ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > パッティング・ストロークの大きさとテンポ サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

パッティング・ストロークの大きさとテンポ


パッティングパッティングのスタイルは グリップだけをとっても 何種類ものスタイルがある訳だから こう打つべきだ などと断言できるものは何一つないのだが、自分に最も合ったパッティング・スタイルを研究する上で ストロークの大きさとテンポが どうあるべきかということを 色々研究してみる価値は 大きいはずだ。

チップ・ショットと違い、パットではダウン・ブローにボールを打つのではなく、スイングの最下点を 少し過ぎたところ(約 5cm が良いと言われる)で ややアッパー・ブローにボールを打つ というスタイルが 転がりの良いボールが打てるという観点から 近年 最も支持されているパッティング理論である。

また、転がりの良いボールを打つという観点からは クラブヘッドが 加速モードの時にボールを打つことが有効だとも言われており、そうした観点からも、どのようにストロークすべきかは工夫する必要があると考えられる。

一方、パットをする時に テイクバックの大きさが 大き過ぎれば 途中で減速するようなストロークになり兼ねないし、小さ過ぎれば 打ち急ぐようなストロークになってしまい、どちらのケースも 前述したアッパー・ブローの加速モードで打つという打ち方をするには好ましくないだけでなく、何よりも、ストロークの再現性や安定性を欠く原因になる訳だ。

パッティング・ストローク例えば、3m のパットを打つ時に 右図 (A) のように テイクバックの大きさを 20cm位と 大き目にして打つことも出来れば、(B) のように 10cm位の小さ目なものにすることも出来る。両者の違いは、同じスピードでボールを転がすのであれば、(A) は ゆっくり目に、そして、(B) は 早目にパターを加速するように振る必要があるという点だ。

因みに、良いパッティング・ストロークの基本は テイクバックの大きさが(図参照)フォロースルーの大きさより 少し小さ目になるようにし、クラブヘッドが 加速モードで動いている時に ボールをヒットすること とされている。また、フォワード・スイングでのクラブヘッドの加速は パターの上に乗せたコインが 落ちないくらい ゆっくり目にした方が良いとも言われているが、加速モードで ボールを打つ という点だけを考えると 大きく ゆっくり目のストロークは 失敗のリスクが高くなると言える。

さて、そこで自分のパッティング・スタイルを ストロークの大きさとテンポという観点から 一度 良く観察して欲しいのだが、例えば、前述のように 3m位のパットを打つ時に テイクバックの大きさは(無意識にストロークした場合)どの位になっているだろうか。そして、テイクバックの大きさが フォロースルーの大きさより 少し小さ目になっているか、また、クラブヘッドが 加速モードで動いている時に ボールをヒットしているか、さらに、加速のペースは どうかなどについて 自分の傾向を理解できるまで 良く 観察してみよう。自分の傾向については、短めなパットだけでなく、長めのパットについても チェックをしてみると良いだろう。いずれにせよ、大切なことは自分のパットの打ち方に対する理解度を深め、改善すべき点を見つけ出すことである。

やや大き目のテイクバックで ゆっくり加速するストロークが出来ることが望ましいのだが、テイクバックを大きくすると 前にも説明したように クラブヘッドが加速モードで動いている時に ボールをヒット出来なくなることが多くなるという傾向があるので、その辺りのバランスを考えて 自分に合った ストロークの大きさとテンポを考えるべきだろう。そして、長いパットから短いパットまで、それぞれの距離ごとに 自分にとって最も良いと思われるストロークの大きさとテンポが分かったら、そのパターンを忘れないように 何度も練習してみることである。

なお、その時に左腕と右腕の関与の仕方、即ち、左腕で引くように打つか、右腕で押すように打つか といったことについても 色々な組み合わせを研究してみると良いだろう。(詳細) 特に、ラインを出すことが重要な短めのパットの打ち方については その点について研究してみる価値があるはずだ。 一方、距離感が重要なロング・パットでは ラインを出すことが重要なショート・パットとは 考え方を変えた方が良い結果につながることも少なくないから、その辺りも研究してみると良いだろう。

自分に最適なパッティング・ストロークが どのようなものかという考えが纏まったら、そのストロークを何度も練習し、そのメカニクスを 頭で考えなくとも 繰り返し行えるようにすることが重要だ。実戦では メカニクスではなく フィーリングに自分の神経を集中させることが出来なければ良いパットは打てないと考え、練習も 実戦も行うことをオススメしたい。

商品リンク(パター)


• ピン (PING) パターセール実施状況 • T.P. MILLS パターセール実施状況
• オデッセイ パターセール実施状況 • プロギア (PRGR) パターセール実施状況
• スコッティ キャメロン パターセール実施状況 • ヨネックス (YONEX) パターセール実施状況
• テーラーメイド パターセール実施状況 • ミズノ (MIZUNO) パターセール実施状況
• ナイキ (NIKE) パターセール実施状況 • ベティナルディ パターセール実施状況


はてなブックマークに追加
 
はてなブックマークに追加

GDO 週間売れ筋トップ20
 
読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP