コンテンツ目次




正しいプレーンにクラブを乗せろ

このページのコンテンツ
• はじめに
• エルボープレーン
• 前腕のプロネーション
• バックスイングのチェックポイント
• 腕とクラブを素直に落とせ
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ベン・ホーガン (Ben Hogan) が ゴルフの世界に プレーン (面) の概念を持ち込んで以来 この仮想プレーン (plane) の上をクラブヘッドが動くように スイングするという説明が 度々使われて来たが このプレーンの概念と 体の各部位の動きとの関係を良く理解することが 上達のために 大変有益なことは 間違いない。

エルボー プレーン


エルボー
好ましいスイング プレーンに クラブヘッドを乗せるという概念の基本になるのは フォワード スイングで クラブヘッドが 所謂 エルボー プレーン (elbow plane 以下 "EP") に乗るように クラブを振ると言うことである。EP とは アドレス時の左右の肘と ボールを結ぶ プレーンで 右図のように 比較的 長いクラブでは ショート アイアンや ウェッジのような短いクラブのショットの場合より 寝て フラットになるという特徴がある。一方、バック スイングでは クラブヘッドが このプレーンよりも 少し立った プレーンの上を動くのが一般的だが 選手によっては クラブヘッドの動きが 八の字を描くような動きをするような 非常に 立ったプレーンで クラブを振る人も居て こうあるべきと言う プレーンがある訳ではないが クラブヘッドが EP の下を 動かないようにクラブを振る必要があると言われている。下のイラストは アン・ソンジュ選手のスイングを EP の観点から見るために作成したものである。

プレーン

彼女のバック スイングは 非常に アップライトなプレーンであることが分かると思うが 肩が十分に回転した トップの形を作ってから 切り返して 下半身から 体の回転をスタートさせ 右肘を右脇腹に落とすようにしながら シャフトを綺麗に EP の上に乗せて クラブを振っていることが分かる。ここで このイラストから 彼女の肩の回転するプレーンと 左腕が振られているプレーンを 想像して欲しいのだが 肩は EP より フラットな また 左腕は EP より アップライトなプレーン上を動いている。

比較的 水平な プレーン上を肩が動く中で フォワード スイングで クラブが EP 上を動くようにするには まず バック スイングで (1) 腕をイメージ以上に 縦に振り (2) クラブヘッドを あまりインサイドに引かないことだ。多くの人は クラブを EP に乗せるイメージでスイングすると 腕は 必要以上に横に、また、クラブヘッドをよりインサイドに引く傾向にある。加えて、自分のイメージと実際の動きには ギャップがあるのが普通で イメージ通りに クラブを振っているつもりでも その通りに振れないことも多い。結果として、効率の良い 安定したフォームで スイングが出来ないことになる。正しいメカニズムのスイングを考える上でポイントとなるのは 肩が 比較的 水平なプレーン上を回りながらも フォワード スイングで クラブを EP に乗せるには 腕を 相対的に 縦に振ることである。体と腕の動きを そのように 上手く組み合わせる工夫をして欲しい。

前腕のプロネーション


プロネーションフォワード スイングで クラブを EP に乗せるには バック スイングの途中か その終わりで 右図のように 前腕を少しローテートさせる必要がある。その動きがなければ トップで クラブヘッドは ターゲットに対して 右の方を指す形になり フォワード スイングで クラブを EP に乗せることは 困難になる。そうならないためには シャフトが 少しだけ レイドオフするように 腕を適度に ローテート(プロネート)させる必要があると言うこと。そうすることで トップで クラブヘッド、シャフト、グリップの全てが 下半身がスイングをリードする形で 腕を落とせば EP に乗っていく形が出来上がる理屈である。その腕のローテーションと コックを入れるタイミングや仕方を習得すれば スイングの安定性は 一気に増すはずである。腕を落とすことで クラブヘッド、シャフト、グリップの全てが EP 上に降りてくるスイングをすることが 正しいプレーンにクラブを乗せると言うことなのだ。

バックスイングのチェックポイント


ここで 自分のスイングが どのようになっているかを考えて欲しい。クラブヘッドを どの方向に引いて どう上げていくイメージを持っているのか。例えば、クラブヘッドは 右の肩口から頭の後ろを通るイメージとか、右耳の上の方から頭の上を通るイメージといった具合である。前者のイメージは フォワード スイングのイメージとして正しいイメージだろうが、それをバック スイングのイメージにしていれば 下図の A' - B' - C' (C") のようなバック・スイングをしている可能性が高いだろう。 フォワード スイングのイメージで バック スイングをしないようにすることである。

バック・スイング正しいバッ スイングは 右イラストの A - B - C のように クラブを振るものだが、A' - B' - C' (C") のような動きになる人が多い。実は フォワード スイングで C' - B' - A' のように動きたいのだが、逆に、バック スイングが A' - B' - C' のようになれば フォワード スイングは C - B - A のように 所謂 アウトサイド・インのカット打ちになり易いのだ。

基本的に 手と腕の力に頼ってボールを飛ばそうとすれば 肘と手首が曲がり 肩は 水平な回転運動よりも 前述の右肩の上下運動をする傾向が強くなる。一方、手と腕の力に頼らずに 肘を 極力曲げずにボールを飛ばそうとすれば 腕をどのように動かすべきかということは 容易に 想像がつくはずである。つまり、肩の回転の力で ボールを飛ばすことを意識すれば まず 手と腕は 自然と体から少し離れるように アップライトに 動かさなければならないはずだ。腕の振り方に関しては テイクバックで クラブヘッドを 飛球線上に真っ直ぐ 遠くに引けるように 工夫することがポイントで クラブヘッドを 多少 アウトサイドに (アップライトに) 引き上げる感じで 肩がインサイドに 回転するから 相殺されるような形で ちょうど良くなることが 多いはずだ。 そうすれば 前述の手と腕が体から少し離れる感じになり 望ましい角度で クラブが立って 大きなスイング アークの上を手が動くようになるだろう。

腕とクラブを素直に落とせ


ここまで読めば フォワード スイングは バック スイングより フラットで インサイドからの軌道になるべきだという理解を持ったことと思う。その通りであるが 気を付けて欲しいのは フォワード スイングで その点を意識して フラットに インサイドからクラブを振ろうとすれば 上下動が大きくなったり、プッシュアウトが多発するなど 安定したスイングにならない可能性が高いと言うことである。トップで 正しい形が作れていれば フォワード スイングでは 腕とクラブを素直に落とせば 正しいプレーンに クラブは 自然と乗って 安定したスイングが繰り返し出来るようになる理屈である。

なお、前傾角度の大きな(45°前後の)フォームの場合は 然程 手と腕を アップライトに 引き上げなくとも クラブは 好ましいプレーン上を動く訳で 前傾姿勢の大きな人は その程度にもよるが 腕の振り方も 少し変わってくるという考え方で その辺りのバランスについては 十分に研究する必要があるだろう。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意