ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ショットのパワーは腕の振り方で決まる サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約



 
ゴルフ読書室

ショットのパワーは腕の振り方で決まる


ゴルフ・ロボットゴルフ・スイングのメカニズムは ゴルフ・ロボットの構造を見ても分かるように (1) 背骨を 回転軸にした回転運動と (2) 腕の振り、そして、(3) リスト(手首)が ヒンジとなってクラブをリリースする動作 という三つの主要要素を中心に成り立っている。別の言い方をすると、ゴルフ・スイングは 体の回転という動作に 腕の振りと リスト・ターンという動作を組み合わせて パワフルな クラブヘッドの動きに変えるメカニクスである。

つまり、十分に体を回転させ、それに合わせて上手く腕を振り、正しいタイミングでリストを ターンさせて クラブを リリースすることであるが、体の回転と腕の振りのバランスが悪ければ ゴルフ・スイングはバランスと正しいリスト・ターンのタイミングを失う結果になる訳だ。そして、バランスとタイミングが悪ければ、当然、効率良くクラブヘッドを加速することは出来ないが、加えて、ボールをクラブヘッドの芯で確り捕らえることが出来なかったり、方向性が悪くなるなど、良い結果は期待出来なくなる。従って、腕の振り方とスイングのバランスに着目して 自分のゴルフ・スイングを見直すことが パワフルなスイングを習得するという意味では勿論のこと、より安定したスイングの探求という観点からも 有効だと言える。

通常は 体を 90°以上(例えば、100°位)大きく回転させて、同時に 腕とクラブを素早く振ってボールを打とうとすると バランスを 保つのが 難しくなる訳だが、その現象は 腕の力を メインにしてクラブを振って ボールを たたくように打とうとすれば する程 顕著になるという傾向にある。それは、回転軸が前後左右に より 動き易くなることに加えて、腕の振り方、即ち、体と腕の位置関係が悪くなることに起因するものである。

腕の振り方特に、体(胸)と腕の位置関係については 十分に考える必要がある。まず、手はアドレスで ほぼ おへその前にあり、それが トップで(肩が 90° 以上回転し)肩の高さか それ以上まで上がる訳だが、テイクバックで すぐに右腕の肘が大きく曲がり、腕の三角形が崩れるような 腕の振りをすれば、手と腕は 右イラストの C のような あまり望ましくないプレーンの上を動くことになるだろう。そうではなく、体を大きく回転させながら 腕とクラブを B のような(大きな弧で A の回転運動の力を伝え易い位置関係の)スイング・プレーンに乗せて振れるように 右肘が曲がるのを遅らせて、腕を 体から少し離れたところで振るイメージでスイングすれば、効率の良い 安定したパワフルなスイングが出来るのだ。アドレスの前傾姿勢から クラブを インサイドに引けば 右腕の肘が バックスイングの早い段階で曲がって 肩が回らずに 手と腕が小さい弧 C の上を動くことになり、その結果、手と腕で ボールを打つ パワーのないショットになるだろう。

つまり、右肘が曲がるのを遅らせ、腕の三角形を長く維持するようなテイクバックからバックスイングという動作をすることが望ましいのだが、その動作を如何にしたら バランスとタイミングを崩さずに行うことが出来るかを 研究して欲しいのである。上のイラストのプレーン A と B のように、面と面が確り交差するように(A と C のようなプレーンの位置関係にならないよう)肩の回転と 手と腕が動く面の位置関係が作れるように 工夫して欲しいのである。それが出来れば、体の回転運動を効率良く使えるから、腕を大きく、ゆっくり 動かしても 確りボールを打つことが出来るはずで、パワフルなスイングが無理なく出来るようになるだろう。

正しい腕の振り方を覚えれば、体を 90°以上(例えば、100°位)大きく回転させても バランスを崩すようなことは 非常に 少なくなる。そして、そうした腕の振り方とバランスの取り方、タイミングの合わせ方が理解できたら、意識せずに、リスト・ターンは自然と正しいタイミングで出来るようになるはずで、極めて 効率の良いスイングで ヘッドスピードが無理なく上がって、力強いボールが打てるようになる。

また、正しいプレーンの概念通りスイングが出来れば、腕の力に頼らなくとも ヘッドスピードは上がる訳だから、不必要な力を排除することや 体の回転の回転軸を 前後左右に動かさないようにすることなども容易になるはずだ。そこで、どうしたら 軸のブレを 最小限にして バランスを崩さずに 体を大きく回転させることが出来るか などの工夫もして欲しいし、加えて、下半身の動きや体重移動と言ったものを 必要最小限にすること、また、バック・スイングでは腰の回転を少し抑えるようにして 上半身を中心に 肩を回転させるようにすることなども 研究して欲しい。

なお、前述の腕の振り方、そのバランスとタイミングが マスターできたら、次の段階として、体の回転を少し抑えたコントロール・ショットの打ち方に 同様のアイデアを応用することについても 研究して見よう。きっと、新しい発見があるはずだ。
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP