コンテンツ目次
首都圏ゴルフ場ガイド

コンパクトな ゴルフ スイングでも 300ヤード

バック スイングの終わるところが トップだが、その形が ピタッと決まるかどうかで ショットの良し悪しが決まると言っても過言ではないくらい トップの形は重要だ。大きく、高い位置に腕を振り上げるバック スイングのトップがある一方、小さく、コンパクトで 腕をほとんど振り上げないスタイルもある。以下は、極端にコンパクトなバック スイングのトップでも 左手首の角度を維持し(正しいコックの概念の下に)、腕とクラブを 正しいプレーンに乗せれば、ボディーターンの力と腕の力を コネクトさせて 力強い 300 ヤードのドライバー ショットが打てることを証明している(ちょっと驚きの)動画である。


望ましいバック スイングの大きさと トップの形は 人それぞれであるが、大きく腕を振り上げることが 腕や手首の間違った動きを助長し、クラブを正しいプレーンに乗せられない原因になっているとすれば、コンパクトなバック スイングを研究してみる価値があるだろう。

コンパクトなバック スイングでは 腕の振りが小さくなる訳だから、応分にそのパワーもダウンすると考えられるが、小さくすることによるメリットもある。つまり、小さくすることによって コントロール性や再現性が良くなること。勿論、小さければ、小さいほど コントロール性や再現性が良くなる訳ではないが、大き過ぎることで コントロール性や再現性が犠牲になることは良くあることだ。ボールを力強く、そして、狙った方向に打つために 最適な準備が出来上がっているか 否か という観点から 自分のバック スイングの大きさと トップの形、そして、その形の作り方について 十分 研究する必要があると言えよう。

ゴルフボールの前に立ち(クラブは持たずに)アドレスの前傾姿勢から右手だけでボールを遠くに飛ばすことをイメージして トップのポジションを作った時に 右肩と右手、また、クラブヘッドを どのように動かしたらボールを遠くに飛ばせる(と感じられる)のかがポイントになる。野球のピッチャーがボールを投げる時のように 体(肩)の回転と腕の振りの両方を使えるようなモーションと感覚を ゴルフ スイングのトップの形にも応用することが 有効で、肩を(背中が ターゲットの方を向くように 右肩を引くイメージで)確り回転させることがポイントである。その時の右腕の位置、そして、クラブヘッドの位置関係を意識しながら、色々なパターンを チェックし 体感して欲しいのである。その上で、どの位の大きさのバック スイングで、どのように体や右腕を使うべきかを研究してみよう。

スーピネイト一方、左腕の動かし方にも注意を払って欲しい。トップからの切り替えしで クラブがプレーンに乗るように 左手首のアドレス時の角度を出来るだけ維持するようにして、腕を 少しだけ ドア・ノブを回転させるように(右図参照)動かして見よう。図は ベン・ホーガン の モダン ゴルフ からの引用であるが、バック スイングの時に(右利きの場合)左手の甲が 少し上を向くように ゆっくり 腕を ローテートさせる(その動きをプロネート、または、プロネーションと言う)と同時に アドレス時の左手首の角度(ある意味、コックが少し入った状態)を維持するように 腕を引き上げることによって、クラブが 望ましいスイング・プレーンの上に乗るように クラブを振ることがポイントである。左手首の角度を維持する意識で と表現したが、それでも 腕を引き上げる動作の間には コックが入るのが普通で、手首の角度を維持する位のコックの量が 個人差はあろうが 一般的には適量という意味である。

腕を大きく振り上げなくとも この左腕の動きを行うことは出来るはずだが、小さな腕の振りで(遠くにボールを飛ばすという前提の時に)その動きを正しく行おうとすれば 窮屈になってくることは否めないはずで、それが何とかできる最小の腕の振り幅が 自分にとっての最もコンパクトなバック スイングと言うことになるだろう。なお、腕の振りを小さくする中で クラブヘッドをスイング・プレーンに乗せようとすれば、腕のプロネーションを積極的に行う必要が出てくるだろう。

いずれにしても、腕の振りを ある程度小さくすることで 上述した コントロール性や再現性が高くなるとすれば、その両者のバランスの取れたところが最も望ましいバック スイングの大きさで、その形があるべき自分のトップの形である。力強いボールを打つために最も必要なことは大きな腕の振りではなく、左手首の角度が維持出来るように 体を回転させながら腕を振り、クラブを 望ましいスイング・プレーンに乗せて ボディーターンの力と腕の力を上手く コネクトさせることである。

どこまで小さく、コンパクトなバック スイングでボールを打つことが出来るかを研究し、確認した上で、自分のあるべきバック スイングの大きさとトップの形というものを考えてみるのも リピータブルでパワフルなゴルフ スイングの追及という観点から 有効な手段になるはずだ。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP