コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

サンド ウェッジの使い方

このページのコンテンツ
• はじめに
• サンド ウェッジのスペック
• ショットの種類と打ち方
• ソールの使い方
• ショット力に磨きをかけろ
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


グリーン周りで 主に使用されるサンド ウェッジは ロブ ウェッジをバッグに入れなければ 最も ロフトがあり ボールを高く上げて打てるクラブになる。ただし、そんなショットの他にも バンカー ショットや 深いラフからのアプローチ ショット また スピンを利かせてボールを止めるノックダウン ショットなど、幅広い目的に利用して 威力を発揮するクラブだ。

サンド ウェッジのスペック


サンド ウェッジの構造サンド ウェッジは 他のどのクラブより重く 右図のように 56〜58° のロフトのクラブで ソール幅が広くて バウンス角が 12° 前後もあり ソールが大きいのが特徴だが、近年は 様々なソール形状のものがある。ソールの大きさや形状によって 使い勝手が異なるが、どのような用途に重点を置くか また 個人の好みによって このバウンスが大きめなもの、普通、小さめなものを選ぶことになる。

バウンスが大きければ それを利かせ バンカーや深いラフからのショットが打ち易くなるから サンド ウェッジのバウンスは 大きいのが普通だが、フェアウェイからのショットなどでは バウンスが大き過ぎると邪魔になることもあり その大きさや形状は 両者のバランスを考えて決めるべきものである。

バウンスの大きさは 基本的にバウンス角 及び ソールの幅と形状によって決まるが そのバウンス角は 例外はあるが 殆どが 10°〜15° で、目安としては 10° が 小さ目、12° が普通、14°〜15° は大き目となる。ただし、バウンスの効き方は ソールの幅と形状にも大きく左右されるから トレーリング エッジ側が 大きく削ってあれば 有効なソール幅は 小さくなる理屈である。

ショットの種類と打ち方


サンド ウェッジを使ったショットには 多種多様なものがあるが、どのようにショットをコントロールするかを考える上でのチェック・ポイントも 以下の通り 極めて多い。つまり、サンド ウェッジの使い方をマスターするには 非常に 多くのことを 学ぶ必要があると言うことだ。

# ショットの種類   # チェック・ポイント
1 フル ショット   1 スタンスとボールの位置
2 ノックダウン ショット   2 グリップ
3 バンカー ショット   3 セットアップの仕方
4 ボールを上げて打つチップ ショット   4 クラブの引き方、上げ方
5 バックスピンで止めるチップ ショット   5 スイングの大きさとテンポ
6 極力スピードを殺すチップ ショット   6 下半身の使い方
7 様々な ピッチ ショット   7 腕とクラブの落とし方
8 (カット) ロブ ショット   8 ソール(バウンス)の使い方
9 深いラフからのショット   9 フォロースルーの取り方

さて、このような様々なショットを打つ時に 何を どう意識して 変えたり コントロールして ショットするのかを 上表右コラムのチェック・ポイントの観点から まず 考えてみよう。個人個人で 何を どう意識して ショットをしているかは 異なるだろうが、大切なことは それぞれのショットで チェック・ポイントの基準を確りさせ、自信を持って ショットが出来るようにすることである。

ソールの使い方


ショットしたボールの弾道とスピン量は そのボールがクラブのフェースと どのようにコンタクトしたかによって決まる。当然、ロフトは ボールと フェースがコンタクトする角度に 大きな影響を及ぼすものだが、クラブのフェースを オープンしたり クローズドにすること、また、ハンド・ファーストで ダウンブローにクラブを振るなど、クラブの入射角(インパクト時のシャフトの向き)を変えることで 同じグラブで 様々な 弾道とスピンのボールを打つことも出来る。

ウェッジ・ソール
クラブの入射角が変わることで ボールの弾道は変わるが ソールと芝とのコンタクトの仕方も変わってくる。例えば、ハンド・ファーストに ダウンブローなスイングでショットをすれば、クラブのリーディング エッジ (A) から クラブは 芝とコンタクトすることになる。ヘッドスピードがあれば ほとんどの場合 ボールの先のターフが取れるような現象が見られ 低い弾道で スピン量の多いボールが出るだろう。一方、ハンドファーストの度合いを 少し抑えてやると ソールの底 (B) が 最初に 芝とコンタクトするようになるが、その場合は よりロフトなりの弾道で ボールは上がって、柔らかい高弾道のボールになるだろう。さらに、若干 ハンドレート気味になるくらいに クラブを振れば トレイリング エッジ (C) と芝が最初にコンタクトすることになるが、そうすれば フロップ(ロブ)ショットが打てるはずだ。つまり、ソールを芝にどのようにぶつけるか、ソールの使い方に着目することで 様々なショットを打ち分けることが出来るようになるのだ。

ざっと整理すると、以上の 3種類のソールの使い方になるが、それぞれの打ち方は (A) リーティング エッジ・スピナー、(B) ミッドソール ショット、(C) トレイリング エッジ フロップ などとも呼ばれるもので 状況に応じて これらのショットが打ち分けられるようになれば アプローチの実力は 大幅にアップするだろう。

ストロング グリップで ダウン・ブローに クラブを振れば バック・スピンの利いた (A) リーティング エッジ・スピナーが打てるし、ウィーク グリップで フェースを少しオープン気味にセットアップして 払うようにクラブを振れば (C) トレイリング エッジ・フロップ が打てる。そうしたショットを考えた場合は バウンスが大き過ぎない方が都合が良い。なお、右利きの人は 左手の掌を上に向けて、クラブを下からパーム グリップ気味に握るように持つと 極端なウィーク グリップになるが その程度を色々と試してみると良いだろう。極端なウィーク グリップでクラブを持つと 左腕は 殆ど ロール(スーピネート)しないから、フロップ ショット以外は 打てないはずだ。

ショット力に磨きをかけろ


自信を持ってショットに臨んで結果を出すには どうしたら 上手くショットが打てるかを 具体的に 頭と体の両方が理解すること、即ち、ショット力を身に付けることである。例えば、比較的 短い距離のアプローチ ショットで ボールを多少上げて打つ時には ボールを スタンスの少しセンター寄りに置き グリップを 短目に持って クラブ・フェースを スクウェアにして ヒールやトーが浮かないようにセットアップ。バック・スイングは そのショットの距離に応じて その大きさを コントロールするが コックは 比較的 少な目にし ゆっくり目のテンポで やや左脚体重にして インパクトからフォロースルーで 軽く ピボットが使えるイメージで 下半身を安定させる。さらに、手がクラブヘッドより適度に先行するように 但し ダウンブローになり過ぎないように 腕を振って クラブをスムースに 少しミッド・ソール気味に落とし フォロースルーの大きさは バック・スイングの大きさとほぼ同じ程度にする と言った具合に チェック・ポイントに対して 自分の考えが明確に示せるだけの理解を持つ。そして それが繰り返し実行できるまで練習し そのショットを体に覚えさせる必要がある。

クラブヘッドの落とし方クラブの落とし方に関して さらに言えば、小手先でクラブをコントロールするのではなく、より大きな筋肉を使ってショットをする訳だが、その時に 左手の甲が フィニッシュでも ターゲットを指すように 手首を返さずに 手首を出来るだけ "パッシブ" に、また、クラブのリーディング エッジではなく、ミッド・ソールを 芝に軽くぶつけるようにするのが ポイントだ。

ショットの時に クラブヘッドがアドレスした時の位置に戻り クラブのリーディング エッジがボールの真下の芝に コンタクトするイメージ、即ち、右図 (1) のようにクラブを かなり 鋭角に(右手主導で)落としていく人が少なくないと思うが、そのイメージでは ミスが多くなるはずだ。少しでも 手前にクラブが入れば それでは ダフってしまうだろう。そうではなく、右図 (2) のように ちょうどボール一個分くらいボールの先の芝にクラブのソールの底が軽くぶつかるように クラブを 左腕の振り子の動きを使って 適度なダウンブローで落とすのが正しいアプローチ ショットの打ち方のイメージである。

この時に、クラブのリーディング エッジが 芝に当たるようにするのではなく、ミッド ソールが地面にぶつかるように クラブを緩やかなダウンブローの軌道で落としてやれば クラブの抜けが良くなり、ショットのリズムも良くなるだろう。クラブでボールを ピックアップしようとすると トップしてしまうことがあるだろうが、そうでない限り、ほとんどのミス ショットは ボールの手前に クラブが入って ダフるケースである。それは (1) のようなイメージで 鋭角にクラブを落としてボールを打とうとする時に起き易くなるミスである。こうして整理してみると感じることと思うが チェック・ポイントは 驚くほど沢山ある。

もちろん、以上のように山ほどある ショットに対する考え方を プレー中に 頭で一つ一つ考えてプレーをする訳ではないが、ボールを打つ前に これから打とうとするショットをイメージし、そのショット通りの素振りを 一回、二回 して確認するためのプリショット ルーティーンは 極めて 有効なはずだから、そうした方法を取り入れると良いだろう。ただし、スイングする時には テクニカルなことではなく イメージを大切にして クラブを振るようにすべきである。いずれにしても、同じような状況においては、繰り返し、以上のようなことが 考えなくとも 間違いなく出来るような判断力と行動力、即ち、ショット力を 練習して 身に付けて欲しい。

サンド ウェッジの使い方と チェック・ポイントは 以上のように 数多くある訳だが それぞれのショットにおいて ショット力を高める工夫と努力をすることが ショート ゲームのレベルアップには 不可欠なことである。サンド ウェッジを使った 様々なショットの自分自身のショット力について 一度 良く分析し、どんなショット力を身に付け 磨きをかける必要があるのかを見定めてから どうしたら より有効な練習が出来るのかを考え、練習に励んで下さい。

商品リンクウェッジ

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP