コンテンツ目次

腕の振り方(スイング理論)

このページのコンテンツ
• はじめに
• スイングの意識改革
• 利き腕の使い方
• トップの形
• 腕を振り上げる高さ
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


エルボー腕で クラブを振ってボールを打つ。その行為を考える時、多くの人は 地面にあるボールを打つ訳だから 腕を上下に振って 所謂 ボールに対して クラブを打ち込もうとか ダウンブローに スイングしよう言う意識を働かせているはずだ。しかし、プロ ゴルファーなど 上手な人のスイングを良く観察してみると それとは 少し違う打ち方をしているのだ。むしろ、シャロ―な スイング プレーン 即ち クラブを ある意味 横に振るように 腕を使っているのである。勿論 手は 上下に動く訳だから 腕を ただ横に振る訳ではないが、上手な人のスイングは 利き腕 のエルボーの動きが 多くのアマチュア・ゴルファーとは 大きく 異なるのである。

スイングの意識改革


ゴルフでは 腰から上半身を前に倒して 前傾姿勢を取って 腕を振る訳だから 腕を 然程 上下に振らなくとも 体を回転させれば クラブヘッドは 応分に 上下に動く。それなのに ボールに対して クラブを 打ち込もうとか ダウンブローに スイングしよう言う意識が働けば 利き腕で ボールを上から叩くような ボールの打ち方になり 様々な弊害が生まれる。つまり、右利きの人であれば 右手のパームが ボールの方を向く 即ち 地面の方を向くような利き腕の使い方になる訳だが そうなれば フォワード スイングでは 右肘が 体から大きく離れ 右肩が 突っ込むような スイングになる。それでは ヘッド・スピードも上がらないだろうが スイング軌道が アウトサイド・インになり スライス系のボールしか打てない スイングになるだろう。

ボールを打つイメージ一方、好ましい ゴルフ スイングは ボールを 右のイラストの赤点を 上からではなく 横から 打つ イメージで 利き腕を動かすスイングである。フォワード スイングで 左腕は 上から下に落とすイメージだが、右腕は そのエルボーが 右脇腹の前に 入り、右手は 赤点を矢印の方から 叩くと言うより テニスで トップスピンのボールを打つ時のように インパクトから フォロースルーで 少し パームが上を向いた状態から 前腕をロールさせる感じで 肘を伸ばしていく。そんなスイングをするイメージに 意識の改革をする必要がある。

利き腕の使い方


右手の使い方
そんな利き腕の使い方をするためのキーになるのが フォワード (ダウン) スイングにおける 右のような 利き腕の形と下半身の動きである。この形 即ち 前腕とクラブが スロットに収まる形を無理なく作るためには バック スイングや トップの切り返しなど それ以前の動きを どのようにすべきか と言う課題もあるが まずは この形に対する理解を深めることが大切だ。以下は その説明をした 英語の動画であるが (音声を消して 画像を見るだけでも 参考になると思うので) まずは これを見て欲しい。動画の前半は スイング軌道が アウトサイド・インになる スライス系のボールしか打てない スイングのメカニズムの説明、後半は 主に 下半身の動きを含めた 利き腕のエルボーを 脇腹の前 所謂 スロットに入れる為のポイントについて (one arm drill) の解説だ。


トップの形


トップの形
このような フォワード スイングをするには トップのフォームが 好ましい形になっていることも必要で そのためには バック スイングを どのようにすべきかと言う課題もある。このページの メイン テーマは 前述の利き腕の フォワード スイングでの使い方であるが その点についても ここで 簡単に説明しておこう。好ましい トップの形は 概ね 右の写真のようなものだが バック スイングで 体を確り回転させ トップで 右腕のエルボーが 地面を指すように 腕をプロネート (external rotation) させながら たたみ込む。その時 左腕は ある意味 上下に振られる訳だが それが 体の回転に合わせて スムースに行えるように 工夫することだ。フォワード スイングは 下半身の横への動きと回転が 腕の振りを リードする形で 行われるべきものだが 左腕は 重力で落とす位の気持ちで ゆっくり落とすことがポイントで それがし易いような 左右の手と腕の動かし方を研究して欲しい。

このような 右腕(肘)の形の トップが出来れば フォワード スイングでは 下半身が その動きをリードすれば (» 詳細) 左腕を ただ上から下に落とすだけで クラブは 自然と インサイドから落ちることになる。ただし、インサイドから クラブを振る意識の下に フォワード スイングで 右肩を落とすようなことにならぬよう注意しよう。また、バック スイングでは ターゲットの方向に ボールを飛ばすのに都合の良い所に 左腕を 振り上げる訳だが、同時に 左腕を 重力を利用して 落としてやれば 体の回転で ボールを上手く打てる所に 腕を上げる。それが正しい腕の使い方の基本である。

腕を振り上げる高さ


最後に、腕を何処まで上げるかという疑問があろう。その高さについては 股関節の可動域が広く 体の柔らかい人は 腕を高く上げるフォームを スタンダードなスイングにすれば良いだろうし、そうでない人は あまり 高く上げる必要はない。一般的には 腕を高く上げて それを ゆっくり落とすスイングが出来れば 高い弾道のボールが打てる理屈で、低い弾道のショットが打ちたければ 腕の上げ方を抑えれば良い。

正しいフォームとは 腕を 多少 高く上げても それを重力を使って ゆっくり落とすイメージだから 左肘が 大きく曲がることのないものである。いずれにしても、腕を振り上げる高さは スイングの再現性や安定性が確保できる範囲で なるべく高くする。そんな基準で自分のフォームを見直し、試行錯誤してみることを オススメしたい。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加
コンシェルジュコンシェルジュ
オススメ 一覧
新着・更新情報新着・更新情報
アーカイブス
正しい
右腕の落とし方
肩の回転、腕の
振り方、トップの形
小さなバック
スイングの効用

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP