ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ウェッジ・ショットの距離調整法 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

ウェッジ・ショットの距離調整法

時計の針のイメージ
ウェッジで打つ 100 ヤード以内のショットの距離調整は、以前にも書いたように(「9時のウェッジショットと距離の調整」 参照)通常 バックスイングの大きさを変えることで行うもので 9:00 と 10:30 のショットを覚えることがその基本である。

一方、実際にラウンドをしていると 5 ヤード位の単位で距離の調整をしたくなるものだから、10:30 と 9:00、7:30 のショットだけでは、少し無理があるのは当然である。ですから、前述の方法と組み合わせて以下のような調整をすることになるのが普通である。

1) クラブを短く持って打つ。
2) バックスイングの大きさ(例えば、8:30 のスイングなど)で微調整する。
3) フェースをクローズド、または、オープンにする。

しかし、この中で最もやりたくないのは、フェースをクローズドにして少しロフトを立てるようにして打つ距離の調整だ。それよりは長めのクラブでフェースを少しオープンにするかクラブを短く持って打つ方(場合によっては両方)が良い。クローズドにして打つ方法がオススメできない理由は 2 つある。一つ目は、そうした打ち方では力一杯打とうとして力んでしまうことが多くなること。二つ目は、ソールのバウンスが少なくなることでミスショットのマージンが小さくなることである。

私の場合は、1) のクラブを短く持って打つ方法と 3) のフェースをオープンにして打つ方法とで調整している。具体的には、58° のサンドウェッジの 10:30 のショットが 70 ヤードで 9:00 のショットが 55 ヤードですから、例えば、60 ヤードのショットは、クラブを少し短く持ってフェースを 2-3°開いて 10:30 のショットを打つ感じになります。もちろん、風の状況やグリーーとピンの位置の関係などによって必ずしも何時も同じ打ち方をする訳ではありませんが、それが自分の得意な距離の調整法ということです。

ウェッジのショットは、基本のショットをマスターしたら、自分に合った微調整の方法を覚えて 5 ヤード単位くらいで対応できるようになると良いでしょう。

商品 リンク(ウェッジ)

トップに戻る

• タイトリスト (Vokey) ウェッジセール実施状況 • テーラーメイド ウェッジセール実施状況
• クリーブランド ウェッジセール実施状況 • ミズノ (MIZUNO) ウェッジセール実施状況
• キャロウェイ ウェッジセール実施状況 • ピン (PING) ウェッジセール実施状況
• フォーティーン ウェッジセール実施状況 • ブリヂストン ウェッジセール実施状況
• ナイキ (NIKE) ウェッジセール実施状況 • キャスコ (KASCO) ウェッジセール実施状況

 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP