コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

左腕を曲げずにクラブを振れる理由

このページのコンテンツ
• はじめに
• 飛ばしのパワーソース
• 左腕が曲がらないメカニズム
• 正しい 腕の振り方
• オン・プレーンな スイング
• 理想的なトップの形
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


トップ ツアー プロには バック スイングから トップにかけて 右利きであれば その左腕の肘が ほとんど曲がらないように クラブを振っている選手が多い。そんな左腕の肘が ほとんど曲がらない という点に関しては ウェッジから ドライバーまで 一貫して そうした打ち方をするのである。一方、アマチュア ゴルファーの殆どは そこで 左腕の肘が大きく曲がってしまう訳だが 一体 その違いは 何だろうか。

飛ばしのパワーソース


腕の振り方まず、最初に着目したいのは ボールを手と腕の力を中心に打って飛ばそうとすれば 必然的に 左腕の肘は 曲がるという点である。左腕が曲がったからと言って ボールを 上手く打てない訳ではないが トップで 左腕が伸びていれば 体の回転に合わせて 腕を振らなければ クラブを コントロール出来なくなるから より 体の回転 即ち 大きな筋肉の動きを中心とするゴルフ スイングをせざるを得なくなる。つまり、ある意味、左腕が伸びていれば 体の回転運動が ボールを飛ばすための メイン パワーソースになっている可能性が高いということで その逆も 然り だと言える。

どのように クラブを振るにしても ゴルフでは 腕を振り上げて 振り下ろすことによって 地面にあるボールを クラブフェースで ヒットすることになるが 腕は ゴルフ ロボットの腕のように 真っ直ぐな状態で 体の回りを回転すれば 十分で、腕ではなく 体の回転を コントロールすることによって ボールを飛ばした方が 飛距離、方向性、再現性などの面で 望ましいスイングになるという理屈だ。別な言い方をすれば、腕が曲がれば 再現性は 低くなるし 場合によっては クラブを リリースするタイミングが悪くなる原因にもなり、効率良く 再現性の高いゴルフ スイングをするには 左腕の肘を曲げない方が望ましいという仮説が成立する。

左腕が曲がらないメカニズム


そこで、どうしたら そのような腕の使い方で クラブを振ることが 出来るかについて考えてみよう。まずは、簡単な実験で ゴルフ クラブを振る時のような前傾姿勢を取り、腕の力を抜いて 左腕を地面に対して垂直な方向にブランコのように動かしてみよう。最初は 小さく、徐々に大きく。振り幅が大きくなると 腕の振りが止まる直前で 肘は 曲がるだろうが 腕に少し力を入れれば 肘は曲がり難くなるはずだ。腕が曲がり難くなる範囲で 腕の力を抜く。それが 左腕の力の抜き方の考え方である。

次に、左腕を振りながら 肩を シーソーのように上下に動かないように注意して 背骨に対して直角に 少し回転させ その回転を徐々に大きくしてみよう。肩の回転が大きくなれば 左腕は 曲がり難くなることが確認できると思うが、この時、肩の回転が止まる前に 腕の振りを止めれば 肘を曲げずに 腕の振りを止めることが容易になるのである。つまり、肩の回転を大きくし 肩の回転が止まる前に 腕の振りを止めれば 左腕の肘は 曲がり難くなると言うことを確認して欲しいのだ。

以上のことを確認した上で 左腕を振る量と止めるタイミング、肩の回し方や回す量、そして、前傾姿勢の角度を変えたりして 色々な組み合わせで 左腕を振ってみよう。そして、どのような組み合わせが 最も効率が良く 再現性の高いゴルフ・スイングに適しているかを考えてみよう。

正しい 腕の振り方


多くの人は 思ったより アップライトに クラブを振らないと 前述の腕の動きが出来ないと感じるかも知れないが そう感じるとすれば 普段 腕を横に振り過ぎていて 肩が確り回っていない可能性が高いと言えよう。また、腕を ブランコのように 振りながら クラブを振って ボールを飛ばそうとすれば、肩を今までとは違った形で回転させないと 上手く行かないと感じる人も居るだろう。肩を十分に回転させれば 腕を ほぼ垂直に上げる感覚で 振り上げるようにしても 手と腕は 傾斜した スイング・プレーンの上を動くことになる。つまり、背骨が前傾し 肩が背骨に対して水平に回転するから 腕は バック・スイングから フォワード・スイング前半の右肘が脇腹の横に落ちるまでは かなり縦に動くイメージでも 両者の動きが組み合わさって 手と腕は 好ましいスイング・プレーン上を動くことになると言う理屈である。

また、このエキササイズの実際のゴルフ・スイングへの応用を試みるに際しては バック・スイングでの肩の回転に対する 腕の振りのタイミングにも 注目してみよう。それが早く始動し過ぎれば 腕の動きは 波打つように 一つのプレーンの上を動くことが出来なくなり、安定性を欠く原因になるし、左腕を ロールさせるプロネーション(詳細後述)の安定性も このタイミングに大きく左右されるだろう。 多くの人は このタイミングを 少し遅らせることで 腕のスイング・プレーンの問題やプロネーションの安定性を 改善することが出来るはずだ。

オン・プレーンな スイング


腕の旋回さて、そのプロネーションであるが、ゴルフのフル・スイングの左腕の振り方は パットを打つ時のような腕の振り方とは 根本的に異なるものだ。つまり、バック・スイングで 左腕は かなり縦に動くイメージで振っても その腕が上に上がっていく過程で 右図 ① のように ドアのノブを回すような形で ロール 所謂 プロネートさせ、加えて、左の手首を コックさせる必要があると言うこと。(» 参考)アドレスで 左腕を伸ばした状態では 左手の甲がターゲットを指すようになる訳だが それを振り上げる時に ある程度 コックを入れ 同時に 十分な体の回転と左腕のプロネーションが入るように 腕が振れなければ パワフルで効率の良いスイングは出来ないのだ。一方、トップで 切り返してからの フォワード・スイングは 下半身の動きを使って 右肘を脇腹の前方に引き寄せるようにして 腕を落とし そこから ② のスーピネートしながら 腕を横に振る所に持ってくれば良いことになる。

トップの形表現が ややオーバーになっている観もあるが、アドレスでターゲットを指していた左手の甲を バック・スイング後半の腕が上がる時に 空を指すようなイメージで プロネートさせ、適度にコックさせることで 体の回転、腕のエクステンション、そして、クラブ・ヘッドの位置の関係が 体を回転させて腕を落とせば クラブ・ヘッドが効率よく加速され、好ましい角度(アタック・アングル)で ボールを 狙った方向に飛ばすことの出来るフォームが出来上がるはずだ。その腕の動きのバランスが良くなるように 色々と工夫して欲しい。

プロネーションが少なければ トップの形は 右肘が 右イラストの 赤い矢印の方向に行き易く クロス(クラブヘッドがターゲットより右を指す)になるだろうし、逆に、多過ぎれば レイドオフ(ターゲットより左を指す)になるだろう。クラブヘッドを望ましいプレーンに乗せて振るためには トップでの形が スクウェア(ターゲットを指す)になるのが理想だと言えよう。

理想的な トップの形


いずれにしても、腕の力を中心にボールを打っていた人が 腕を ブランコのように振りながら 体の回転を 中心にクラブを振って ボールを打とうとすれば 違和感を感じるのは 当然のことと思うが、プロネーションと コックを上手に入れ 肩の回転が止まる前に 腕の振りを止めるイメージの 腕の振りを少し抑え気味にした トップの形を 研究してみよう。その上で、全体のバランスと効率の良いスイングを考えてみると言うことが より良い自分のスイングを見つけるためのヒントになるはずだし そうしたプロセスで スイング作りを進めれば 左腕の肘の曲がらないフォームが自然と完成する可能性は 高いだろう。

アマチュア・ゴルファーの多くに見られるパターンは バック スイングから トップで 左腕を曲げて グリップを 右耳の横辺り 即ち 手を動かして ボールを打ち易いと感じることの出来る所に持っていくスタイルである。その結果、肩の回転が 不十分になり スイング・アークも小さな 腕の振りが 主体のスイングになっているのである。肩を 確り回し 腕の振りを よりアップライトに、そして、少し抑え気味にすることで 効率が良く 再現性の高い 左腕の曲がらない 理想的なトップの形が出来上がるはずだ。左腕の肘を曲げずにクラブを振れる理由についての理解が深まれば フォームが改善される可能性も高くなるだろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP