ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > コック・アンド・ポップというテクニック サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

コック・アンド・ポップというテクニック


グリーンサイドのバンカーで目玉になっているボールを出す時やラフからのアプローチのテクニックとして応用できるのがコック・アンド・ポップ(cock & pop)である。右の絵のようにバックスイングはコンパクトに手首をコックさせて、通常のショットでは良くないと言われる 手と腕の筋肉を使って(下半身の動きを使わずに)クラブを砂、または、ラフに打ち込むようにして打つ特殊なショットである。

普通のバンカーショットでは、オープンスタンスに構えてボールを左足のかかとの内側の前に来るようにスタンスを取るが、コック・アンド・ポップのバンカーショットでは ボールをピッチショットの時のように スタンスの中央に置きスクウェアーに立つのが原則だ。


ただし、目玉の程度により、打ち方は少し変える必要のあるショットである。完全にボールが埋まっている場合には、砂にクラブを強く打ち込む必要があり、結果として、クラブヘッドは砂の中に残るようなイメージになるし、半分程度しかボールが埋まっていない場合には、クラブヘッドは砂の中に残るのではなく、低いフィニッシュを取る形になるようにするショットだ。

ボールの埋まり具合や砂の状態によって、ボールのリアクションが異なるから、強さの加減が難しいショットでることは言うまでもない。従って、このショットのために十分な練習が出来ない人は、距離の調整(場合によっては打つ方向も)を少し安全サイドに設定した方が良いだろう。

一方、我々が良く遭遇するケースに 然程深いラフではないが、比較的芝の密度があって上からゴルフボールは見えるものの、ボールを包み込むように芝が密生して ボールをクリーンに打つことが出来ないというライ(鳥の巣にある卵のような状態で、英語では nesty lie と言う)があるが、そうしたラフからのアプローチショットでも使えるのが、コック・アンド・ポップのテクニックだ。   ラフ

ボールの下にあまりクッションのない時などは、エキスプロージョン・ショットでは 失敗することが多くなるので、このコック・アンド・ポップが非常に有効な手段になる。前述の砂にボールが半分程度しか埋まっていない時のバンカーショットの要領で打つショットになるが、一度、アプローチの練習場で(nesty lie からのショットを)試して欲しいテクニックの応用の一つである。

商品 リンク(ウェッジ)

トップに戻る

• タイトリスト (Vokey) ウェッジセール実施状況 • テーラーメイド ウェッジセール実施状況
• クリーブランド ウェッジセール実施状況 • ミズノ (MIZUNO) ウェッジセール実施状況
• キャロウェイ ウェッジセール実施状況 • ピン (PING) ウェッジセール実施状況
• フォーティーン ウェッジセール実施状況 • ブリヂストン ウェッジセール実施状況
• ナイキ (NIKE) ウェッジセール実施状況 • キャスコ (KASCO) ウェッジセール実施状況
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP