ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ウェッジ・ショットのちょっと高度なテクニック サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

ウェッジ・ショットのちょっと高度なテクニック


フルスイング・ショットでは 肩を大きく回転させてバック・スイングをするから(右利きの場合)右肘は 比較的 大きく曲がり、体から離れることになる。そして、その右肘が ダウン・スイングでは 脇腹に落ちてくるように動く訳だ。そうすることによって 大きな弧のスイングでクラブを振ることが出来る訳だが、パワーを必要とするフル・スイングのショットにおいてはそうした形になるのが 必然であるとも言える。

右ひじ一方、右肘を脇腹から離さないようにバック・スイングをしても ボールを打つことは出来るが、クラブを ピックアップするような形になって スイングの弧が小さくなるから 力強いボールを打つには適さない打ち方だ。従って、右肘を 体から離さないでクラブを振る打ち方は ゴルフの入門書や教科書などでは あまり 紹介されることのないものである。しかし、コンパクトなスイングでボールを クリーンに打ち易く、また、パワーを殺し易い打ち方だから 逆に 短い距離のショット、例えば、ウェッジのコントロール・ショットなどには極めて適したテクニックなのだ。

両肘が体から離れないようにスイングをする練習法として、タオルをわきの下に挟んでスイングするという方法があるが、石川遼選手も 試合前の練習に良く取り入れているもので、以下のようなイメージでショットをするものである。
コンとリール・ウェッジ・ショットの練習法

両肘、特に、右肘を脇腹から離さないという打ち方には 1)スイングの弧が小さくなる、2)ダウンブローのスイングになる、3)手打ちにならない、などという特徴があり、スイングを通じて 体と右腕の位置関係があまり変わらないから、スイングの軌道が安定し、毎回 同じようにクラブを振り易いこと、そして、ダウンブローのスイングだから 比較的スピンの利いた低い弾道のボールを打つことができるという特徴もある。

短い距離のショットは 使うクラブとバック・スイングの大きさ、ボールの位置、フェースのセットアップの仕方、クラブの引き方、コックの入れ方とリストの使い方、腕の振り方とクラブの重さの使い方、下半身の使い方、スイングのテンポとスピード、ソールの使い方、そして フォロースルーとフィニッシュの取り方など その打ち方や球筋に影響を及ぼす要素は非常に多く、驚くほど色々な打ち方が出来るショットである。しかし、ボールを一定の距離以上飛ばさないようにすることは 案外 難しいもので、ついつい手と腕でコントロールしようとする結果、ミスを誘発し易いものである。

普通の(右肘が体から離れる)打ち方で短い距離のショットを打つ場合は クラブの引き方やリストの使い方、腕の振り方、スイングのテンポとスピードといったことのコントロールが パワーを殺さなければならないために 案外 難しくなるが、右肘を体から離さない打ち方でボールを打つ場合は そうしたことが驚くほど簡単になる。従って、通常 難しいと感じる人の多い 50ヤード前後の距離のショットに応用する価値が 極めて 高い訳だが、100ヤード前後のような 少し距離のあるショットへの応用も可能なショットである。

距離の短いショットをマスターする上で大切なことは、1) ボールをクリーンにクラブフェースの芯で捕らえて打てるようにすること、2) 距離コントロールのためのシステムを構築し感覚を育てること、3) 方向性を良くするためのポイントを理解すること、4) ボールの飛び方と転がり方の関係を良く理解すること の 4点であるが、1)と 2)の点においては 右肘を体から離さないでスイングする打ち方が、多少個人差はあろうが、他の打ち方に比べ はるかにやり易いと言えるはずだ。

右肘を体から離さないように打つショットも、他のショット同様、クラブヘッドの重さを使って 下半身がリードするようにして 体の回転でクラブを ゆっくり加速させて打つスタイルが オススメだが、比較的 早く手首のコックを入れるイメージで、インパクトからフォロースルーでは 手首をあまり返さないように打つ(比較的 低い弾道でバックスピンの利いたボールになる)という 通常のショットでは考え難い打ち方も選択肢として考えられ、そうしたショットを研究して見る価値もある。また、8時から 9時のバック・スイングの大きさを目安に スイングの大きさをコントロールし、その距離がどの位になるかをチェックして欲しい。そして、スイングのテンポとスピードを変えることで 距離がどのように変化するかについても研究してみよう。また、さらに上級者のテクニックと言えると思うが、左肘を抜く(俗に言う、左腕がチキン・ウィングの形になる)打ち方をすることによって クラブヘッドのスピードを さらに落とす方法もあり、そうしたテクニックも研究に値しよう。

さらに、ボールの位置を やや右足寄りに置いたり、クラブを 少し短めに持つといったことも試しながら 色々な打ち方を比較して、最終的に 自分にとって最も使い勝手の良いショット、そして基準になるようなボールの打ち方と距離調整のシステム、加えて、その感覚(フィーリング)を育てることを試みて欲しい。

いずれにしても、距離のコントロールは 体の回転の量とスピード、所謂、大きな筋肉でコントロールすることが望ましく、また、方向性を良くするために 右手がどのような役割を果たせば良いのかを理解することも重要である。そして、自分に最も適していると思われる打ち方を見つけることが出来たら、その打ち方で 色々なクラブを使ってボールを打つことも試して欲しい。サンド・ウェッジやロブ・ウェッジでは グリーン上で比較的すぐに止まるボールが打てるだろうし、ギャップ・ウェッジやピッチングウェッジなら 少しボールが転がることになるはずだ。また、9番や 8番アイアンでのショットもチェックして見る価値があるだろう。異なったクラブを使った時のボールの飛び方と転がり方の関係について研究して下さい。右肘を脇腹から離さないという打ち方は 想像以上に応用範囲の広いものだから、短い距離のショットが苦手だと感じている人には 特に 十分研究して欲しいテクニックである。

商品リンク(ウェッジ)


• タイトリスト (Vokey) ウェッジセール実施状況 • テーラーメイド ウェッジセール実施状況
• クリーブランド ウェッジセール実施状況 • ミズノ (MIZUNO) ウェッジセール実施状況
• キャロウェイ ウェッジセール実施状況 • ピン (PING) ウェッジセール実施状況
• フォーティーン ウェッジセール実施状況 • ブリヂストン ウェッジセール実施状況
• ナイキ (NIKE) ウェッジセール実施状況 • キャスコ (KASCO) ウェッジセール実施状況
 
 
 

 
読書室 トップ
トップに戻る

www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP