コンテンツ目次


イップス病治療にクロー・グリップ (Claw Grip)

このページのコンテンツ
• はじめに
• 色々なスタイルのクロー
• ロングパットの距離感は
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


近年、米国ツアープロの間で良く使われるようになっているパターのスタイルに クロー・グリップ (Claw Grip) がある。日本でも このクロー・グリップに変える人が増えているが 所謂 イップス (Yips) 病の治療に 効果があるグリップで、個人差もあるが その特効薬になっているケースが少なくない。

色々なスタイルのクロー


このスタイルの初期に 注目されたのは クリス・ディマルコのスタイル(写真 1)や、1998年のマスターズチャンピオンのマーク・オメーラが やっていた(写真 2)のソーグリップ(Saw Grip) と呼ばれるグリップもあるが、近年 ポピュラーなのは カルク・クロー (Calc claw) と呼ばれる(写真 3)のスタイルの クロー・グリップである。シニアでも活躍したマーク・カルカベキアらがやり始めたスタイルである。

(1) (2) (3)

クロー・グリップでも (1) と (2) のスタイルの場合は 右腕とパターが ほぼ 直角に近い関係になるので パターも 比較的 長いものが適しているようだが (3) のスタイルでは 腕が普通のパットのグリップのように V字型になるので、むしろ普通の長さのパターが適しているから 現在 手持ちのパターで試してみるのに オススメのスタイルは (3) 言う事が出来る。

なお、(3) のスタイルでも 右手の中指でグリップをプッシュするスタイル(写真参照)と 中指は グリップの上に乗せ 薬指で押すスタイルなど、ちょっとした違いだが 幾つかの バリエーションがある。

また、左手のグリップは 写真のように 左手の甲がターゲットを向くようにして親指をグリップの上に乗せるように握る方法と 左手を(掌が自分の顔の方を向くように)グリップの下から握って 親指をグリップの横に付けるようにもっていく(パーム グリップ)スタイルの握り方の二通りがある。さらに、右手と左手は 写真のようにあまり離さないのが一般的であるが、右手がシャフトに近いところを握って 左右の手を少し離して握るスタイルもある。

ロングパットの距離感は


このように、クロー・グリップには 非常に多くのオプションがあるので 興味のある人は 色々なパターンを試して 自分なりの評価をしてみると良いだろう。最初は ロングパットで違和感を感じる人も少なくないと思うが、多くの場合、ちょっと慣れれば ロングパットでも 上手くコントロール出来るようになるはずだ。要するに 慣れの問題である。イップス病で悩んでいる人には 是非 試して欲しい オススメ の パッティング スタイルである。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP