コンテンツ目次

バックスピンとスコアライン

チップ・ショットでも 打ち方によっては かなりのバックスピンをかけることが出来、低いボールをグリーン上でスキップさせた後に キュキュ と止めるような打ち方も出来る。しかし、それには 道具の力を借りる必要があることに気付いていない人も居るだろう。 » バックスピンで止まるチップ・ショットの打ち方

まず、ボールであるが ツーピース・サーリン・カバーのボールでは 思うような 最大限のスピンはかけられないということを知っておこう。カバーが柔らかな ウレタン・カバーのボールを ちょっと 高価だが 使う必要がある。

そして、ウェッジのスコアライン つまり 溝など クラブ・フェースの状態が スピンに大きな影響を及ぼすことにも注目して欲しい。ウェッジの溝 所謂 グルーブは かつて 右図の V グルーブと呼ばれるタイプのものが主流であったが 近年は そのスピン性能に優れる U グルーブに取って代わられた。かつて、ピン・アイツーの U グルーブが ルール違反で問題になったことを記憶している方も居ると思うが U グルーブの方が スピンが良くかかる訳だ。現行ルールでは グルーブ幅は 0.035インチ (0.9mm) 以下、また、隣接する溝の端と端との間隔は グルーブの幅の三倍以上で 0.075インチ (1.905mm) 以上と定められている。加えて、グルーブの深さは 0.020インチ (0.508mm) 以下でなければならず グルーブ (マーキングとも言う) は 指先でテストしても分かるような鋭い縁や盛り上がった縁があってはならないとも決められている。また、紙ヤスリのようなクラブ・フェースも ルール違反になる。

2010年から プロのトーナメントでは ロフトが 25度以上のクラブでは それまで許されていた Uグルーブ仕様のクラブの使用が禁止になり、さらに、2014年からは トップ・アマチュアの競技でも 同様のルールが適用されることになった。ただし、2024年まで 一般ゴルファーには 影響のないルール変更である。 » 詳細

古いウェッジを使っている人は そのクラブフェースを良く観察して見よう。グルーブが磨耗して浅くなっているものや もともと溝幅が細めの V グルーブのものであることもあるだろうが、そうしたクラブでは スピン性能が悪くなるということだ。右の写真は 新品のウェッジのグルーブであるが エッジが綺麗に立っているのが分かるだろう。スピンの効いたショットを打ちたいにも係わらず、もし、手持ちのウェッジのスコアラインが磨耗していたり、細い V グルーブだったとしたら、新しいウェッジにする必要がある。また、スピン性能は ウェッジのスコアラインで決まるから フェースに 泥がついたまま プレーするようでは せっかくの溝が埋まってしまう訳で スピン性能にも大きく影響することにもなり兼ねない。クラブは 常に 綺麗な状態でプレー出来るようにすることが大切である。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP