ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ロブ・ショットの打ち方 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

ロブ・ショットの打ち方


ロブ・ショット バンカー越えのショットなどで どうしても ロブ・ショットが必要なことは良くあるものだ。しかし、ロブショットは、距離感をつかむのが難しく、また、トップした時のダメージが大きいなどマイナス要素も多いショットである。本来は、そうしたショットが少なくなるようなコース・マネージメントをしたいものであるが、それでも ロブショットが使えることは、大きな武器になるから、その打ち方、使い方は マスターしたいものである。

まず、クラブフェースに注目しよう。ロブ・ショットの場合は、クラブフェースを開いて、上に向け、その上に 左の絵のように 水の入ったコップが置けるような状態にして構えることになる。 ボールの位置は スタンスのほぼ中央で良いだろう。そして、このフェースの状態が、スイングの間を通じて 保てるように スイングするのがコツ。手首(リスト)はあまり使わないように打つが、特に、フォロースルーを腰の高さで止めるような感覚でフェースが空を指すようにフィニッシュするのがポイントである。右手のグリップを やや強めに握ると この動作がやり易くなるはずだ。

なお、アドレスで ボールを スタンス中央より左に置いた方が ボールを 高く上げるには良い と考えている人も少なくないと思うが、それは間違った考え方だと言わざるを得ない。つまり、ボールが 体の回転軸(背骨)のラインより左にあれば どうしても ダウン・スイングで 体の回転軸を その分だけ左に移動させたり、手と腕をプッシュアウトするような動きが必要になったりする訳で、トップなどのミスの原因になるのである。

ロブ・ショットは クラブフェースの開き方、ならびに、スイングの大きさとスピードで その距離が決まる訳だから、それらのコンビネーションと距離の関係を 確りと把握する必要がある。クラブフェースを よりオープンにすれば(右利きの人はターゲットの左を狙うようなスイングで)スイング・ラインとターゲット・ラインの角度の差をより大きくする必要があるが、ボールは スイング・ラインとフェースの向いている方向の間に飛んで行くことになる。従って、フェースを開けば開くほど、方向のコントロールは難しくなるということが言える。

まずは、10 と 20ヤードの基本となるショットを二通りほどを覚えれば、後は、応用問題で 概ね 上手く対応できるようになるだろう。(方向と距離の関係についての詳細は こちら。)

ロブショットは 通常 距離の短いショットへの応用であるから、どうしてもバック・スイングが小さくなりがちで、結果としてショートしてしまうことが多くなるショットだ。バック・スイングは、大きめに(最低 9時まで)ゆっくりと振るように心掛けのが肝要である。通常、狙った距離よりも短いショットを打ってしまうとバンカーに入るなど、傷口を広げるような結果になるから、多少大きめのショットになっても良い位のつもりで きちっと打つように心掛けると良いだろう。

なお、硬く、芝のないようなライからのロブ・ショットは リスクが大きいので 出来る限り 避けるべきである。特に、バウンス角の大きなサンド・ウェッジなどでは 成功率の極めて低いショットになる。バウンス角の小さな、ロブ・ウェッジがあれば、リスクは 多少 低くなるが、それでも難しいショットであることに変わりはない。

商品リンク(ウェッジ)

トップに戻る

• タイトリスト (Vokey) ウェッジセール実施状況 • テーラーメイド ウェッジセール実施状況
• クリーブランド ウェッジセール実施状況 • ミズノ (MIZUNO) ウェッジセール実施状況
• キャロウェイ ウェッジセール実施状況 • ピン (PING) ウェッジセール実施状況
• フォーティーン ウェッジセール実施状況 • ブリヂストン ウェッジセール実施状況
• ナイキ (NIKE) ウェッジセール実施状況 • キャスコ (KASCO) ウェッジセール実施状況



 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP