コンテンツ目次

ラインを出すショット

このページのコンテンツ
• はじめに
• ライン出しショットの利点
• その打ち方
• 練習法と練習の意義
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


方向性を重視した コントロール ショットが 俗に言う ライン出しのショットだが、アベレージ ゴルファーにとっては このショットを覚えることで ゴルフに対する考え方が 大きく変わる可能性がある。(何故かは後述)右利きの場合、スイングを通じて 左手の甲とクラブ フェースを ターゲットの方に向けるようなイメージで 打つ スリー クウォーターのスイングで 腕の振り幅を抑えるようにして 低いフィニッシュを取る打ち方である。

ライン出しショットの利点


ライン出しショット基本的には ウェッジから ドライバーまで どんなクラブを使っても ライン出しのショットは 出来る訳だが、腕の振り幅を抑えて 低いフィニッシュを取るのだから 必然的に ロフトに対し 低い弾道のボールになるのが特徴だ。タイガー・ウッズが得意とする スティンガー ショット (stinger shot) は 言い方を変えれば ロング アイアンやスプーンで打つ ライン出しのショットだと言える。

この様に 方向性重視の打ち方であるが 風に強いショットで 使うクラブと スイング スピード次第では 距離も出せるから 利用価値の高いショットである。また、曲げたくないショットでは そのショットの弾道のイメージが安心感を与えてくれる という利点があるのも特徴の一つだと言えよう。ボールが落下してから転がって距離が出るが ダウンヒルの硬いフェアウェイのホールとか 強い風の影響を最小限にするために打つショットなどでは 特に その特徴が生かせるはずだ。

その打ち方


ボールを低く出したい時は アドレスで 少し(最大 10センチ程度)スタンスのセンター寄りに ボールを置くか 左足に対するボールの位置は 普通通りで スタンスを狭くするかして 多少 ハンド ファーストに構えて 左腕とシャフトが ほぼ直線になって 腕が "y" の形になるようにセットアップする。そこから バック スイングは 通常のフル スイングのように 肩を確り回転させるが 腕の振り幅を抑えて 左腕を飛球線に沿って より直線的に 振るイメージである。つまり、腕が 体の周りを 大きな円運動したり 腕を大きくローテートさせないようにし 腕を ターゲット ラインに乗せて 余計な動きを排除するように ボールを打つのが コツである。

左腕の使い方 (1) この時、オン・プレーン (on-plane) スイングを 心掛けると同時に 力の入れ過ぎに 注意し 左の手首を固めるようにして 手の甲が インパクトでは ターゲットの方を 指すよう スイングする。右図のような動きであるが 要するに インパクト ゾーンで クラブフェースの向きが 手首の返しによって 大きく変わらないようにすると言うことである。

左腕の使い方 (2) さらに、フォロースルーにかけては クラブフェースが低く出るように 左手の甲がターゲット もしくは 地面を 指すようにして 腕の振り幅を狭くして(右図参照)低いフィニッシュを 心掛けること。要するに、クラブを 完全に リリースさせないまま 腕の振り幅を小さくして フォロースルーに入るような 打ち方になると言うことだが、腕の力や リストのリリースではなく、ボディー ターンで ボールを飛ばすイメージで ボールを 打つショットである。腕を低い位置で止める 所謂 アブリビエイテッド (abbreviated) フィニッシュの形になる訳だ。どちらかと言えば 腕の振りは ゆっくり 体の回転は早く と言う組合せである。

練習法と練習の意義


ラインを出すショットの練習ドリルとしては 5番アイアンで 100ヤードくらいのショットをし、そこから徐々に 距離を伸ばす ショットを打ち、この打ち方 独特な腕の振り方、フォロースルーから フィニッシュの取り方、ボディー ターンの仕方などを 学習して欲しい。それが上手く出来るようになったら ロング アイアンやスプーン、さらには、ドライバーでも このショットを打って見よう。

ラインを出すショットは 体の回転を中心に打つイメージのショットだから、これを練習することで ゴルフ スイングの正しいボディー ターンに対する理解が 一層深まる可能性が 高いと言え、冒頭にも 述べたように 通常のスイングに対する考え方も それによって 変わる可能性が高いはずだ。つまり、ライン出しのショットを研究することで フル スイングを含む 全てのスイングが どうあるべきか という考え方が変わる可能性があるものだから、そうした観点からも 真剣に 研究して欲しいショットなのである。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP