コンテンツ目次


チップ・ショットの精度の高め方

このページのコンテンツ
• はじめに
• ボールをクリーンに打つ
• スイング・スケール
• 色々なクラブを使ってみる
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


チップ・ショットで ボールを ワンパット圏内に寄せられるか どうかは 距離のコントロールが上手く出来たか どうかで決まるが ショットの精度を高めるためには その能力に磨きをかける必要がある。ボールをクリーンに打つことが出来なければ 距離のコントロールが思うように出来ないのは 言うまでもないから まずは (1) ボールをクリーンに打つための基本を身に付けることだが、その上で (2) ヘッド・スピードを思い通りに コントロールする術を身に付けることが チップ・ショットの精度を高めるための鍵になる。

ボールをクリーンに打つ


まず、チップ・ショットの基本は (a) スタンスをイラストのように狭く少しオープンにし、(b) ボールの位置は スタンスの中央 ~ 右足前、(c) クラブを短く持ち、(d) バック・スイングでは 肩と腕だけを使い 手首の動きは 最小限に 留めるようにして クラブを引く、(e) ボールを打つ動作では 手がクラブをリードする形で フォロースルーまで 下のイラストのように 手と腕を 確り 振ることである。

チップショットの基本

しかし、ただ単に クリーンにボールが打てるだけでは やはり 思うように 距離のコントロールは 出来ないから どうしたら距離のコントロールが上手く出来るのかと言う 明確なアイデアと感覚を身に付ける必要がある。つまり、使うクラブに応じて どの位の強さ(ヘッドスピード)でボールを打ったら 何処に ボールが落ち どのくらい転がるかということを良く理解した上で 何を どのように コントロールすれば それが出来るのかを 体得することである。

スイング・スケール


チップ・ショットを打つ時のヘッド・スピードは 手首の動きを抑えていれば 肩の回転と腕の振り方で決まる スイングの大きさと スピード(テンポ)で決まる訳だが その組み合わせを どのようにすれば 思うように ショットを コントロール出来るのかについて まずは 理解を深めるべきである。その時に 考えて欲しいのが (I) 大きめのスイングで ゆっくり ソフトに クラブを振るべきか、それとも (II) 小さめのスイングで 確り 強めに クラブを振るべきか という点である。勿論、(I)、(II) のスタイルのみならず その中間的な打ち方でも 必要な距離のショットは 打てる訳で その観点から どんなスタイルにすれば ショットの精度が最も高くなるのかを考えて欲しいのだ。そこで、以下のダイアグラムを見てみよう。

スイング・スタイル (I) スイング・スケール スイング・スタイル (II)
大きく、ゆっくり、ソフトに 小さく、確り、強めに
(1) (2) (3) (4) (5)

大きく、ゆっくり、ソフトに クラブを振ってボールを上手くコントロール出来れば それでも良いが 普通は それでは コントロールし難いから それよりも スイングを小さめにし 確り 強めに打つことで 安定感を確保することになる。しかし、小さく、確り、強めに クラブを振り過ぎれば 今度は 思うようなタッチを出すのが難しくなるという問題が生じるだろう。つまり、その中間の適度な大きさ、速さ、強さのショットが望ましいのだが それが どの位かと言う 明確なイメージを持たないで ショットに臨めば 途中で スイングの速さや 強さを加減しようとして ミスをしたり 距離感が上手く出せないという結果になり兼ねないだろう。

そこで、チップ・ショットをする時は 常に それを (1) ~ (5) のスケールで どのスタイルにするのが その時のベストなのかを まずは考え その上で その時に必要な距離のコントロールが どうあるべきかを 模索するというアプローチがベストであると言う考え方が成立する。上のスイング・スケールは そうした観点から 自分のスイングのスタイルをチェックし そのショットの再現性や安定性を高める目的で 自分の頭の中に このスケールを置いて 利用して欲しいものである。

例えば、大きく、ゆっくり、ソフトにクラブを振れば ボールは 高く上がるのが普通だから そうしたショットをしたい時には スイング・スケール (2) のショットを、そして、低めのボールで転がしたい時には (4) のショットを というような使い分けをすることもオススメしたいが いずれにしても チップ・ショットでは 常に このスイング・スケールを頭に置いて ショット・セレクションをすることで ショットの精度が高くなることが 期待出来るはずである。ショットをする前の素振りでは ショットのスタイルと使うクラブを 確認した上で どの位の強さで 打てば良いのかチェックする。そんな ある意味 2 ステップで 距離感をチェックする ルーティーンが ショットの精度を高めるのには 効果を発揮するだろう。

色々なクラブを使ってみる


ボールの打ち方 即ち スイング・スタイルと距離のコントロールの関係に対する理解を深めることが出来たら 打ちたいボールのイメージに合わせて どんなクラブを使えば ボールのコントロールが 最も上手く出来るのか と言うことを 色々と研究すべきであろう。一本のクラブ、例えば サンド・ウェッジで 色々なボールを打ち分けられるようにすると言うアプローチもあるが 最終的には 2-3本のクラブを上手に使い分けることの出来る 自分なりのスタイルと言うものを構築できるように 工夫してみると良いだろう。そして、それぞれのクラブごとに スイング・スケール(スイング・スタイル)を念頭に 距離のコントロールという観点から 色々研究してみると ショットの精度を飛躍的に高めることが出来るだろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP