コンテンツ目次




ノールック・パット

このページのコンテンツ
• はじめに
• ノールック打法のリサーチ結果
• ノールック打法の長所と短所
• ノールック・パットをする選手
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


少し前のことになるが GOLF MAGAZINE (英語版) に "The New Way to Putt!" という パットに関する記事が載ったことがある。(» 参考)それによれば、ボールを見てパットをするよりも ボールを見ずにカップを見ながら打つ方法 所謂 ノールック打法の方が 良い結果になる と言うのである。

ノールック打法のリサーチ結果


そのリサーチは 40人のアマチュア・ゴルファー(ハンデ 8 - 36)を 2 つの 20人のグループに分けて二通りの打ち方をしてもらった時の結果(カップまでの距離)を比べたもので、ロング・パット、ショート・パット、何れの場合もカップを見ながら打った方が良い結果、つまり、ボールがカップの近くに行ったという結果が出ている。(以下参照)

  (A) ボールを見てパット (B) カップを見てパット (B) / (A)
ロング・パット
(8.4-12.9m )
92.5cm 70.0cm 75.7%
 ショート・パット
(0.9-2.4m)
30.0cm 22.5cm 75.0%
(A) (B) 二通りのパッティング・スタイル 比較データ
パッティング・スタイル表中の数値(cm)は パット後のボールからカップまでの距離の平均値であるが、8.4m - 12.9m のロング・パットでは ボールを見て打ったパットが 92.5cm だったのに対し、カップを見て打った、所謂、ノールック・パットは その 75.7% の 70.0cm という結果になったのだ。また、0.9m - 2.4m の ショート・パットでも 同様な結果が出た。ロング・パットを打った後の次のパットの距離が 92.5cm と 70.0cm というのはかなり大きな差である。3 パットをする確率に大きく影響するはずだ。

ノールック打法の長所・短所


確かに、ボールを見ながらストロークをする場合は カップまでの距離と方向は頭の中にあるイメージ(直前に見たカップの位置の残像のようなもの)が頼りだから、そのイメージがいい加減な場合には それが ある意味 迷いを生じさせる要因となる。従って、ボールを打つ直前に ストロークを調整するような打ち方をすることになり兼ねないのだ。

一方、ノー・ルック打法の場合は カップを見ながらストロークをする訳だから ボールを打つ直前に カップの位置、カップまでの距離ということで 迷いが生じて ストロークを調整するような打ち方は しないはずで、それが長所であり、ボールを見てカップを見ない打ち方との差になっていると言える。

ただし、ノールック・パットの場合は 間違いなく ボールをヘッドの芯で捉えることが出来るだろうか という不安を感じながらストロークをしなければならず、その点をネックに感じる人は多いだろう。つまり、距離感に対する不安はなくなるが、ボールを確り打つという意味での不安が生じ兼ねず、それが ある意味 短所なのである。どちらの不安要素が大きいのかは 人それぞれであろうが、前述のリサーチでは、多くの人にとって ノールック・パットの長所によるメリットは その短所によるデメリットよりも大きく、好結果になっているのだと言えよう。実際に 自分でノールック打法を試せば確認できると思うが、予想以上に良い結果になる人が多いのである。

ノールック・パットをする選手


実は、トップ・ツアー・プロにも この打ち方を取り入れている選手が居る。世界ランク 1位のジョーダン・スピース (Jordan Spieth) である。以下は その事実を紹介し、解説している(英語の音声が出る)動画であるが、ここで それを見て欲しい。


このようなパッティング・スタイルを そのまま取り入れないにしても、それから何かを学べる可能性は高いはずだ。いずれにしても、ボールを見ずにカップを見ながら打つノールック・パットは 一度 試してみる価値があるものであろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

∆ トップに戻る

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP