/4 - 1/2 のスイングで 10 - 30 ヤード 正確な管理に難あり
使用テクニック別にコントロール可能な飛距離に係わるデータの整理

この時に大切なことが ベンチマーク(基点/基準点)の概念である。例えば、グリップを 5 センチ短く持つと 5ヤード短くなるとすれば(個人差があるので その点は要注意)2-3 ヤード短く打ちたければ、2-3 センチ短つという発想でプレーすれば良い訳で、この 5 センチ、5 ヤードというデータが ベンチマークである。バック・スイングを 9時(左腕が地面と平行になるところ)に抑えて 10 - 15 ヤード短くなることが良く分かっていれば、それも ベンチマークになるはずで、20 ヤード短く打ちたければ、クラブを 5センチ短く持って 9時 のショットをすれば良い といった具合に マネジメントが出来ることになる。

このように、飛距離調整の二つのテクニックを組み合わせて使用することも出来るから、そんな発想でデータを整理しておくことも 考えよう。練習場で、そうしたことも含め テクニックごとの飛距離のデータをチェックし、確り自分のデータを纏めてみよう。ただし、練習場のボールは 市販の公認球より飛ばないのが普通だから(一般的には 10ヤード前後)そうしたことを 考慮して データは整理しよう。理想的には、公認球で(冬の寒い日などは避け)無風の時にチェックする機会を作ることだが、実際のラウンド時に キャリブレーションのデータとして利用できるデータを記録しておき、練習場のデータと組み合わせて、自分の飛距離のデータを 常時アップ・ツー・デートなものに キャリブレート しておこう。

最後に、もう一つ研究して欲しいことがある。それは、自分のミス・ショットの傾向や確率について理解を深め、使えるデータとして整理しておくことである。どんな時に、どんなミスをする傾向があり、その確率はどうか、というデータである。確率については、正確なデータ化が難しいかも知れないが、高・中・低 の三段階程度でのデータでも良いだろう。

例えば、ウォーミングアップ不足のラウンドの 1 - 2 番ホールでは フル・スイングをすると高い確率でミスするとすれば、その予想されるミスの影響を 最小限にする対策(例えば、大きめなクラブで スリー・クウォーターのショット)を取るべきである。また、左が OB なら、一番引っ掛け難い打ち方(例えば、フェースを 少し開き気味にして フル・スイング)をしようといった より賢い ベテラン・ゴルファー的なマネジメントが出来るようになるはずだ。

フル・スイングが最も再現性が高く、ミスも出難いという考え方を持って居る人が多いと思うが、必ずしもそうとは言えないのである。80ヤードを サンド・ウェッジのフル・ショットで 何時も打っている人は それを アプローチ・ウェッジや ピッチング・ウェッジで打つとどうなるのか と言ったようなことを 今まで述べてきたキャリブレーションの一環として検証し、その検証結果を 今後のラウンドには勿論のこと、練習の仕方を工夫する上にも 役立てて欲しいのだ。飛距離の精度を 高めることは 多くのアマチュア・ゴルファーが考えている以上に大切なことである。これを機会に、是非、色々な研究をして下さい。 » 参考


はてなブックマークに追加
 
はてなブックマークに追加

 
ゴルフ・カフェ
 
読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP