コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

ボールコントロールのテクニック

ボール・コントロールの基本は 方向と距離のコントロールだが、それ以外の要素(以下参照)も必要に応じて変えられるようになれば、ワンランク上のゴルフが出来るようになるはずだ。

(1) 方向(打ち出し角)
(2) 弾道(左・右 -- スライス、フェード、ストレート、ドロー、フック)
(3) 距離(ボールが落ちるまで、落ちた後のラン)
(4) 弾道(高・低)
(5) バックスピン

ボール・コントロール
ボール・コントロールに係わるテクニックの幅が広がれば、当然、物理的にコース攻略が楽になるが、心理面でのメリットが大きくなることも重要なポイントである。自信を持って打てたショットは 高い確率でターゲットの方向に飛んで行くものであるが、色々なショットが打てれば、どんな場面でも 自信を持ってショットをできる可能性が高くなる。

一方、ボールを 左右にシェイプするテクニックは、トラブルショットやドッグレッグホールで使えるものだが、方向や距離のコントロールが比較的難しいショットだから、そうしたボールがある程度打てるようになったとしても、その使い方を確りマスターしなければ、そのメリットを生かすことが出来ないばかりか、不必要なミスを犯すことにもなり兼ねまないので、注意が必要である。

例えば、フェースの開き具合や 打ち方によって変わるスライスの度合いと ボールの出て行く方向、そして、スライスの度合いによって距離が どのような影響を受けるか、さらには、想定通りのボールが出なかった場合は、どのような結果になる傾向があるかなどについても知識を良く整理しておく必要があるだろう。そして、そうした知識と経験に基づいて上手にコースマネジメントを行うことが出来るように訓練することもポイントだ。

また、ボール・コントロールのテクニックの中でも、低い弾道のボールの打ち方をマスターすることは重要度の高いものである。低い弾道のボールは ノックダウン・ショットなどとも言うが、風の影響を受け難いだけでなく、方向性も良いのが特徴である。そして、ウェッジでのノックダウン・ショットは、覚えるとイメージ通りに打ちやすいショットだから、色々なケースで使える武器になるはずだ。ノックダウン・ショットでは、バックスピンのかけ方とそうしたショットの使い方について十分研究してみると良いだろう。

練習場では 色々なケースを想定し ボール・コントロールのテクニックを身に付けるように練習することが大切だが、どのようなショットにせよ、方向と距離のコントロールにおいて ある程度の計算が出来るようになるまで練習すべきだろう。ボール・コントロールのテクニックは、自分のレベルに合わせて段階的に練習・導入することがオススメであるが、そのためには 自分のゴルフを一度そうした観点から じっくり自己分析してみることも必要であろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP