コンテンツ目次

グリップ・スピード


回転運動が基本のゴルフ・スイングで 肩の回転が重要なことは 言うまでもないが、犯しやすい間違いは 下半身の正しい動きのことを忘れて 肩の回転だけを考えてしまうことである。下半身がフラフラ左右に動いたのではダフりや トップが出易いスイングになり 問題外だが、一方で、下半身の動きが不十分であれば、パワー不足になり兼ねず、加えて、左へ引っ掛けるという問題も生じる。左に大きく引っ掛けるショットが良く出るとしたら、殆どの場合、その原因は下半身にある。

フォワード・スイングからインパクトにかけて 腰を回転させなければ どんなに肩を回転させようとしても 上手く行かないのは言うまでもない。そして、腰の回転に大きな影響を与えるのが ピボットとなる左脚の役割と右脚の蹴り、つまり、フットワークと言うことだ。

ゴルフ・スイングの連続モーション(フットワークの解説)

力強いボールを打つためには 上の連続モーションの 6 - 7 のステージで クラブヘッドのスピードが最も早くなるようにすれば良い訳だが、肩の回転は それよりも 少し速く 5 から 大きな角度の回転をスタートさせ、5 - 7 で 大きく 速く 回転するのが理想である。一方、腰の回転は 肩の回転よりも さらに 少し速く 4 から 比較的 大きな角度の(速い)回転をスタートさせ、6 で 一度止まるような形になることが望まれるが、そうする為には 4 - 6 で 右脚を蹴って、5 - 7 で 左脚が ピボット・フットになって その力を受ける必要がある。

肩の回転を効率良くスピード・アップするタイミングで 腰の回転を止めるように 左脚のピボットを使うことで 作用と反作用的な連鎖が起き、肩の回転は 速くなるが、その為には 右脚の蹴りと左脚のピボット、即ち、フットワークを上手く使わなければならない。つまり、下半身の動きと上半身の動きが シンクロナイズして 始めて、力強いボールを狙った方向に飛ばすことができる訳だ。

この時に、腕は その力でボールを飛ばす意識で動かすのではなく、肩が回転する力を上手く利用し、且つ、リストターンのタイミングと方向性を維持すること(フェースの向き)に主眼を置き、力を抜いて ゆっくり落とすイメージで動かせば、スイングのバランスは 驚くほど良くなるだろう。

なお、下半身は 右脚で蹴りながら左脚を軸に回転する訳だから 右から左に体重が移動するような イメージになるが、上半身は 頭が残る形で 重心移動は最小限にして 肩を回転させることもポイントである。

ラウンド中に肩が上手く回っていないなと感じた時などは 肩だけを回そうとするのではなく、この左脚をピボットにした腰の回転運動にも注目し、両者の調和が取れたスイングが出来るようにすべきだろう。肩が良く回っているか、そして、その肩の回転の切れがシャープに出来ているか、ということは 下半身の動きの問題と密接に関係していることが多いので、そうした見方も 必要に応じて することが望まれる。


はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP