コンテンツ目次

チップ パット|打ち方の基本と使い方

このページのコンテンツ
• はじめに
• 打ち方の基本
• チップ パットの利点
• 研究課題
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


パットのように打つ チップ ショットのことを パット チップと言うが、逆に、チップ ショットのように打つパットが チップ パットである。グリーンのスピードが あまり早くない 15メーター(50フィート)位の長さ以上のパットに 大変有効なテクニックである。

打ち方の基本


チップ・パット実は これが チップ パットの打ち方であると 明確に 説明できるものではないのだが ポスチャー(構え)や グリップだけでなく クラブの振り方、腕の使い方、体の回転など チップ ショットの要素を取り入れて打つ パッティングのテクニックなのだ。どのくらい チップ ショット的に 構えて 体を動かすかは それぞれの好みで決めれば良いと思うが フットワークと 肩の回転は パットと チップで 決定的な違いがある訳で その点に注意を払って ある意味 パットと チップの中間的な ボールの位置、構え方と フォームで 最も打ち易い打ち方を 研究して 見つけ出す必要があるテクニックだ。通常、チップ ショットのポスチャーは パットをする時の構えよりも 前傾姿勢が少なくなるが そうすることで 肩を回して より大きな筋肉を使った スイングが容易に出来るようになる。ただし、チップ ショットに より近い形にすると パターと ウェッジでは ライ角も違うので 構えた時に トーが浮いて パターのフェースがオープンになるから その辺りも 考慮して 調整することだ。

チップ パットの利点


どのくらい チップ ショットの要素を取り入れるか 色々と試行錯誤して 自分にあったスタイルを見つけ出し 違和感なく使えるまで 練習する必要があるテクニックだが その利点は 長い距離のパットが楽に打てるという点で その結果 距離の精度が高くなると言うことだ。その観点から チップ ショットの要素の取り入れ方を研究すべきである。

チップ パットの距離の合わせ方は チップ ショット的に バック スイングの大きさで コントロールするのが一般的だが チップ ショットのように 軽く フットワークを使って 体全体の動きを利用する工夫をしてみよう。加えて、チップ ショットのように 軽く コックを入れることも 併せて 研究してみよう。通常、パットでは 手首のコックを ほとんど入れない訳だが その点も 変えてみると 良い結果が出る可能性が高いだろう。

チップ パットの使い方


少しショートして グリーンに乗らなかったボールで ピンまで距離の比較的長いショットを打つ時などにも大変有効なテクニックだから 普段から練習をして 距離感をつかんでおけば ゲームで使える 大きな武器になるだろう。

チップ パットを覚えると ロングパットの苦手意識がなくなることだけでなく、このショットを知らなかった時には ウェッジや ショート アイアンで打っていたような アプローチ ショットでも パターで打って見ようと思うことが多くなる可能性が高いだろう。初心者から上級者まで そのテクニックと使い方を 是非 覚えて欲しいテクニックである。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP