クリス・ディマルコのパッティング スタイル

Introduction

もう 10年以上前の話で 2003 ~ 2004年頃のことだが アメリカ ツアーのテレビ中継で 時々目にするようになった パッティング スタイルが クロー グリップ (Claw Grip) である。そんなパッティング スタイルを 普及させた アメリカ人選手の一人に クリス・ディマルコ (Chris DiMarco) が居る。(» 経歴)ここでは そのクリス・ディマルコの パッティング グリップを レビューし クロー グリップの色々について解説する。

クロー グリップの種類

クロー (Claw) とは 鷹や鷲の鋭く曲がったカギ爪や蟹のはさみ という意味のある言葉で 利き腕の手を蟹のはさみのような形で使うパッティング スタイルは 全て クローと呼ばれるようになっている。ちょっと小太りで ちょび髭の小父さん クレッグ・スタドラー (Craig Stadler) が 2001年に最初に使い始めたグリップだが 実は その下に来る右手の使い方が異なる幾つものスタイルがあるのを ご存知だろうか。

代表的なものには 下の写真 (1) クリス・ディマルコのスタイル(スタンダードなクロー)、(2) 右手の指が伸びたような格好になるスタイルのマーク・カルカベキア式の カルク クロー (Calc Claw) そして (3) マーク・オメーラ スタイルの ソー グリップ(Saw Grip) と呼ばれるものがある。 どのスタイルも 左手は 写真のように 普通のグリップとほぼ同じように その手首を固定するイメージで握るが その下に来る右手は 手の甲を上にして握り(添えて)それを ピストンのように動かすのが特徴だ。

(1) (2) (3)

クリス・ディマルコの パッティング

下の動画で 本人が説明しているように クリス・ディマルコの場合は 右手は ガイドするだけで ストロークを主動するのは 左手だ。彼の場合は 比較的 長めな短尺パターを使っている点 また 左手のパームがやや上を向くように握っていることも 注目すべき点であろう。


このように、クロー グリップのパットと一言に行っても 下に来る右手の使い方が異なる幾つものスタイルがあり、また、パターの長さによって、ストロークの感じは かなり異なったものになるという事実もある。因みに、最近のトップ プレーヤーでは セルジオ ガルシア、フィル ミケルソンが クローでパットを行っている。(» 参考)パットが苦手な人は そんなクロー・グリップのパッティング・スタイルを じっくり研究してみるのも 一案ではないだろうか。

はてなブックマークに追加
Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP