コンテンツ目次

腕を柔らかく使うこと

力を入れなければ クラブを振ることも出来ないし ボールを遠くへ飛ばすことも出来ない。しかし、力を入れ過ぎても 良い結果を望めないことは 皆さんも良く ご存のとおりで ゴルフでは 適度に 力を抜くことも大切だ。ゴルフに限ったことではないが 望ましい結果を出すには 1) バランス、2) スピード、3) タイミング の三要素を コントロールすることが不可欠で その為には 体の力を適度に抜いて 上手に脱力をした状態で 筋肉や股関節を動かす必要がある。

腕を柔らかく特に、ゴルフでは 腕と手に力が入り過ぎていれば 好ましいリスト アクションが出来ずに クラブは 正しいメカニズムと タイミングで リリースされなくなるから 腕を柔らかく使い ゆったりとしたペースで振ることを覚えることが 極めて 重要になる。とりわけ、腕は 肩に支えられて動くことになるから 肩と腕の位置関係と 筋肉のバランスが良くなければ 腕を動かす動作は 不安定にならざるを得ない。そして、その動作が不安定になれば そこに 不必要な力が入ることになる。不必要な力が入れば 前述の 1) バランス、2) スピード、3) タイミング の三要素を 上手くコントロールすることは 難しくなる訳で 腕を柔らかく使う と言うことは そうした意味でも重要な訳だ。

そこで、まず、腕の力を抜いて 腕を柔らかく使うためには 肩と腕の位置関係とバランスに注目する必要がある。自分のゴルフ・スイングのプレーンとポスチャーが 腕の力を抜くという観点から 理に適ったものになっているか 否かを考えてみよう。次いで、腕の力を抜いて フォワード・スイングで 腕を ゆったりとしたペースで振って ボールを打つのに 最も都合の良いバック・スイング、即ち、肩の回転と腕の引き上げ方(両者の組み合わせ)について 十分研究して欲しいのである。その時に注目すべきことは (1) 体の回転する力を 効率良く使うこと、そして、(2) クラブが リリースされるタイミングの最適化を図ること、の二点である。

体の回転を効率良く利用すれば 腕の力に頼らなくとも ヘッド・スピードは 上がるものである。逆に、腕の力に頼って そこに力が入れば 体の回転を効率良く利用するのは 難しくなるという関係がある。効率の悪い体の回転とはインパクト前後で 体が確り回転せずに 無駄に体を回しているということだ。多くの人は 体にも 腕にも 力が入り過ぎて タイミング的に どちらも 早く動かし過ぎる傾向がある。また、好ましいタイミングで クラブを リリースする(タメを作る)ことで ヘッド・スピードを上げるということ、また、そうすることで 適度なダウンブローのスイングで ボールを打つことが可能になると言うことにも注目すべきであろう。肩や腕の力を抜くことが これらの点と密接に係わっている と言うことだ。

いずれにしても、重要なことは ボールを打つタイミングに合わせて 体の回転 そして 腕の振りと リストのアンコックが出来るようにすることである。そして、そのために 脱力や腕を柔らかく使うと言うことを どうすべきか 考えて欲しいのである。力強いボールを打つ為には ヘッドスピードを上げる必要があるが 同時に 大切なことは 望ましいバランスと タイミングを実現させることで その為に 筋肉や股関節の脱力 そして 体の各部位の位置関係とバランスに配慮する必要がある。そして、そうしたことに加えて 体のどこに どんなタイミングで 力を入れれば良いのかを研究してみれば ゴルフ・スイングの改善に役立つはずである。

クラブを軽く握って 肩と腕の力を抜いて アドレスに入っても ボールを飛ばそうと意識したら 普通は 切り返しの前後で 手や腕に過度に力が入ってしまうもので そうした力の入れ方をしている人は 改善の余地が大きいはずである。ただし、力を抜くことだけを考えるのではなく 力を抜いても ボールを上手く打てるような 体の回転と腕の振り方、そのメカニズムに 着目して 工夫する必要があろう。 多くの人にとって フォワード・スイングの前半は 体の回転も 腕の振りも ゆっくり目 もしくは ゆったりとしたペースで行うような工夫をしてみることが有効なはずである。また、脱力をすることが有効ではあるが 力を入れるタイミングでは ある程度の力を入れる必要があることは 言うまでもなく そうした 力の入れ方やタイミングについても 同時に 色々と研究をしてみる価値があるだろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP