ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > エキストラ・ウィーク・グリップ サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
直前割
GDO Sale
 
ゴルフ読書室

エキストラ・ウィーク・グリップ


ショートゲームでは ウィーク・グリップが良いと言うことを ことあるごとに書いているが、今回は その究極のテクニックである エキストラ・ウィーク(XW) グリップを ご紹介しよう。街で市販されているゴルフの教本や雑誌には載っていない ゴルフ豆辞典 オリジナルのテクニックである。

XW グリップは 短い距離のショットだけに使うグリップだが、ショートゲームに必要な正しいクラブフェースの動きを促す効果があり、ボールをきちっと捉えることの出来る確率がアップするテクニックだから、チップショットや短いピッチショットが苦手な人には 特に オススメだ。

まず、左手のグリップだが、野球のバットを持つ時のように 親指をグリップの上に乗せずに掌でグリップを握るようにする。通常のグリップの考え方からすれば悪い握り方の典型である。

エキストラ・ウィーク・グリップ一方、右手は通常左手の親指の上に右の画像の (1) のように乗せるが、左手の下に (2) のように置いて小指のナックルが見えるくらい極端なウィーク・グリップにする。変則的な テン・フィンガー・グリップになる訳だ。左手の親指の上に右手を置く必要がないから、右手を極端なウィーク・グリップにしてもそう違和感はないはずである。

テイクバックは肩の回転を使って普通に引けば良いのだが、右手のリストは初めからコックが少し入ったような状態になっているから、コックを入れるタイミングとかその大きさとかをあまり考える必要はない。距離に合わせてトップの位置だけを決めれば良いだろう。そこから、ダウンスイングは ピボットと肩の回転を使ってクラブを自然に落として行く。これで、クラブフェースがターゲットの方を向いた状態がキープされ、インパクトの時に 正しい角度でクラブフェースがボールを捕らえられるはずだし、ダフリも激減するはずだ。

なお、XW グリップのテクニックを使う時の注意点は クラブを入れるポイントを 普段より ややハーフトップするような気持ちで打つこと、また、ボールを 多少 フェースの トー(先っぽ)側で打つようにすることの 2点である。すぐに慣れるはずだが、ハーフトップ気味にトーサイドで打つ加減をどの位にすれば良いかは 自分で色々と試しながら、この位という感覚を見つけ出す必要があるだろう。
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP